スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

年に一度の先祖供養のプージャのお知らせ

最近色々神社仏閣めぐりに動き回っていて、こちらのブログはほとんど放置ですみませんでした。

それにもかかわらず、毎日多くの方たちが見に来てくださっているので感謝です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今日は、年に一度の先祖供養のプージャのお知らせです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


下の写真はババー二のトリベニサンガマムのガート(沐浴場)です。

左から二番目の白いシャツがプージャのコーディネートをしてくださっている占星術師のサイバラティさん、

一番左のめがねのおじさん、もとい、お坊さんが、ババーニでのプージャのお坊さんたちの現場のとりまとめをしてくれている人です。

先日の日本のプロテクトの秘儀のプージャもこの場所で行われました。





今日は、1年で最も適した日の供養のプージャのお知らせです。


「マハーラーヤ アンマーワーサイ の タルパナム」
です。

タルパナムとバラティさんからは聞きましたが、北インドではタルパムと言っていたように思います。

これは先祖供養のプージャのことです。



今回のプージャとは直接関係ない話で、いきなり脱線なのですが、

10年位前に北インドのアルモーラからさらにヒマラヤ奥地へ数時間入った村にある、シヴァの地下寺院に行ったことがありました。

これはサイババ関係者にはちょっと知られてる場所かと思いますが、
パタールブヴァネシュワルという場所です。

神に導かれて、前情報ナシに単独でそこにたどりついた人もいるようです。

私はむかし運営していたHPに写真と説明を載せてたんですが、残念ながらそれらの情報は全部消してしまってますが、

天然の鍾乳洞の中が寺院とみなされていて、非常に濃厚な場所で、

ありとあらゆる神々とそこで出会うことができる場所で、真偽は定かではありませんが、シルディサイババもそこで瞑想したという話を聞きました。

一般にはずっと隠されて来た場所だったのですが、近年の次元上昇とともに???隠されたものが次々とあらわになってきて、

その秘密の場所も徐々に人に知られるようになり、訪れる人も増えたのですが、

私がほかの人に聞いてそこに行ったときは、まだそれほど多くの日本人には認識されていなくて、よそからの人もほとんど来ていませんでした。


その時、そこで先祖供養のプージャをするのがすごくいいよといわれ、

そうなんだ〜?

と思って、でもそこはすごく山奥の村なので、店もほとんどないし、プージャに使うものをなるべく南インドや、行く途中の村で調達して運び込みました。


プージャに使用するビブーティーも常に不足していると聞いたので、70〜80包みのビブーティーを大きなスーツケースにいっぱい入れ、
(なんか麻薬の運び人みたいですが。笑)

線香や、ローズウォーター、プージャに使う男女の衣類や、マンゴーの木(薪)などをタクシーに満載して行きました。


洞窟の中でと、洞窟の外でと2回プージャをしてもらったのですが、

中で行われたときは高度もある上に洞窟の中なので酸素が不足していて、息も絶え絶えになりながら参加しましたが、

シヴァを召喚したときに、
巨大な大迫力のシヴァがやってきて、横に座ったのが感じられて、ちょっとこれはものすごい、、、と、圧倒されました。

本当のプージャとは多かれ少なかれ、常にこのように神との交歓の儀式なのだろうと思います。

外では小さなホーマムを行ってもらって、それに参加しました。


そのどっちがタルパムなのか、どっちもだったのかはわからないのですが、

インドでもこういう先祖供養のプージャがあるんだなーと思いました。

そしてそれもとても大切にされているようです。




今回のご案内はそのような亡くなられた方への供養のプージャです。

私たちが実施する場所は、当ショップではすでにおなじみの南インド、ババーニという場所のトリベニサンガマムです。

トリベニサンガマムとは、3つの水の流れが合流する聖地を呼ぶときの一般名称です。


ここで先祖供養のホーマムを行い、さまざまな供物はホーマムのあとに川に流され、捧げられます。


今回は何が特別かというと、

プージャの実行のタイミングが、2012年は10月15日なのですが、
これは1年で一番先祖供養に適した日とされるタイミングです。


マハーラーヤアンマーワーサイとバラティさんは言っていますが、
このようなスピリチュアルなことを行うのに適した新月の中でも、

この日は1000倍の効果が期待できるような特別なタイミング

だそうです。

ですから、実は毎年1年に1回のこのときに私たちはこの先祖供養のプージャを行っているのですが、今年も行われます。


私がパタールブヴァネシュワルで行ってもらった先祖供養のプージャは特に誰にというわけでもなく行ったのですが、

今回のトリベニサンガマムでの供養は、特定のだれか亡くなった個人に特化した供養のプージャです。


バラティさんからの案内を載せます。(↓ちょ〜適当な日本語訳つき)




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



this 15 october 2012 monday is mahalaya ammavasai

来る2012年10月15日月曜日はマハーラーヤアンマーワーサイです。

so any body wants to

give dharbanam *(ancester )like many janma if they have debt with anybody,

ですから、先祖供養をなさりたい方、多くの時代をわたって誰かに借りがある方などはどなたでもこのアンマーワーサイのときに
プージャを行っていただけます。
they

can do pooja , at ammavasai it will be clear,

そしてその時を超えた借りは解消されるでしょう。

anybody died long back or just now they also can give tithi , dharpanam ,pooja,

遠い昔に亡くなった方、またはつい最近亡くなった方に対しても、命日の年月日にもとづいて(Thiti)、どなたでもタルパナムプージャを行うことができます。

at river side , thiruveni sangamam, more than two river is conecting at this place.

2つ以上の川が合流しているこの場所、トリベニサンガマムの川辺でこのプージャは行われます。

so any body can remember the relationship ,(those whoever died)send and clean the soul through this pooja,

ですからどなたでもなくなった方とのつながりを思い出し、このプージャを通してその方の魂を浄化し、送り出すことができます。



aum sri sai ram,

saibharathi,


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


というわけで、

いつものごとく短期集中の参加者募集で申し訳ないのですが、


今から10月14日の朝くらいまで、このプージャへの申し込みを今日から3日間、受け付けます。


私は10月14日に飛行機に乗ってインドに戻る予定ですので、搭乗前に私が関西空港で最終チェックするまでがギリギリの申し込み期限です。


亡くなったどなたかのためにこの供養のプージャを希望される方は、

亡くなった方のお名前と、もしわかれば亡くなった年月日をお知らせください。

命日がわからなければ、亡くなられた方のお名前だけでも差し支えないそうです。


先祖供養のプージャとしていますが、亡くなられたお友達など、直接血縁関係がなくても、どなたに対しても行っていただけます。


お申し込みは、このショップブログの右上の「ショップを見る」からショップへ飛んでいただき、
そこの右上の「お問い合わせ」から、亡くなった方(プージャを受けられる亡くなった方)に関する必要情報(その方のお名前と亡くなった年月日)をお知らせください。

私のメールアドレスをご存知の方は直接メールで申し込んでいただいてけっこうです。


プージャ代金は亡くなられた方お一人に対して27000円です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1年で最も供養に適したこの日に南インドの聖地で行われるプージャをどうぞご活用ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


供養のプージャ代金の振込みは以下の銀行口座へお願いいたします。




三菱東京UFJ銀行 さんだ支店 普通 

0382592

フルノ サワコ



(12月のラーフとケートゥのスペシャルプージャも受付中なので、振込先の口座をそちらとは分けています)


ありがとうございます。

サイラム


古野SAWAKO


スポンサーサイト

コメント

プージャへのお申し込みありがとうございます。

すみません、振込み人のお名前も教えていただけますでしょうか。

  • furunosawako
  • 2012/10/12 08:11

古野様

供養プージャ申し込みます。
名前 野田亀男(のだかめお)

命日S45年3月3日
(年は違っているかも知れません)

バタバタしてるかもしれない時にすみません。先日問い合わせフォームから野田小百合で、ガネーシャプージャの問い合わせしたんですが届いてますでしょうか?
一応、供養プージャと一緒に振り込みします。ガネーシャプージャ今受け付けてない場合、12月ラーフandケートゥプージャに回して下さい。金額は同額で良かったですか?

コメント欄からの方が確実かと思いこちらからにしました。

正式なプージャに与ってインドの地で父の名前が読み上げらるかと思うと感慨深いです。何か一つくらいしておいて上げたいって、記事みて思いました。御霊が癒やされること願います。

他の人にはばーちゃん、じーちゃんごめん忘れてないからね!ってかんじですけど、毎年あるならまたその時に。

今回のようなプージャ一人一人の名前は無理ですけど、本当なら震災で逝かれた方達に向けた供養プージャなどあったら、お金持ってる人はドンと投入して欲しいものです(^_^)(持ってない者の勝手な言い分?)
今の日本も世界もお金の流れ止まってる故の不況。水と一緒で止まれば腐敗するのに、お金ちゃんあなた色々出来る子なんだから流れてね〜〜。

余談でした。

宜しくお願いいたします。

サイラム


非公開希望です。

  • ロータス
  • 2012/10/12 05:32