ヴェーダ練習の覚書

最近またヴェーダチャンティングを習う機会が得られたので、毎日1〜2時間集中しています。

 

アートマスークタムはほぼできたので、次はパワマナスークタム。

 

練習の中での話を覚書としてメモっておきます。

 

スークタム→Thought, ideaの意味

       アートマスークタム→アートマについての最上のアイデア

 

ヴェーダはアートマや各神々など、一つのアイデアにフォーカスしてそれぞれ表現されている

 

アートマスークタム→愛とともに呼びかけるとアートマンが反応

          

ババが話した例→ある夫婦が喧嘩して、夫は家を出て、妻は家に鍵をかけた。

        数日後、夫が帰ってきて扉を開けて家に入れろと言うが、妻は無視。

次に、「わたしはあなたの愛しい夫だ。鍵を外して扉を開けて」というが妻は無視。

次に「あなたはわたしの愛しい妻だ。扉を開けて」というと妻は夫を家の中に入れた。

 

この話の要点→「わたしはあなたの愛しい夫だ」という時、夫はまだ自分を立てているが、「あなたはわたしの愛しい妻だ」という時にはへりくだっていて自分がなくなっている。

神に対して求められる態度もこれと同じで、神に対して自分が喜んでいるだけでなく、神にとっての喜びを考える必要がある。

 

ヴェーダを唱えている時はわたしはインド人ではなく、あなたは日本人ではない。

神はジャッジがない。

 

数千年前にサンスクリット語ができる前はヴェーダはサンスクリット語に依らずにあった。

(ヴェーダにとってはサンスクリット語はむしろ新しいスタイル)

本来のヴェーダは文字を介さない。

そのことを頭に入れておいた方がいい。

 

ヤグニャとは何か。

火に供物を捧げる。

50パーセント捧げるとかはできない。

考えやジャッジメントを含め、存在すべてを捧げる。

日常で行う時は便利に簡略化。(樟脳を燃やす。意識やマインドなどを捧げるのはココナツで代用)

さらに呼吸はヤグニャ。

ただ単に呼吸しているだけではつながりが弱いのでソーハムと唱えながら呼吸することで呼吸はヤグニャとなる。

 

などなど。

聞いたことをほとんど忘れてしまってて残念な限りなのですが、印象に残ったことだけでも書いてみました。

 

すべてに愛を込めて満たされた愛を通して働きかけることの重要性を忘れてるなあと改めて反省。

不足感や欠乏感や焦りなどによって形だけになってることが多いです。

JUGEMテーマ:日記・一般

木星移動対策スペシャルプージャも無事に終了いたしました。ありがとうございます。

Om Sri Sai Ram

 

木星移動対策スペシャルプージャも無事に終了いたしました。

参加くださった皆様、参加せずとも気にかけてくださった皆様、ありがとうございます。

 

今回わたしは生理かなんかわからない出血がもう2週間続いてて、それが結構な量(合計すると単純計算で1週間で1〜2リットルくらいはでてる?)なのでたぶん貧血などであまり体調は良くないんですが、木星プージャに無理矢理参加したら元気になって、プージャ後は出血量は半分になり、出血量が減ったのでちょっと自分の体調に対応しやすくなりました。容量の大きい月経カップ(30〜40ml)が1〜2時間で満杯の出血量だったので日常生活自体かなり大変だった。今は3〜4時間もつようになりました→普通の生理のピーク時くらい)

 

生理の時は特に最初の3日間はプージャ参加禁止なんですが、
かなり迷いに迷って最終的には参加しました。
出血量自体は生理ピーク時のむしろ3倍とかだったんですが、自分の発してるバイブレーションは生理ピーク時のネガティブなそれではないなと判断して。


あと、ババやほかの女神さまみたいなのは行くのを勧めてる感じがして。
さすがにかなり迷いましたが。実際体調の悪さと1歳児連れてのタクシーと夜行列車での600キロの移動はしんどいし、5回くらい行かないことに決めたんですが、結局直前でいく状況が整って、もう逆らうのはやめて、バタバタと用意をして行きました。

 

出血しててプージャに参加するのは非常識だし、しかも大出血レベルの量がもう1週間も続いてたし、今回のプージャのメインの神様の木星(グルダクシナムルティ)やムルガンは厳しい神様なので、粗相があると非常に危険な部類で、わたしだけではなく、周りみんなにも悪影響が起こる可能性もあり、無理してまで参加する状況ではなかった。

 

でも何度も参加するよう直感的な促しがあって、わたしの体自身に聞いても行くと言っていて、わたしの常識的な頭だけが行きたくないと抵抗してる状態でした。

 

出発は出発の30分前までタクシーも予約せずに迷っていました。

出発の日、迷ったままアシュラムに行くとサイガヤトリーホーマムというのがプールナチャンドラホールで行われていました。

あれ?わたし迷ってるけど、もうすでにプージャに、ホーマムに参加してるわ。と思いました。

そうやって自分の中の常識的な抵抗がするりと外された感じがしました。

そしてこのホーマムで座って炎を見ながらチャンティングを聞いてると、いろいろ感動して、なんかすごい素晴らしかったんですよね。(語彙力のなさ。笑)

 

宗教ごとってやはり正しさの感覚が強化されていって、ルールも厳格になりがちと思うんですが、本来それらが現れてきたところの全てが超越されてルール、ジャッジ、分離が溶け合って一つになったところからの働きかけを感じました。

 

そういう、ルール無視みたいなのの危険性や暴走することの可能性はよくわかってる方だと思うんですけど、敢えてそれがあらわれる場合もあり、それがあらわれるなんらかの意味がある場合もあるかとは思います。


プージャは別にわたしがいなくても全然平気というか、こういう場合は完全にいない方がいいんですが、なんか色んな世界のサインや直感に従って参加してみたら移動も体調の波がありつつも、なんとかギリギリOKでした。

 

バラティさんもかなり体調悪くて、移動日の前日に発熱して病院に行ったりしてたんですよね。プージャ後もしばらくくたばってました。

 

プッタにいたら最小限の体力でいいので良くわからないのですが子連れで移動すると、とにかく乗り物酔いしやすかったです。
今は普段から軽くムカムカしてる状態なんだと、移動してみて気付いた次第です。

 

プージャの時はさすがプージャで、ハードワークでしたがわたしはかなり元気になって、楽しかったです。

 

ほとんど行かないことにしてたので、初めてほとんど責任感のプレッシャーを感じずにこういう大きい、自分たち主催のプージャに参加できたからか、実は、はじめて、純粋に楽しかったです。

 

でも、全てのプージャが終わって、お坊さんにプージャの無事終了を告げられた時にはホッとしました。

わたしがすべてをぶち壊しにする可能性があったので。

でもそれは起こらなかった。

 

身勝手をババのせいにするなと関係者には言われかねないのですが、ババのなにか勧め的なものがあるとそれが常識をぜんぶ超えていく。

 

わたしは現在はプッタパルティでヴェーダチャンティングを毎日1〜2時間、某パンディットにマンツーマンでレッスンしてもらえてるラッキーな状況で、こんなラッキーな状況はめったにないのでこの機会を逃さないようにできるだけ集中してます。

なので、ショップ業務もお客さん対応はほとんどまたのぶあきさんにまかせてます。

 

連絡が遅かったりでお客さんから優しくリマインドしてもらったりしてる状況ですが、皆さん優しくて感動ものです。

ていうか、ショップとしてはひどいですけど、根気よく時間をかければいつかできますので気長に関わってくださるととても助かります。

 

前々から業務は手放そうと思ってたのですが、ヴェーダをまたちゃんとした人(ヴェーダチャンティングやその解説に関してはかなり専門ですばらしいです)から毎日がっつり習える機会がやってきたかもしれないので、この機会を最大限に活用できるように(そういう超ラッキーなことは滅多に起こるものではないので)ショップ業務は気合を入れて人に任せようと思います。

完全にノータッチになるわけではなくて店主としては存在してますが、具体的な業務はできるだけ人に任せられるようにと思ってます。

 

なんなら新しいスタッフも入ってもらって。

とはいっても未だ行き当たりばったり運営なので、毎月決まった額の支払いとか約束できないんでほぼ家族経営のままですが。

 

そんな近況でした。

 

木星プージャに関しては、FBが投稿しやすくってついそっちにして満足しちゃってるのですが(FBって投稿しやすいけどフォロワー全員に記事が届けられるわけでは全然ないんですが)そのリンクを貼っておきますので覗いてみてください。

https://www.facebook.com/sawako.furuno.9/posts/1406526682758412?pnref=story

他にもいろいろ投稿してます。
https://www.facebook.com/sawako.furuno.9

 

 

また、プレマサイジョ〜ティ〜のFBブックページへのフォローもお願いします。(「いいね」を押すことでフォローになります。フォローにはFBアカウント必要)

https://www.facebook.com/premasaijyoti/

 

お客さんになったことがある人用の秘密のFBグループページもあります。

内容は公式FBページとあまり変わらないですが、該当者はよかったら参加してみてください。

https://www.facebook.com/groups/251539775014468/

 

JUGEMテーマ:ネットショップ

木星移動対策プージャ

申し込みページを直前に作ったにもかかわらず申し込んでくださってありがとうございます。

木星移動対策プージャは日本時間の今日4日の夕方〜夜くらいまでは申し込みは間に合いますので駆け込み参加OKです。

 

一応わたしも体調不調ながら現地入りしてます。

 

参考&申し込みリンクページ

 

http://premasai.jugem.jp/?eid=2855

 

2017年9月4&5日・木星移動対策スペシャルプージャの申し込みページ作りました。

Om Sri Sai Ram

2017年9月4日&5日に南インドのヴァシシテーシュワラテンプルとティルチェンドゥールテンプルで木星移動対策プージャをいたします。
今回は最初はヴァシシテーシュワラテンプルだけでする予定だったのですが、ティルチェンドゥールテンプルも加えた2カ所で行います。ティルチェンドゥールテンプルの方をメインで行います。

申し込みは下記リンクよりお願いいたします。

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=122028477

ティルチェンドゥールテンプルの方だけでも23人のお坊さんでするんだと思います。

2カ所同時で行うお得な機会となっています。
しかも通常の惑星移動対策プージャよりも安いような。

いつものごとく、ホーマムやアビシェーカムなどをじゃんじゃんしまくるプージャです。
あまり宣伝してないので(わたしの体調が悪かったこともあって放置してました)今の所参加人数はかなり少ないです。笑
つまり参加条件として贅沢なことになってます。

木星=グルへのプージャですが、ムルガンやシヴァの要素も大きいです。

4日は夕方からスタートですので、日本時間の4日の夕方くらいまでに申し込んでいただければ間に合いますが、
ギリギリだと連絡が間に合わなかったりする場合もありますので、お申し込みをされる場合はできるだけ早めの時間にお願いいたします。

また、ナクシャットラ(バーススター)を添えてお申し込みください。(リピーターの方も)
わからない方は生年月日、生誕時間、生まれた場所(市くらいまで)をお知らせください。

入金先はこちらです。

セブン銀行 バラ支店 
普通 1112562 マツオカ サワコ

入金連絡をいただいた時点でお名前をネームリストに加えさせていただきます。

なお、今回のスペシャルプージャの受付対応はプレマサイジョ〜ティ〜スタッフ松岡信明がいたします。

ありがとうございます。

サイラム
松岡佐和

 

9月4日&5日の木星移動対策プージャ(英文での案内)

JUGEMテーマ:ネットショップ

9月4日&5日の木星移動対策プージャ(英文での案内)

AUM SRI SAI RAM

GURU PEYARCHI- TRANSIT OF JUPITER 2017

From 9:25 am on Saturday 2nd September 2017 Planet Jupiter – Guru will be transiting and leaving Virgo sign (rashi) and transiting to Tula – Libra sign (rashi). Effects of this transit will be different for Sun signs and Moon signs.

On this auspicious occasion Archana, Homam, Abishekam, Japam [16,000 times for Guru Bhagawan] along with Sankalpam and Pujas will be performed Ekadasai Rudram to Lord Siva at the THITTAI VASISHTESHWARAR Temple, near Thanjavur, Tamil Nadu, on 4 September 2017. There will also be one Guru Transit Puja at Thiruchendur temple on Tuesday 5 September 2017.

 


Vasishteswaraswamy Temple

Vasishteswaraswamy temple is a very antiquated temple located in the village ‘Thittai’ near Thanjavur, Tamil Nadu. This temple has another name as ‘Thenkudi Thittai‘ as the temple is located to the south of the Cauvery River. It is a Hindu temple devoted to Lord Vasishteswarar. A prominent feature of this temple is the water that falls from its ceiling on the Shiva Lingam, every 24 minutes. This phenomenon happens because of the two special stones ‘Suryagaanthakkal‘ and ‘Chandragaanthakkal‘ that are kept at strategic points above the Vimana. The stones absorb all the air and moisture from the surroundings and then convert them into water that falls on the deity.

Temple History

The name of the village ‘Thittai’ means ‘thitthu’ in Tamil, i.e mound. In ancient times, the world was surrounded with water due to ‘Pralayam’ (the Flood); At that moment Brahma and Vishnu worshipped the Lord Shiva for their aegis (guidance, protection). After performing extensive searches in almost all places, they found this mound which was not submerged in the waters of Pralaya. There was a Shiva Lingam at this mound. Both, Brahma and Vishnu started offering puja to Lord Shiva. Lord Shiva was most pleased with their offerings and appeared in front of them. He then deputed duties to both Brahma and Vishnu of Creation and Protection respectively. It is believed that this mound is the only place in ancient history that was not flooded and drowned during the last Pralaya event. The Sage Vasishta offered prayers to Lord Shiva; hence the temple has been named as Vasishteswarar. The temple has been wholly constructed using stone for all edifices, including the ceilings, pillars, walls and floors.

Temple Significance

On reaching the temple, another speciality found here is the ‘Guru Bhagavan’ (Jupiter) temple that is inside the main temple itself. This is placed where one can see that Guru Bhagavan (Jupiter) is in a standing posture having four hands holding weapons and a book. The most important festivals celebrated here are Guru Peyarchi (transit of Jupiter) and Chitra Pournami (full moon in the month of Chitra). On entering the Dwaja Sithambam that is made of stone, you can see another shrine of Raja Guru as Bali peedam, Ambal Sannathi at the right side.

 

 Vasishteswarar Temple

About Guru Bhagavan – Jupiter

Guru Bhagavan – Planet Jupiter has been worshipped by the people since ages past. Offering prayers to planet Jupiter relieves the inauspicious impacts from the life of the spiritual aspirant. Students offer prayers to the Guru Bhagavan so that they might perform well in their studies. From beginning till end of the months festivals are celebrated in the temple like Maha Shivarathri in the month of February-March, followed by Tirukarthikai in November and December including Guru Bhagavan (Jupiter). In each week, Guru Transition day (Thursdays) is celebrated. The Lord Shiva is known as Swayambumurthy. It is said that the Lord sun offers his prayers to Shiva Linga by his rays on 15, 16 and 17th in Avani Month (August to September). During Panguni (March-April), the rising Sun offers his prayers to Lord Shiva by dedicating his Sun rays on 25 and 26th of the month. The temple timings are 6.00 a.m. to 12.00 p.m. in morning and 4.00 p.m. to 8.00.pm in the evening.

The Armour of Brihaspati – Jupiter

(Jupiter – Brihaspati is a great benefic, but it causes a lot of problems when it moves to some of the houses, especially first, third, fourth, sixth, eighth, tenth and twelfth from the Moon. It stays in each house for one year. This Kavacha should be read on all Thursdays during that period to get rid of the problems. Persons who have Jupiter in these houses should contact the undersigned below in order to participate in rituals and offerings designed to alleviate and remove such afflictions.)

Sri Ganesaya Namaha
(Salutations to Lord Ganesha)

Asya sri Brahaspathi Kavacha maha manthrasya Easwara rishi,
For the great chant of Armour to Jupiter the sage is Easwara

Anushtup Chanda
The meter is anushtup

Gurur devatha
The God is Brihaspati

Gam Bheejam
The root is “Gam”

Sri Shakthi
The power is “Goddess Lakshmi”

Kleem keelakam
The nail is “Kleem”

Guru preethyrarthe Jape Viniyoga
The chant is being done to please Guru

Abheeshta phaladham sarvajnam sura poojitham,
Aksha maladharam shantham pranamami bruhaspatheem.

I salute sage Brihaspati,
Who fulfils our wishes,
Who knows everything,
Who is worshipped by all devas,
Who wears the garland of beads,
And who is peaceful.

Bruhaspathi sira pathu, lalatam pathu may guru,
Karnou sura guru , nethre may abheeshta dayaka.

Let Brihaspati protect my head,
Let Guru (teacher) protect my forehead,
Let my ears be protected by teacher of devas,
And let my eyes be protected by he who fulfils wishes.

Jihwam pathu suracharya, nasaam may Veda Paraga,
Mukham may pathu sarvagna, kantam may devatha guru.

Let the teacher of devas protect my tongue,
Let my nose be protected by the expert in Vedas,
Let the all knowing one protect my face,
And let my neck be protected by teacher of devas.

Bhujavangeerasa pathu, karou pathu shubha prada,
Sthanou may pathu vageesa, kuksheem may shubha lakshana.

Let my hand be protected by Angeeras*,
Let my arms be protected by he who does good,
Let the master of speech protect my chest,
And let he who looks good protect my stomach.

*father of Brihaspati

Nabhim deva guru pathu, madhyam pathu sukha prada,
Katim pathu jagat vandya, ooru may pathu vak pathee.

Let my belly be protected by Guru,
Let he who does good protect my middle,
Let my hip be protected by he who is saluted by the universe,
And let the master of words protect my legs.

Janu jange suracharyo, padhou viswathamaka sada,
Anyani yani cha anganee, rakshenmay sarvatha guru.

Let the teacher of devas protect my thighs and knee,
Let my feet be protected by the soul of the world,
And let all other parts of my body be always be protected by Guru.

Ithyedath kavacham divyam trisandhyam ya paden nara,
Sarva kamaanvapnothi sarvathra vijayee bhaveth.

If this holy armour is read by men at dawn, noon and dusk,
They would succeed in all their acts,
And would gain victory everywhere.

Iti Sri brahmyamaloktham Sri Brahaspathi kavacham sampoornam.
Thus ends the armour of Jupiter which occurs in Brahamyaloktham.

Sacred Offerings for Peyarchi – Transit

The following Moon Signs and Sun Sign are benefited:

  • Mesha – Aries,
  • Mithuna – Gemini.
  • Kanya – Virgo,
  • Tula – Libra,
  • Dhanus – Sagittarius, and
  • Kumbh – Aquarius

The following Moon Signs and sun signs are Unfavorable:

  • Vrishabha – Taurus,
  • Kartaka – Cancer,
  • Simha – Leo,
  • Vrishakha – Scorpio
  • Makara – Capricorn
  • Meena – Pisces,

Those with unfavourable results are advised to do special Puja like Homam, Sankalpam and Abhishekam to receive relief and good effects from Lord Jupiter. This is an essential time to undertake such sacred offerings so soon after Lord Jupiter enters Tula – Libra, ruled by Venus (Venus is neutral towards Jupiter, Jupiter is enemy towards Venus). Significant blessings will be received by those who participate these archanams, pujas, hommams.

On this auspicious occasion Archana, Homam, Abhishekam, Japam [16,000 times for Guru Bhagavan] along with Sankalpam and Pujas will be performed Ekadasai Rudram to Lord Siva at the THITTAI VASISHTESHWARAR Temple, near Thanjavur, Tamil Nadu, on Monday, 4th September 2017.

Guru Transit Puja at Thiruchendur temple

This Puja will be carried out on Tuesday, 5 September 2017 and administered by 23 priests chanting Rudram. This will also include:

  • at 7am, a Ganapathy Puja and Abhishekam
  • at 8am, a Japam, Homam, Abhishekam for Subramaniyam and a Guru Dakshinamurthy Abhishekam.

 


Tiruchendar Sri Subramanya SwamiTiruchendar Sri Subramanya Swami

JUGEMテーマ:ネットショップ