今度の大規模プージャの案内の日本語訳

さっそく、昨日お見せした、次の大規模プージャの案内が翻訳されたので貼っておきます。

翻訳してくださった方のお名前出してもかまわないと思うのですが、いちおう伏せてみました。


ありがとうございます!m(__)m




AUM SRI SAI RAM

2014年4月14日太陽(惑星スーリャ)がおひつじ座の1度に入るとき、Jaya Varudam(勝利の年)と呼ばれるタミル新年が始まる。これはアガスティアが予言したとおり木星−ブルハスパティ神の60年周期における28周目にあたります。2014年4月14日月曜日、月はハスタナクシャトラの2番目のパダ(パート、段階)のKanya(おとめ座)にあります。月はモクシャ(解脱)を求めるこのナクシャトラを支配します。ハスタのシンボルは手です。このナクシャトラ(星、星座)の神はサヴィター、創造と変容するエネルギーを与える太陽神です。サヴィターの力は私たちが求めていることを明らかにして私たちの手の内にそれを置くことであり、それゆえにハスタのシンボルは手なのです。

Sri Jaya Samvatsaraは60年のヒンドゥー暦において28年目の年にあたります。一般的に、この年に生まれた人は成功を楽しみ偉大な勇気の人となります。


土星はトゥララシ(てんびん座)で高揚し、高揚した太陽、ケートゥともアスペクトを形成します。Sani vat Rahu(ラーフが土星のように作用すること)のためにラーフもまたトゥララシにあって太陽に対する土星の影響を拡大します。トゥラはヴァータ(軽い、おしゃべり、動きが速い、すばやい思考、根拠がない、というような性質)のサインであり、土星とケートゥはともにヴァータの性質です。その兆候は心の多大な活動、心が速く動きすぎること、おひつじ座は火のハウスであり風(ヴァータ)は火を燃やすことにも認められます。第1ハウスの支配者火星は第6ハウス(papasthanaハウス―ネガティブな影響)にあり、おとめ座から太陽にアスペクトを形成。火星はさらにもう一つの苦痛を太陽に与えています。


良い位置にないもう一つの惑星はミーナ(うお座)で衰弱する水星で、月と火星から100%直接的なアスペクトを受けており大変悪い位置にある。時宜に適ったタイムリーなコミニュケーションの不足、主導権とエネルギーの不足が欲求不満を引き起こすため正しいメッセージの発信は妨害にあう可能性が非常に高いです。多くの誤解と非難が起こるかもしれません。

2014年4月14日から5月14日まで、太陽がおひつじ座で高揚する。これは太陽にとって高い位置にある。現世レベルにおいて第一ハウスは政府閣僚や公衆衛生の状態を支配します。太陽は王、首相など政権の座にある人々や有名人、選挙、閣僚を意味しています。


土星、ラーフ、火星からの有害なドリシュティ(アスペクト、サンスクリットで見解の意)の影響は目立つ有名な指導者の地位に影響を及ぼし、それは地位の喪失の兆候にまで及びます。これが火星(ピッタ質)と衰弱しかつ火星から悪影響のある水星によって動かされ、非常に迅速な24時間にわたるメディアの報道サイクルへと導きます―メディアの報道は個人の支配外です―そのような指導者はメディアの循環にはまったく手がつけられないと感じるでしょう。彼らは彼らの地位と信念に対する国民の認識を操ることができるようには感じられないかもしれません。ヴァータの惑星である土星とラーフからのドリシュティは

自己防衛と指導者らの絶えず変わり続ける発言につながります。国民の信頼を失い、そのために地位を失う可能性もあります。 Sri Jaya Samvatsara―太陽暦の新年―に火星はおとめ座にあって8番目の見解のとおり太陽とケートゥにアスペクトを形成する。7月17日から8月25日の間に自然災害の兆候があり北東と南東の方角はかなりの影響を受けるでしょう。火星はトゥラでスワティナクシャトラを通過し、その後土星に支配されたVrishikha(さそり座)においてアヌラダナクシャトラがハウスを支配し、さらなる問題を生じさせます。

この期間(7月17日に開始)、火星は現在高揚した土星のサインであるトゥラを通過。火星は土星に対して中立ですが土星は火星を敵とみなします。これは火花が散る惑星戦争の期間であり、自然災害に対しより複雑な状況を作り出します。

世界奉仕パート1 loka sevanam(世界への奉仕)のために我々が理解している解決法はタミルナドゥ州のティルマンガラクディの村にあるプラナデシュワラー寺院でルッドラのホーマと詠唱を行うことです。

(下記のパート2でプラティヤンギラ女神へのホーマを読むことができます) プラナデシュワラー寺院はティルマンガラクディの村にあります。 世界奉仕 パート2 loka sevanam(世界への奉仕)のために我々が理解している解決方法は下記のようにプラティヤンギラ女神のホーマを行うことです。

シュリ・マハプラティヤンギラデヴィ寺院はクムバコーナムのアップリアッパン寺院からおよそ3キロのところにあります。プラティヤンギラ女神の神像はスワヤンブ(土から現れた、自分の身から沸き起こったもの)です。 二つのシャクティ・スーリニがあります―ドゥルガー女神とプラティヤンギラ女神です。この両女神はサラベーシュワラ神(シヴァ神の化身)の両腕です。 プラティヤンギラ女神はアタルヴァヴェーダの中心的な女神であり、アタルヴァナ・バドラ・カリ、アタルヴァナ・プラティヤンギラ・デヴィとしても知られています。

アイヤヴァディという名のこの場所はかつてイワルパディとして知られ、後にアイヤヴァディとして知られるようになりました。伝説によると、5人のパンダヴァがこの地を訪れ、木の下に武器を置いてプラティヤンギラ女神に礼拝し森の中を一回りしました。5人のパンダヴァがここで礼拝したのでこの場所はアイヴァパディ、後に転じてアイヤヴァディと呼ばれるようになったと考えられています。


この寺院ではアルチャナやアビシェーカムは行われません。ホーマのみがPournami(新月)とPournami.(満月)に行われます。ホーマには乾燥したレッド・チリが使われ、プラティヤンギラ女神のホーマはあらゆる否定的な影響力を破壊するために執り行われます。


世界平和のためのこのプージャ、Loka Sevanam に参加なさりたい方は、どうぞご署名者のお名前と詳

細をご連絡ください。


Thanks and Best Regards, Sai Bharathi Agasthya Astrologer Puttaparthi



具体的な募集はまだ行っていませんが、

なるほどそういうことが書いてあったのかと思いました。

さっと読んだつもりでも読めていなかった。


わたしは最近ゲリーボーネルのスクールに通ってるので、そこからの情報ソースが必然的に多くなるんですが、

去年、ゲリーさんは今後の日本や世界の変動についてアカシックレコードからの情報提供のワークショップを行ってました。


その具体的な内容をわたしも人づてに教えてもらいましたが、まあ、ぜんぜん予断を許さない状況というか。



でも祈りはやはり緩和になるようで、

ここでも機会があればコンスタントに淡々と行っていくつもりでいます。


こういう実際のプージャもわかりやすく効果があったりしますが、

自分の中でヤグニャをするかのように、
それぞれが意識拡大のために自分自身の真実を見出してそこに立脚していくことで具体的な破壊現象の影響の緩和が行われていくんだろうなと思います。


それって、現象として現れるより先に自分の中で自分を破壊するってことだとも思うので、
楽ではないかもしれませんけど、

地球にとってはいいのかも?


なんかよくわかんないけど次の大規模プージャ

なんかちゃんとまだ読んでないですけど、

重要な大規模プージャだとかいうので、とりあえずコピーして貼っておきます。

2014年5月に予定しているらしいです。


あとで、これらに関連するアガスティアの葉も送ると書いてました。


(元の原稿には写真も挟まってますけど、今は写真はこっちにはコピーして持ってきてません)


どなたかいい感じに下訳して下さったら嬉しいけど。
(完全訳でももちろんOK)


パンダヴァ5兄弟が来たとか言ってるけどほんまかねぇ。

そういう話、多いよなあ。


日本のあちこちに空海伝説が残ってるみたいなもんでしょうか。




Solar New Year 2014 and Loka Sevanam




AUM SRI SAI RAM

Tamil Agastya New Year (28) Jaya Varudam 2014 – 2015:
Charana Kamala, the Lotus Feet
Om Sri Sai Ram Beloveds,

On 14th April 2014 the Tamil New Year named Jaya Varudam (Year of Victory) will commence when the Sun – Planet Surya – enters in the first degree in Aries. This is the 28th year in the 60 year cycle of Jupiter – Brihaspati, as foretold by Agastya. On Monday 14 April 2014, the Moon will be in Kanya (Virgo) in 2nd pada (part or step of) Hasta nakshatra. The Moon rules this nakshatra which seeks Moksha. The symbol of Hasta is a hand. The deity of this nakshatra (star, asterism) is Savitar, the Sun God who imparts creative and transforming energy. The power of Savitar is to manifest what we are seeking and place it in our hands; hence the symbol of hand for Hasta.

Sri Jaya Samvatsara is the 28th year in the 60-year Hindu calendar. Generally, a person born in this year will enjoy success and be of great valour.

Saturn is exalted in Tula Rashi (Libra) and aspects the exalted Sun and also aspecting Ketu. On account of Sani vat Rahu (Rahu behaves like Saturn), Rahu is also in Tula Rashi and magnifies the effects of Saturn towards Sun. Tula is a vata (airy, windy, fast-moving, fast-thinking, ungrounded, like this) sign, Saturn and Rahu are both of vata constitution. The indications are present for lot of activity in the mind, mind is going too fast, Aries is fire house, and wind (vata) flames fires. First House Lord Mars is in the sixth house (papasthana house – negative effects) and aspects Sun from there (Virgo). Mars adds yet another affliction to the Sun.

Another planet which is not in a good position is Mercury which is debilitated in Meena – Pisces, and receiving direct 100% aspect from Mars and Moon. Very poor position, lack of opportune and timely communications are encountered bringing frustration, lack of initiative and energy, and so obstacles to getting the right message out will most likely to be encountered. Much misunderstanding and blame may come to pass.

From 14 April to 14 May 2014, the Sun will be exalted in Aries. This is a high position for the Sun. On the mundane level, first house rules condition of government cabinet and public health. The Sun signifies King, Prime Minister, people in power, famous people, elections, cabinet ministers.

The effect of malefic drishti (sight) from Saturn, Rahu and Mars will be to affect the position of visible public leaders and extends to threat of loss of position. This will lead to a very rapid 24 hour media reporting cycle driven by Mars (pitta constitution) with Mercury debilitiated+affliction from Mars – media reporting is out of personal control – such leaders will feel totally out of control of the media cycle. They may not feel able to manage the public perception of their position and views. Drishti (sight) from Vata planets Saturn and Rahu may lead to defensive and constantly changing statements of leaders. There may be loss of public confidence and hence, loss of position.

A the time of Sri Jaya Samvatsara – Solar New Year – Mars will be in Virgo, aspecting Sun and Ketu as per 8th sight. North East and South East directions will be badly affected, with indications for natural disasters betwen 17 July and 25 August; Mars will be transiting Swati nakshatra in Tula, and later on, Anuradha nakshatra own house in Vrishikha (Scorpio) ruled by Saturn, creating additional problems.

During this period (commencing 17 July), Mars will transit Tula, which is currently the sign of exalted Saturn. Mars is neutral to Saturn; Saturn views Mars as enemy; this will be a period of planetary war; sparks fly upwards. This makes the situation more complicated for natural disasters.

Loka Sevanam Part 1

The solution we see for loka sevanam (service to the world) is to take up Rudra Homam and Chants at the Prananadeswarar Temple, located in the village of Thirumangalakudi, Tamil Nadu. (In the second part below, you may read of Hommam to Pratyangira Devi.)



Prananadeswarar Temple is located in the village of Thirumangalakudi

Prananadeswarar Temple is located in the village of Thirumangalakudi

Overview of Temple:

Thirumangalakudi is known as Panchamangala Kshetra. The name of the place is Mangalakudi. The Goddess is Mangalambika. The tower is Mangala Vimanam. The Holy Water is Mangala Theertham. The Vinayaka is Mangala Vinayaka. Everything in the temple is Mangala.

swyambu linga and Mangalambika, consort, at Thirumangalakudi

On the left: Self-formed linga (swayambu)
On the right: the consort, Mangalambika



Lord Prananadeswara is a Swayambu (self-formed), meaning that the vigraha was not made by human effort; it is self-emergent, from beyond time and space – akasha.. It is in Thirumangalakudi temple that even the Planets got relieved of their curses. The Lord has three faces representing human, animal and bird forms; this is not found in any other temple.

Here it is said that Brahma the Creator, Vishnu the Protector, Sage Agasthya, Sun, Akashvani, Mother Earth worshipped the Lord. There are two holy temple lakes here called Chandra Theertham and Suriya Theertham. There are two Nataraja Sannidhis here. This was renovated by King Kualothunga Chozha in the 5th Century.

Mangal attribution to Murthis in Temple

Once King Kulothunga’s Minister Alaivanar was building a temple from the tax collected without obtaining the King’s permission. The King had him beheaded when he came to know about this. As his death wish, the minister requested that he be cremated in Thirumangalakudi. His wife prayed to the Mangalambikai at Thirumangalakudi and brought back her husband to life. When minister came alive, he went to the temple, embraced the Lord calling him Prananadeswara. As prosperity means a married life till the end (Mangalam) and as it was granted to the woman in distress, the Goddess is known as Mangalambika. Women pray to the Goddess here for long life and the well being of their spouse.

Loka Sevanam Part 2

The solution we see for loka sevanam (service to the world) is to take up Hommam to Pratyangira Devi, given below.



Mahaprithyangardevi - Pratheyangira Devi image




The Sri Mahaprithyangardevi Temple is about 3 kilometers from the Uppliappan Temple in Kumbakonam. The deity of Prathyangira Devi is swayambu (came from earth, self born).

There are two sakthi soolini – these are Goddess Durga and Sri Prathyangira Devi; they are the wings of Lord Sarabheswarar (manifestation of Lord Shiva).

Prathyangira Devi is the main goddess of Atharva Vedam and she is also known as Artharvana Bhadra Kali, Atharvana Prathyagira Devi.

This place by name Ayyavadi was once known as Iwarpadi, and in later days it is known as Ayyavadi. According to legends, the 5 Pandavas visited this place, kept their weapons under a tree, worshipped Sri Pratiyangira Devi and went around in the forests. As the five Pandavas worshipped here, it is believed that the place was called as Aivar Padi which later changed as Ayyavadi.



Dried Chillies Offering for Sri Pratyangira Devi, Kumbakonam

Dried Chillies for Offering to Sri Pratyangira Devi

No Archana or Abhishekam is performed at this Temple. Homam is only performed on Amavasya and Pournami. The Homam is perfomed with Dried Red Chillies. Sri Pratyangira Devi Homam is performed for destruction of any negative forces.

All who seek to participate in Loka Sevanam – in this puja for world peace, please contact the undersigned giving name and details. You may contact us .

Thanks and Best Regards,
Sai Bharathi
Agasthya Astrologer
Puttaparthi


今ちなみにバラティさんは南アフリカで楽しくやってるみたいです。

すごい美しい国だ。君も来たらいいとかいって書いてよこしてました。

ライオンとか見てるのかなあ?

世界のためのプージャ

バラティさんから世界のためのプージャ?の案内が来ました。


アガスティアの葉の翻訳チームの人にざっと大雑把にに訳してもらいました。

専門用語だらけで完全にわけがわからないのですが、大体の雰囲気は伝わりますか?

バラティさんも一般の人がわかるように書かないと、ホントの専門家とはいえないですよね。(私の持論。笑)



では、以下に内容(日本語にざっと変換したものと原文)を貼り付けます。




火星の、アールッドラからプナルヴァスへの移動


オ−ム サイラム

世界の予言

サティアム ムーラム ジャガット:世界は真実に基づく。
長年、インドの貨幣には、[真実は常に勝利を収める]と言う文字を下部に書いてあるアショーカの柱が刷られています。
これは 指導者層にある人々にとって適切、且つ、ふさわしい言葉であり、政府、ビジネス、そして企業がいつもこの言葉を思い起こすためです。


ラーフとケートゥがアルタ(財産、そしてよく財政に関する意味の言葉)の特色を持った星々の間を運行、又はトランジットする時、我々は個人的レベルと世界的なスケールの金銭と財政的な事が中心になる時期であることが予測されます。

それは「ラーフは与え、ケートゥは取る」、交点と共に覚えられてなければいけません。

惑星、そしてチャヤ グラハスは全て「姿なき神」、プルシャのアムサです。

聖書の預言者からの言葉を借りると「主は与え、主は取り去る」ですが、神は、カルマの法則と(ラーフとケートゥの)交点の動きを通して、与え、取り去る中で、腐敗をあばきます。


8月の間、火星はかに座に移動し、減退するでしょう。

そして、金星はおとめ座に移動し、同様に減退します。

減退した火星は、どのような強さを持ってでも、土星に対抗する事ができないでしょう。

火星の強さは、土星が天秤座で高揚する時に弱まり、土星は支配者サニ・バット・ラーフとともにより力が強まっていくでしょう、ラーフは土星により多くの強さとエネルギーを与えます。


火星と金星が、現在のラーフ(金星はてんびん座を支配する)とケートゥ(火星はおひつじ座を支配する)の位置するサインの支配者である惑星です。

そして、現在のカーラシャルパヨーガ(*インド占星術におけるヨーガとは惑星屋ハウスが星座交換、コンジャクション、アスペクトなどによって結びつく事)の(ケトゥーとラーフの間の全ての惑星)影響により、沢山の人が機会を逃しているように感じるかもしれません。

アーディ アンマーワーシの月の新月は、祖先に関して意味深いものです。

それは2013年の8月6日に下降します。

その日は火曜日で、この日のナクシャットラはプシャミー です。
プシャミーは吉兆です。木星はプシュヤの神格を統括します。

プシャミーの支配者、土星 は、その日に月とアスペクトし、月は彼自身のサインであるかに座とトランジットするでしょう。

これは月が自分自身の宮から利益を得ることが出来るように、ピッタルタルパナ(先祖供養)を通して、先祖の崇拝をするのにとても縁起の良い日です


8月19日に火星が4つ目のパダであるかに座のプルナヴァスに移動します。
ここで、土星は完全なdristhi をかに座に投げかけ、減退した火星は対抗する事ができません。

問題は、実際は、リーダーと政治家の全ての信条に対する沢山の問題がある時期ですが、人々は彼らが得るためにエネルギーを費やされた、と感じるでしょう。

水に関する自然災害が危惧される時期でしょう。木星がふたご座のサイン(まだアルドラに座してる土星とラーフに加えて)と水の中で減退している火星の組み合わせは水に関する危険が危惧されるでしょう。


それに加えて、火星のアルダ(アルドラ)からプナルヴァスへのトランジットが挑戦の時期です。

それに全ての惑星がラーフとケートゥの交点の間にある時、カーラシャルパヨガ(陰険なものの時間)の期間です。

空、水、そして、政治、ビジネス、そして企業の世界にとっての事故、災害の可能性のある時期でしょう。

ラーフが他の惑星の方に移動している、この特別なカーラシャルパヨガの期間、世界的な変容を示唆しています。


私達は「世界は真実に基づく」と「Sathyameva Jayate(真実は常に勝利を収める)」と言う言葉について最初に書きましたが、真実を人生の基盤に置いてない者達は、困難、地位の喪失、突然の逆転等に直面するでしょう。

減退する火星とともにSani vat rahuは、真実の体現、サティアスワルーパによって生きてない者は、著しい危険性と損失に直面である時期を示しています。


今現在、ラーフはシュリブリハスパティがあるサインの支配者で、木星はアルドラにいて、彼の通例の精神的で哲学的追求からグルを離して、物質的な利益に集中しています。

木星は火星がいるプナルヴァスの支配者です。

木星は又プナルヴァスにいる水星の支配者です。

このことを完全に理解して処方箋を施すためには、ヴィムショッタリマハーダシャーとBhuktiが必要です。

詳細を知りたい方は、私達をご利用いただけます。必要な情報をお届けいたします。
サイバラティ




Transit of Mars Ardha to Purnavasu


AUM SRI SAI RAM
World Predictions

Sathyam moolam jagat: the Universe rests on Truth. For many years, Indian currency has the Ashok Pillar with Sathyameva Jayate – truth always triumphs – at the foot of the pillar.

It is meet and fitting for those in leadership positions – in government, business and enterprise to always remember this.

It is a time when Rahu and Ketu travel or transit through Artha quality stars — artha meaning wealth and often associated with finance — we can expect that on the personal level and on the national scale that money and financial matters will be forefront.

It should be remembered with the nodes,

“Rahu gives, Ketu takes”. The planets, and chhaya grahas, are all amsa of the Purusha, the formless divine.

The Divine, through the law of karma and the action of the nodes, Rahu and Ketu, to borrow from the Biblical Prophet, the Lord given and the Lord taketh away.

In the giving and taking, corruption is exposed.

During August, Mars will move into debilitation in Cancer.

And, Venus will move into debilitation in Virgo.

Mars in debilitation will be unable to oppose Saturn with any strength.

Strength will be low in a time when Vata Saturn, exalted in Libra, will be stronger still; with the rule Sani vat Rahu, Rahu will give even more strength and energy to Saturn.

Mars and Venus are the current dispositors of Rahu (Venus ruled Libra) and Ketu (Mars ruled Aries) And, with the current Kala Sarpa yoga in play (all of the planets between Ketu and Rahu) many may feel missing opportunities.


The New Moon in the month of Aadhi Amamvasi is significant for your ancestors.

It falls on August 6th 2013.

The day is Tuesday and the Nakshatra for this day is Pushyami.

Pushyami is auspicious.

Jupiter is the presiding deity of Pushya.

Saturn, the star lord of Pushyami, aspects the Moon on this day and Moon will be transiting in His own sign of Cancer.

It is a very auspicious day for veneration of ancestors through Pitr Tarpana as one will be able to gain through Moon being in its own house.


On August 19, Mars will move into Cancer in Purnavasu Nakshatra in 4th pada. Here, Saturn casts full dristhi to Cancer and debilitated Mars will be unable to oppose.

Problem is, people will feel their energy is spent for gain, when in fact, it is a time of lot of problems for leaders and politicians of all persuasions. It will be a time of natural disasters by water.

The combination of Jupiter in vata mithuna (Gemini) sign (along with Saturn and Rahu, still in Ardra) combined with Mars debilitated in water will mean that danger associated with water will be on the rise.

In addition to transit of Mars from Ardha nakshatra to Punuvarsu nakshatra being a time of challenge, it is also a time of Karla Sarpa Yoga (Serpent of Time) when all the planets are between the nodes, Rahu and Ketu.

It will be a time of accidents and disasters in the air, in water, and in the arena of politics, business and enterprise.

In this particular time of Kal Sarp yoga, Rahu is moving towards the other planets, indicating a time of global transformation.


As we began with “The universe rests on Truth” and sathyameva jayate, “Truth always triumphs”, those who do not make truth the foundation of their lives will likely experience difficulty, loss of position and sudden reversal.

Sani vat rahu with Mars debilitated indicates a time of significant risk and loss of face for those not living sathyaswarup, embodiments of truth.


At the present time, Rahu is dispositor of Sri Brihaspati – Jupiter in Ardha Nakshatra, taking Guru away from his customary spiritual and philosophical pursuits and focussing on material gains; Jupiter is dispositor of Mars in Punuvarsu.

Jupiter is also dispositor of Mercury in Purnuvarsu.

To fully understand and apply remedies for this, Vimshottari Mahadasa and Bhukti are needed.

To find details, we are available to supply needful information.

Thanks and Best Regards,

Sai Bharathi

Agasthya Astrologer

Puttaparthi




もしこれに関するプージャの計画があればお伝えします。
火星と土星とかの臨時プージャになるのかな?

あと、するとしたらラーフとケートゥ?




金融危機みたいな記述や水害の問題などはまあほんと、まさにってかんじですね。


これだけ出すのでぜひ実行(代行)してください。お金ださせてください!


とかいう、お金が余ってしょうがない方がいらっしゃいましたらご一報を。たぶん、実行を完全にするなら300〜500万くらいかな。たぶん。聞いてないからたぶんですけど。


世界と自分を同じように世話してる人、よろしくサクッとお願いしま〜す。


これは今までだと大規模プージャになってたタイプのやつだと思います。


しかし日にちが迫ってるっぽいので、

もしこれが臨時で行われるなら、一定額を決めて数日間だけ受付窓口あけて、参加の受付をするかも。



まあ世界になにが起きても、ここにこういうのを読みに来てるような人だったらいつも守られてるから結構大丈夫と思います。


でもだからといってよかったよかったとなるだけでも、それでもいいとは思うんですけど、

その先の、世界に対してポジティブに働きかけてポジティブなスパイラルを作る一端になりたいという欲求を、人は自然と思ってくるものなのかも?


1