長野の自宅でのバジャン会のお知らせ

明日(4月9日)の午後、長野県茅野市の自宅でバジャン会をします。どなたでもどうぞ。無料です。

 

14:30〜ヴェーダチャンティング練習
15:15〜バジャン練習
16:00〜バジャン本番

 

 

誰も来なくても2名+1名でやります。

(9日夜中の00:29現在大人3名赤ん坊1名参加予定です)
場所がわからない人はメッセージください⭐️

 

FBに八ヶ岳バジャン会のページも作ってます。

https://www.facebook.com/groups/1186573604736860/

グループに参加したい方は私へのメッセージ付きで申請してください。

 

私のFBアカウントはここです。

https://www.facebook.com/sawako.furuno.9 (フォロー大歓迎)

 

4月13日木曜の夕方からも多分やります。

 

 

昨日の晩、やたらテンションの高かった人約1名。

JUGEMテーマ:ニュース

ベジタリアン向け(動物性原料不使用)カレールーが兵庫の駅前のスーパーに売ってました。

今は、実家のある兵庫県三田市にいるんですが、三田駅前のショップングモールに入ってるスーパーに、4種類もベジタリアン向け(動物性原料不使用)のカレールーが売っていました。

 

 

すごいー。こんな田舎のスーパーに。

 

と、思った次第。

 

最近はおしゃれなベジカフェなんかも増えてきて、昔に比べると外食の楽しみも増えてきました。

食べるの大好きなベジタリアンとしてはとっても嬉しいです。

 

昔はベジタリアン用のカレールーとかって、自然食品店とかで買ってましたよ。

10数年前は横浜の藤が丘という小洒落た街に住んでたので、そこの駅前のマザーズとかで。

 

なのに、この、兵庫の山奥のローカルなスーパーで4種類もベジカレールー!

ここも数年前にはこんなの売ってなかったし、ここ数年でベジタリアンがずいぶん生きやすい日本になってきたみたいですね。

 

ありがたや。

 

これは、今日の昼に作って食べた、トマトカレー。

中辛表示でしたがかなり甘い印象でした。カレーとハヤシライスの中間か?てかんじ。

 

ハウスのベジカレールーはチーズが入ってたので乳製品アウトなベジタリアンは使えないですけど、私らのようなインド系ベジタリアンはOK。

 

もろ、正当派・日本のカレーって感じで、大変美味しゅうございました😋😋😋

 

インド的にはカレーはスパイスだけで作れるんですけど、

日本のカレーの美味しさはインドのカレーとは別もんですからね!日本のカレールー万歳 🇯🇵🙌😀

 

ごちそうさま💖

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

パンチャローハシヴァリンガムの感想をいただきました。

Om Sri Sai Ram

 

パンチャローハシヴァリンガムを購入されたNさんから感想をいただきました。

↓↓↓

 

さて、突然ですが、パンチャローハリンガムについての所感です。

パンチャローハリンガムはまだあまりよく分からない点が多いということでしたので、何かの参考になれば幸いです。

私の個人的見解なので、参考になるかどうか分かりませんが。

 

パンチャローハリンガムを礼拝していて、ある時ふと、なんだか‘‘ヒラニヤガルバ’’っぽいなと感じて、ヒラニヤガルバについて調べてみました。

すると、「宇宙に何もない時代にブラフマー神が姿を現わす前にまず水を作り、その水の中に種子としてヒラニヤガルバを置き・・・」

というようなことが書いてありました。

それって、創造ではあるけれども、かなり破壊的な色彩があるなあと思い、

ヒラニヤガルバというのはある意味では太初のシヴァリンガムなんじゃないかと思いました。

そしてさらに検索してみると、サイババ様が口からリンガムを出している画像が出てきて、そのページを見てみると、そのものずばり「ヒラニヤガルバリンガム」という言葉も出て来て文章が書いてありました。

 

ということはモデルにしているということなので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、ヒラニヤガルバ色が強いリンガムだと感じています。

(少なくとも、私の所に来て頂いたのは結構卵型です。)

 

さらに、もう少し詳しく書きますと、リンガムには、ヨーニと一体の彫刻してあるものもあれば、ナルマダーリンガムや、パラドのリンガム、クリスタルのリンガム等いろいろな種類があって、どれも微妙にバイブレーションの感触が違いますが、中でもパンチャローハリンガムは他のリンガムよりも特に結合感が感じられないというのが特徴的だと思います。

 

基本的にはリンガムはシヴァとシャクティの神聖な結合とその完全性を表しているとされていて、感触としても実際にそれは頷けます。

ではヒラニヤガルバリンガムは何が違うのかというと、普通のリンガムは二元性のその根源的な2つの要素が結合して完全になっているのに対し、ヒラニヤガルバリンガムは完全は完全でも2つに分かたれる前の完全性を保持しているという点だと思います。

帰結する完全性が同じ質のものであったとしても、その点が決定的に違うように感じられます。

 

また、後の万物の元であるヒラニヤガルバリンガムが、万物の構成要素の五元素を象徴する5つの金属の合金であるパンチャローハで出来ているというのも、ただ単にパンチャローハに力があるというだけでなく、かなり効いているように思います。

 

 

当ショップの商品やサービスについて、お客さんが色々教えてくださることも多いです。

 

パンチャローハシヴァリンガムも、お客さんのリクエストに応える形として、商品化されました。

見たかんじ単純な形態ですが、注文が入って、発送するたびに、

これはちょっとなんか違うなと感じることが多かったです。

サイババが口から出したリンガムをモデルにしたからというのもあるかもですが、

お試しが入るというか。

一筋縄ではいかないかんじです。

 

だから、下手に手を出さないほうがいいかもですし、

見たかんじがあまりにもシンプルなだけに、何らかの深い感覚や直観で購入希望される方が、他のものよりも多い気がします。

 

上記のお客さんが購入された時も、商品が届く前に何かエネルギーが先に来て、なんかあったそうです。(なんかって。笑)

 

参考ブログ記事(姉妹ショップ、ダッタートレーヤードットコムより)

↓↓↓

http://hinduism.ganapat.shop-pro.jp/?eid=87&PHPSESSID=5jn12rcqlknjid04tujr9bod94

 

 

積極的に勧めるわけではないのですが、ピンと来た方がいらっしゃったら、ご購入は下記リンクからどうぞ。

 

ご購入はこちらから。

http://ganapat.shop-pro.jp/?pid=67628999

 

 

 

それと、今日、ティルパティバラジプージャを申し込まれた方ですが、ヤフーでの返信は届かなかったみたいなので

ホットメールでも送ってみましたが、届きましたか?

 

※バラジプージャは現在5名がブッキング待ちされています。

 

 

JUGEMテーマ:ネットショップ

 

 

ワードプレスでブログ始めています。(プレマサイ日記)

ワードプレスの方でもブログ始めています。
まだこれから手を加えていきます✨
↓↓↓

JUGEMテーマ:ニュース

2017年7月27日 ラーフ&ケートゥスペシャルプージャ

 

 

2017年7月27日のラーフとケートゥの移動に合わせ、27日の日本時間午前10時半〜午後7時半に南インドの有名寺院2箇所でそれぞれ、ラーフとケートゥのスペシャルプージャを行います。

今回はペンダントトップになるような祈祷済みの銀の記念品(ラーフとその配偶者などの意匠の)もお申込者全員にもれなくご用意する予定です。


お一人様39000円、ご夫婦参加の場合54000円でお申し込みいただけます。
奮ってご参加くださいませ。

【早期割引】実施日の1ヶ月前、 6月27日までに複数人のお申し込みをいただいた場合、お2人目以降27000円となります。

 

 

すでにポツポツお申し込みをいただいてます。

早めのお申込み、助かります!よろしくおねがいします💖💖💖

 

 

 

お申し込みはこちらから

(お申し込みページつくりました!(๑•̀ㅂ•́)و✧)

↓↓↓

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=115714395

 

ロンドン在住のスタッフみどりさんが今回のプージャの英文をざっと直訳してくれました。助かる。。。!
下にシェアします。

2017年3月8日アガスティアによる

2017年7月27日 のラフー、ケートゥー 天体配置

 

ラーフとケートゥー

 

影の惑星ラーフとケートゥーは彼らの運行において常に逆行しています。彼らは大海の攪乳後、太陽と月による斬首の復讐をするかのように、太陽と月を永遠に追いかけています。そのような行動によって、彼らは日食と月食を引き起こします。食が引き起こされた星宿は次の6ヶ月の間その影響を受けます。影の惑星として、彼らは出生図の宮を逆行して運行し、18ヶ月ごとに配置を変えます。重要なラーフ、ケートゥーの地軸は、(国、それらのリーダーシップに特に重要性を持ちます)星座を移動します。(*ラーフとケートゥーがどうして同じ地軸をシェアーしてるのかよくわからないですけど。)時空間の融和が全てが変化します。影の惑星ラーフとケートゥーは又、彼らの運行と逆行の動きによって人間に変化を誘発します。ラーフとケートゥーは彼らの運行において全てに影響します。2017年の7月の間、ラーフは蟹座に移動するでしょう。そしてケートゥーは 山羊座に移動するでしょう。

 

経典と聖典はラーフとケートゥーの象徴的意味において語っています。ラーフとケートゥーは蛇であると仮定されています。一つは頭で、もう一つは尾です。シヴァ神は装飾品として頭、そして、手首と手に蛇を巻いています。スッブラマニアム神は常に蛇とともにあり、クリシュナ神は多頭蛇カリンガの上で踊りました。彼らは大海の攪乳に蛇を使いました。古代のヒンドゥーの聖典の中には、蛇が個人、または国の運命を築いたり、破壊したりすることにおいて重要な役割を演じている神話が多くあります。コブラはある特定の法に従うと言われ、それは真実に従うことになっています。それは普通は決して噛みつきません。恐ろしいですが、魅力的なフードを持っています。プラーナは、コブラは極めてすばらしい光輝の宝石を与えられると述べてます。

アタルヴァ・ヴェーダは以下のマントラを与える。

 

願わくば、我々に惑星と月より繁栄を与えたまえ。

願わくば、我々に太陽とラーフより繁栄を与えたまえ。

 

そのように、我々は以上に述べたようなラーフとケートゥーの動きに与えられた神聖な物語を手に取ります。それは実際ロカセヴァナム(毎年11月のある週末におこなわれる24時間バジャン)であり、この我々の住む惑星、ブーミデヴィ(母なる地球)における幸運のためとられる行動です。食をひき起こす、この2つの影の惑星の行動は事実我々の霊的進展のためである。暗闇のものは光の中に引き出さなければならない。我々の出生チャートにあらわれている事は、経験されねばなりません。我々は第6室に示されているセヴァを行わなければなりません。そしてニシュクマカルマ、無私の愛で奉仕しなければなりません。このように我々の奉仕がフルダヤヴァシ、すなわち神の化身イシュワラが内に住む他者のハートに届き地球の愛を倍増します。

 

ラーフは今現在マガー(インド占星術上重要な星宿であり、レグルス星と符合します。この星宿はケートゥーに支配され、それは獅子座とおとめ座の範囲にわたっています。)の中にある獅子座を運行しています。2017年7月27日にラーフはアシュレーシャ(インド占星術の27の星宿の中の9番目の星宿、蟹座を運行します。長い間、ラーフは獅子座、そしてマガー星群 に位置していました。知識は謙遜さを与えます。獅子座は自然な第5室であるように、ラーフの存在は(charakaraka (?引き起こすもの、又は支配性星?)、詐欺、欺瞞、策略の提供者、あらゆる意味において、個人的、または職業上の出世)、あるものに不十分な深さ、事実上の学びと経験のある知識と学びに頼らざるを負えなくするかもしれません。真なる学びはジャツゥム(知識)、ドラシュツゥム(理解)、プラヴェシュツム(成す)、すなわち知識を適切な程度に、自らの中に取り込み、具体化する過程を必要とします。ラーフはダルマに従いません。真実の学びと能力は怪しまれるかもしれません。

 

ケートゥーは現在水瓶座を運行しています。2017年7月27日にケートゥーはダニスター、マカラ ラシ(山羊座)を運行するでしょう。ルールはクージャ ヴァト ケートゥー、すなわちケートゥーは火星のように振舞います。山羊座は地の星座です。山羊座にいるケートゥーは外部の世界の中の深い問題を探求し、社会的紛争の内的と外的な解決を探ります。ケートゥーは又時間をかけ、失速し、深い思考に関わります。月(心の神性を統括する)とともに、出生惑星ケートゥー、火星と土星の位置は、影響と必要とする治療を限定するのに重要です。

 

ティルナゲシュワラ ラグー寺院

この縁起のよい機会に、アガスティア タミル暦、タミル ヴァルダム、シュリ Gevilambi、タミル月アディ11日木曜日。

2017年7月27日 午後12時45分 ラーフはアイルヤムの星4番目のパートに移動し、ケートゥーはアヴァッタムの2番目のパートに移動する。

プージャは2017年7月27日、木曜日、午前7時から午後4時の間に行われるでしょう。この縁起の良い行事に、アルチャナ(祈り)、アビシェカム(マントラを唱えながら供物を注ぐ)ホーマム(火の儀式)、サンカルパム(神聖な決意と意図)とプージャ(奉納)が、タミル州のティルナゲシュワラ寺院にてラーフ神と、ケーラ PERUMPALLAM寺院にてケートゥー神のために行われます。

 

ケーラ パルムパラムのケートゥー寺院

誰が参加すべきでしょうか?

 

以下のムーンサインを持った方達も、ラーフ神とケートゥー神をなだめるためのアルチャナ(祈り)、アビシェカム(マントラを唱えながら供物を注ぐ)ホーマム(火の儀式)、サンカルパム(神聖な決意と意図)とプージャ(奉納)の完了とともに利益を得るでしょう。

 

牡牛座、獅子座、乙女座、蠍座、水瓶座、魚座。

 

以上の太陽と月のサインの方達には、これらの運行による難儀からの救援を得て、ラーフ神とケートゥー神からのよい影響を得るため、アルチャナ(祈り)、アビシェカム(マントラを唱えながら供物を注ぐ)ホーマム(火の儀式)、サンカルパム(神聖な決意と意図)とプージャ(奉納)を行うことをお勧めします。全ての神からの恩恵は努力を要します。これらサンカルパムとプージャとともに、アルチャナ、アビシェカム、ホーマムに参加することは、必要な利益をもたらすことでしょう。

 

他に誰がこれに参加することによって、地益を得るのでしょう?

好ましくない影響をうけるムーンサイン

以下のムーンサインを持っている人達は、又、ラーフ神とケートゥー神からのよい影響を得るため、アルチャナ(祈り)、アビシェカム(マントラを唱えながら供物を注ぐ)ホーマム(火の儀式)、サンカルパム(神聖な決意と意図)とプージャ(奉納)を完了することによって、利益を得るでしょう。

 

牡羊座、双子座、蟹座、天秤座、射手座、山羊座

ラーフーケートゥーの運行のための、この神聖な活動に参加してください。

 

サンサイン、ムーンサインのくだりがまだよくわからない感じなのでバラティさんに確認してみます。

今回のラーフ&ケートゥの移動で良い影響を受ける可能性の高いサンサイン、&ムーンサインがあり、よくない影響を受ける可能性の高いサンサイン&ムーンサインもあると思いますが、
プージャ自体はどなたが受けられても、その方の持つ運勢を最大限に良いものとする助けにあります。
よくない影響がある方はその影響を可能な限り小さくすることができ、
良い影響がある方はプージャによってラッキーを最大限受け取れるようになります。

 

 

 

 

 

お申し込みはこちらから✨✨✨

↓↓↓

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=115714395