マハーラヤアンマーワーサイプージャ(供養のプージャ)

今年もマハーラヤアンマーワーサイプージャの季節がやってきました。(最近は年2回とかやってたりしますけど)

 

亡くなった故人や先祖供養のためのプージャです。

 

供養を受ける方のお名前と亡くなった年月日、プージャを申し込まれる方との関係、プージャを申し込まれる方のナクシャットラ(バーススター)をおしらせください。

 

供養を受ける方が亡くなった年月日がわからない場合は分かる範囲で、もしくは無しでも大丈夫です。

プージャを申し込まれる方のナクシャットラ(バーススター)がわからない場合は生年月日と生まれた時間、生まれた場所(市くらいまで)をおしらせください。

 

実施日時は9月30日日本時間午前9時半〜午後9時半です。

これは一年の中でも供養するのに特に効果の高いタイミングです。

 

ホーマム(火の儀式)やタルパナ(水の儀式)などが行われます。

 

今回のプージャを行う場所はラーメーシュワラムです。

ハヌマーンがラーマのためにインドからスリランカへの橋をかけた場所です。

 

代金は供養を受けられる方お一人当たり27000円です。

供養を受けられる方がご夫婦の場合、ご夫婦お二人で38000円です。

 

 

お申し込みは下記リンクの商品購入ページからお願いいたします。
           ↓↓↓

 

 

バラティさんからの案内も下に貼っておきます。

AUM SRI SAI RAM

MAHALAYA AMAVASYA
17 – 30 September 2016

Mahalaya Amavasya is the no moon day in the Tamil month of Purattaasi and is considered highly auspicious for performing rituals to the dead like Shraddha and Tarpana. Mahalaya Patsam from September 17 to Amavasya on 30 Septembar, Utthram. The star-asterism is also auspicious to Lord Siva. Important rituals on the day include performing rites for dead ancestors in sacred Teerths and riverbanks and also taking a holy dip in sacred rivers and spots. This year, Mahalaya Amavasya puja will be conducted from 17 September to 30 September.


Mahalaya Amavasya – 17 – 30 September 2016

For period of 14 days pooja will be held at Rameswaram. Pooja will be conducted on each day till ammavasai (30 September 2016 – Friday) 

Interested persons and all people can contact us for doing tarpanam. This year we are doing tarpana  pooja at Rameswaram.

Devout Hindus perform holy bath in various scared rivers, seas and sacred ponds or Teerthams in Tamil Nadu. Thousands of Hindus take a holy dip and perform rites to the dead ancestors at Agni Theertham in Rameswaram, Thriveni Sangamam in Bhavani and Kannyakumari and various holy spots on the banks of Cauvery River.

Shradh (spiritual effort, spiritual activities) and pitr tarpana (rituals for the deceased in one’s family – maternal and paternal) is considered highly beneficial for the people participating.

 

 

 

Rituals

One important ritual in Hinduism is tarpana. Tarpana means “satisfying” or “satiating”. One acknowledges the debt one has to devas (gods), rishis (sages) and pitris (ancestral manes) and tries to satisfy them using this ritual. Just as gods are invoked in fire in a homam, pitris are invoked in water in this ritual, then held in the palm and released in a specific way conducive to freeing them.

One owes a lot to one’s parents and ancestors. In modern scientific terms, one owes all of one’s genetic characteristics to one’s parents and ancestors. Each ancestor is actually present in the person as a genetic characteristic. In karmic terms, one inherits some karmas of one’s parents and ancestors and each ancestor is actually present in the person as a karmic history and obligation for up to 7 generations. The latter approach obviously extends to many past lives and some karmic predisposition is inherited from the ancestors from a past life also, though they may not be related to one in this life.

By recalling the deceased ancestors with gratitude and trying to give them an emancipation, one is actually trying to free oneself from various karmic obligation that one has as a result of the rina (karmic debt) with several people. If death anniversary of ancestors are not known or forgotten then those Shraddhas can be performed on this Tithi. That’s why Amavasya Shraddha is also known as Sarvapitra Moksha Amavasya.

Two external spiritual sadhanas are particularly powerful, useful and recommended for every person desirous of fast spiritual progress:

Homam (fire ritual): Gods are invoked in fire and satisfied with offerings with mantras. In summary, a regular practice of this ritual increases the subtle fire burning inside one’s subtle body, burns various impediments to spiritual progress and gives clarity, focus and stability to the mind.

Tarpana (water ritual): Gods, sages and manes are invoked in water and satisfied with emancipation given to them. To summarise, a regular practice of this ritual increases the release of various karmic predispositions and weaknesses that are blocking one’s spiritual and material progress.

This year, Mahalaya Amavasya puja will be conducted on 30 September from 6AM to 6PM.

JUGEMテーマ:ネットショップ

先祖供養のプージャ

Om Sri Sai Ram
妊婦であることでさらに労働意欲が喪失してる松岡さわこです。。。
バラティさんに前々から言われていたんですけど、明日、10月12日に南インドで先祖供養のスペシャルプージャがあります。
ちょっと前にもあったと思うけど、どういうこと?とバラティさんに聞くと、
年に3回くらい、先祖供養にすごく適した日があって、前回もそういう日のうちの一日で、
明日のは2015年で一番いい日だということでした。
わたしはそういう最高の日は年に一回と思ってたのでなんかすでにわけわかりませんが、
前回のも供養にすごくいい日だったということで、情報不足ですみません。
いい日というのは、つまりはその日にプージャを実施すると非常に効果が高くなるということです。
明日の先祖供養のプージャに申し込みたい方は今日中に連絡くださればとり継ぎます。

供養を受けられる亡くなられた方お一人あたり38000円です。
亡くなられた方がご夫婦だとご夫婦で38000円です。

場所は南インドのババーニという聖地で、三つの水の流れが合流する場所です。

専門の僧侶が様々な儀式や護摩をお申込者それぞれに対して個別に行います。

お申し込みの際には、
◯お申込者のバーススター
(わからない場合は生年月日と生まれた時間、生まれた場所をお知らせください)

◯供養を受ける亡くなられた方のお名前と、亡くなられた年月日

◯お申込者の方と供養を受ける亡くなられた方とのご関係

を、お知らせください。亡くなられた年月日が不明の場合はお名前だけでも結構です。

供養はおひと方、もしくはご夫婦ごとに別々に丁寧に行われます。

↓これ、去年の案内で去年の情報なんですけどここから申し込んでいただいて結構です。
(今年はペットのプージャはナシです。すみません)
下に、今回のスペシャルな日の先祖供養の案内の原文も載せておきます。
詳細を知りたい方は目を通してみてください。

                                                         AUM SRI SAI RAM

MAHALAYA AMAVASYA 2015
12 October 2015

Mahalaya AmavasyaMahalaya Amavasya is the no moon day in the Tamil month of Purattaasi and is considered highly auspicious for performing rituals to the dead like Shraddha and Tarpana. Mahalaya Patsam from September 28 to Amavasya on 12 October, Hastham. The day is also auspicious to Lord Siva. Important rituals on the day include performing rites for dead ancestors in sacred Teerths and riverbanks and also taking a holy dip in sacred rivers and spots. This year, Mahalaya Amavasya puja will be conducted on 12 October 2015.


Mahalaya Amavasya – 12 October 2015

Devout Hindus perform holy bath in various scared rivers, seas and sacred ponds or Teerthams in Tamil Nadu. Thousands of Hindus take a holy dip and perform rites to the dead ancestors at Agni Theertham in Rameswaram, Thriveni Sangamam in Bhavani and Kannyakumari and various holy spots on the banks of Cauvery River

Shradh (spiritual effort, spiritual activities) and pitr tarpana (rituals for the deceased in one’s family – maternal and paternal) is considered highly beneficial for the people participating. 

srirameshawar

Rituals

One important ritual of Hinduism is tarpana. Tarpana means “satisfying” or “satiating”. One acknowledges the debt one has to devas (gods), rishis (sages) and pitris (ancestral manes) and tries to satisfy them using this ritual. Just as gods are invoked in fire in a homam, pitris are invoked in water in this ritual, then held in the palm and released in a specific way conducive to freeing them. 

One owes a lot to one’s parents and ancestors. In modern scientific terms, one owes all of one’s genetic characteristics to one’s parents and ancestors. Each ancestor is actually present in the person as a genetic characteristic. In karmic terms, one inherits some karmas of one’s parents and ancestors and each ancestor is actually present in the person as a karmic predisposition. The latter approach obviously extends to multiple lives and some karmic predisposition is inherited from the ancestors from a past life also, though they may not be related to one in this life. 

By recalling the deceased ancestors with gratitude and trying to give them an emancipation, one is actually trying to free oneself from various karmic predispositions that one has as a result of the rina (karmic debt) with several people. If death anniversary of ancestors are not known or forgotten then those Shraddhas can be performed on this Tithi. That’s why Amavasya Shraddha is also known as Sarvapitra Moksha Amavasya. 

Two external spiritual sadhanas are particularly powerful, useful and recommended for every person desirous of fast spiritual progress: 

Homam (fire ritual): Gods are invoked in fire and satisfied with offerings with mantras. In summary, a regular practice of this ritual increases the subtle fire burning inside one’s subtle body, burns various impediments to spiritual progress and gives clarity, focus and stability to the mind. 

Tarpana (water ritual): Gods, sages and manes are invoked in water and satisfied with emancipation given to them. To summarise, a regular practice of this ritual increases the release of various karmic predispositions and weaknesses that are blocking one’s spiritual and material progress. 

This year, Mahalaya Amavasya puja will be conducted on 12 October 2015 from 6AM to 6PM. If you wish to participate then please follow the steps below.

わたし自身、あまりにもやる気が出なくて今回の案内も放置しようかと思っていたのですが、

少し前に久しぶりに夢に死んだおばあちゃんが美しく幸せそうな様子で出てきたので、

やっぱこの時期、先祖との回路が開いてるのかなとという感じがしました。

なので、やっぱ必要な人がいたら申し込めるように、窓口だけでも開けとこうとご案内差し上げてる次第です。

(とはいっても申し込みリミットわずか数時間ですけど。)

インドとは少し時差があるので、日本時間の今日中(夜中の12時くらいまで)に必要な情報を添えて申し込んでいただけたら明日のプージャへの申し込み間に合うと思います。

よろしくお願いいたします。

サイラム

松岡さわこ(古野サワコ)

JUGEMテーマ:ネットショップ

8月14日に南インドの聖地ババーニで行われる先祖供養のプージャのご案内です。

先祖供養のプージャ。

8月13日中に申し込んでいただければ間に合うといういつもながらギリギリのお知らせなんですけど、
供養を受けられる亡くなられた方お一人あたり38000円です。
ご夫婦だとご夫婦で38000円です。

場所は南インドのババーニという聖地で、三つの水の流れが合流する場所です。

専門の僧侶が様々な儀式や護摩をお申込者それぞれに対して個別に行います。

お申し込みの際には、
◯お申込者のバーススター
(わからない場合は生年月日と生まれた時間、生まれた場所をお知らせください)

◯供養を受ける亡くなられた方のお名前と、亡くなられた年月日

◯お申込者の方と供養を受ける亡くなられた方とのご関係

を、お知らせください。亡くなられた年月日が不明の場合はお名前だけでも結構です。

供養はおひと方、もしくはご夫婦ごとに別々に丁寧に行われます。

メルマガを契約更新して案内を発行しようとしたらお盆休みでできず、
今回はほとんど案内できないままこの日を迎えてしまったという感じ。

さっきバラティさんからのこのプージャの詳細の英文をシェアしようとしたらそれも字が重なって変になったのでやめました。

こんなある意味狭き門?ですけど、縁を感じる方、ピンときた方はどうぞお申し込みください。
この時期はインドでも最も先祖供養に適した効果の高いタイミングです。
今年は次の新月の日である8月14日に行います。

お申込期限は8月13日中です。

これ、去年の案内で去年の情報なんですけどここから申し込んでいただいて結構です。
(今年はペットのプージャはナシです。すみません)

雨が降っています。

雨が降っています。

最近穏やかで、幸せだなあと思うことも多く、いまもそんな感じなのですが、仕事は進んでません。あれ〜?笑

ごめんなさい。


いまはこれを聞きながら仕事中です。




また、バラティさんからマハーラヤアンマーワーサイプージャの報告がごく簡単にですけど来ました。

sairam;
mahalaya ammavasai poojai went very beautiful,
so the people can enjoy the life,
aum sri sai ram,


無事に終了しましたとのことです。

お申しくださった方々ありがとうございます。
十分な効果をご本人も亡くなった方々も受け取られたことと思います。


手間を省くために終了後のプラサードなどの送付はしていないのですが、ご了承くださいませ。

今年もマハーラヤアンマーワーサイが終わった。。。

正直こんなに長くこのショップを続けるとは思ってませんでした。

始めたときは1〜2年で第2子妊娠と同時に終了のつもりで始めました。


それがもう4〜5年にもなろうとしてます。

それもまたいいか、とおもってます。

今後も無理なくゆるくしかやっていけないと思いますけど、そんなペースを尊重してくださってありがとうございます。

その意味ではここはあり得ないワンダーランド。

他ではこんなゆるゆるペースの現実はありえないですから。



ある意味マジカル。

リクエストなんですけど、たまにコメントいれてもらえると、私もここに遊びに来ようかなという気持ちが高まるので、

なんか適当にコメント入れたりしてください。笑

返事はしないかもしれないけど。


基本書きっ放し覚悟で。


マハーラヤアンマーワーサイプージャ締め切りました。

2014年9月23日実施のマハーラヤアンマーワーサイプージャのお申し込みを締め切りました。

申し込まれた方もそうでない方も、ありがとうございます。

ホントはもっとしっかり宣伝できたと思うんですけど宣伝を最小限レベルで行った結果、
対応もそれほどパニックになるほどの殺到具合ではなかったので対応するにあたって結果的には助かりました。

昨日もその前も朝出て終電で滞在先に帰宅という感じで対応の時間が少ししか取れなかったので。


明日23日はわたしはリチュアルヒーリング(儀式を通して葛藤をリリース)を自分で人に行えるようになるためのワークショップに行って来ます。

同時に自分も受けるのですけど、こちらとあちらの壁が薄れる明日9月23日にそれを受けるなんてなかなか効率良さそうです。

以前、このリチュアルヒーリングは単に受けただけのことはあります。

みんなこれでやる呼吸法とかも相まって、けっこう自我爆発レベルにすごいことになってたんですけど私は大して変わらなくてつまらなかった。

ゲリーボーネルにそう言ったら
「君は常にコントロールしてるからLSDをやっても効かないよ」とかいわれました。
たしかに、私、麻酔とかも効きにくい。

「ええ〜、私今まで何遍も人生で死ぬようなこと経験して来たんですけど」みたいに言ったら、
「それでもその時君はコントロールしていた」とか言われました。

それはそれでああそうか、と思ったし、
それが私のラストバリアーなのかなとも思いました。

この地球を去るチャンスにもやはり自分を手放さなかったので、また自分からここにこうやって戻って来てるわけだし。

しかしながらそういうわけなので、自分がリチュアルヒーリングを体感してすごいと思えてないので、それを人にやれるようになる明日のワークショップも受ける意味あるのかなと思わないこともなかったのですが、

今日、スクールの人たちにそういったらみんな私から受けたいとか言ってました。
人にやる人として良さそうと思ったらしく。

みんながそういうんだったらそうかもしれないのでとりあえず勉強して身につけて、希望する人には出来るようにして来ようかと思います。

何がいいんだか悪いんだか分かんないんですけど、
引き出しは多くても悪いことはないと思うので。

今日は数名でGBJのインストラクターコースのプレゼン練習をスクールでずっとしてました。

学ぶ立場、スクールに通う感じはやっぱり楽しいなと思います。

関係ないけど今日のお昼は三田の慶応大の学食に練習一緒にしてたみんなで食べにいきました。
味は。。。。。でしたけども。

構内に他にもよい食べる場所があるなら知ってる人は教えて。




マハーラヤアンマーワーサイプージャ

マハーラヤアンマーワーサイプージャお申し込みの方に今返信しています。

後1時間、今日の夜中で募集は締め切ります。

お申し込みはここからどうぞ。

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=80565028


間もなく閉め切ります。



※振込案内もしてますが、すでにお振込されてる場合はご容赦くださいませ。

マハーラヤアンマーワーサイプージャへのご質問

マハーラヤアンマーワーサイへのご質問をいただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは
先祖供養興味ありますが、嫁ぎ先の先祖て自分の先祖どちらが優先てしょうか?



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


インド占星術師バラティさんに聞いたところ、


her ancester only she has to prayer for them



とのことでした。


つまり、嫁ぎ先ではなく、自分の血筋の先祖のために祈るのが優先ということです。

インドなんか家父長制度バリバリなお国柄ですから、少し意外な気もしましたが、
なるほど脈々と受け継がれるDNA的観点から言うと直接の血の繋がりが優先されるんでしょうね。

ゲリーのスクールの概念では魂の転生とは別に、肉体そのものを成り立たせる霊みたいなものがあって、
そのスピリットも魂のような俯瞰の視点は持ち合わせないままに転生しながら進化していくらしく、
魂の転生はその都度自由に色んな国の色んな状況に生まれるそうなんですが、
スピリットの転生では主に似たDNAの似た肉体に宿るそうです。
つまり、同じ血族の中に繰り返し生まれて来る場合が多い。

だから私たちは実は2種類のラインの過去生を持ってて、
魂の過去生と、スピリットの過去生があって、今のこの人格はその2つのラインが交わったとこにある一度きりのもの、一度きりのコラボだということです。

どっちの転生ラインも今の自分を成り立たせる上で欠かせないもので、
今回の案内のような先祖供養はスピリットの方のラインへの視点と、それへの働きかけになります。


以上のようなことから、今回のマハーラヤアンマーワーサイのプージャを行うにあたって、
家父長制の強いインドでも、女性が供養をする場合は嫁ぎ先の祖先よりも自分自身の祖先を優先するようにという答えをもらって、インドを、と言うかインドのスピリチュアリズムを見直しました。

やっぱり、インドの霊性は実際のとこに基づいた、実際的なもの、霊性の科学なんだな〜、と。


あ、でも、自分でやった方がいいなと思ったときは嫁ぎ先の亡くなった方とか、直接血の繋がりのない近所の人とかに対して供養のプージャするのももちろん有りです。


私も気になる亡くなった知人とかには、自分のその気になる気持ちへのプージャだなこれはと思いつつ、あちこちでいろいろ今までやって来ました。


9月23日に実施の1年で一番効果的な先祖(や、亡くなった方への)供養のタイミング、
マハーラヤアンマーワーサイプージャへのお申し込みはこちらから
↓↓↓

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=80565028






※ちなみにバラティさんの英語、英語としてどうなんかは分かんないですけど(たぶん英語としてはすごいことになってる気がするんですけど)、文法がほとんど日本語のそれと同じなので私としてはわかりやすい。笑





ネットで拾ったババーニのトリベニサンガマムの画像。

去年とかプージャ実行したときの自分の写真でも持ってるはずなんだけど、どこにあるのか探しきれず。

マハーラヤアンマーワーサイ(南インドの聖地での吉祥の日の先祖供養)の受付開始します。

南インドでは2014年9月23日はマハーラヤアンマーワーサイと呼ばれ、1年でもっとも亡くなった方の供養に適した日です。

わたしたちはこの日に南インドのトリベニサンガマムという3つの水の流れの合流する聖地で先祖供養のプージャを行います。

これにはどなたでも申し込んでいただけます。

費用はお一人当たり38000円で、今回は供養を受ける亡くなられた方がご両親や祖父母などご夫婦の場合、ご夫婦お二人分をお一人分の料金で申し込んでいただけます。

亡くなったペットの場合は複数(個体数2〜3ほど)でも38000円のみで申し込んでいただけます。


以下、先祖供養のプージャのご案内詳細です。


AUM SRI SAI RAM

28 JAYA VARUDAM AGASTHIYAR YEAR-KALIYUGADI -5115
SARVA MAHALAYA AMMAVASAI TITHIDHARPANAM
サルヴァ マハーラヤアンマーワーサイ ティティタルパナム

〜サルヴァマハーラヤアンマーワーサイの日の先祖供養のプージャ〜



祖先、両親、動物たちなど、この地上を去ったどのような魂にでも祈願し、
トリヴェニサンガマム(3つの水の流れの合流する南インドの聖地)における
彼らのための供養のプージャをしてください。



日程は
2014年9月23日10:47am〜2014年9月24日00:27pmです。

我々聖職者のサービスはあなたの祖父母をより高い段階に上昇させるための強力な儀式とともに行われ、彼らをこの物質世界から解放することも行います。
さらに、我々聖職者のサービスは貴方が彼らの祝福を得る手助けも行います。


アンマーワーサイ(新月)は、『アンマーワース王』の名前に由来します。 ピットゥルローカは、月の観測されない側(裏側)にあるとされています。 この部分は、新月の日に太陽にさらされます。 自分の家族への呪い・恨みをうけてしまいますから、人は亡くなった祖先のためのこの儀式を行うことを決して無視してはいけません。


ヴィシュヌダルマシャーストラはアンマーワーサイが先祖3世代に儀式を行う日であると述べます。
父親のいない息子のみがタルパム(先祖供養)を行う資格があります。
亡くなった祖先たちは食料供給をもっぱら後継者(子孫など生きている人々)にのみ依存しています。



アンマーワーサイの日の供養を行うことで得られる恩恵
・アンマーワーサイの日の先祖供養の儀式は死の神ヤマの祝福を得ることを助けます。
・家族が悪運から守られ、障害が取り除かれます。
・亡くなった祖先の魂は満足するだけでなく解放(いわゆる成仏)を得ます。
・彼らは子供たちに長寿、光輝、優れた知性、富、成功と食物を与えます。


注:誰でも彼らの両親などに供養のプージャを行うことが出来ます。
我々のヴェーダ曰く、私たちはすべての(毎月の)アンマーワーサイ(新月の日)に祖先や両親や亡くなった人々に供養のプージャを行わなくてはなりません。
しかし全ての人々が全てのアンマーワーサイ(毎月の新月)の供養のプージャを行っているわけではありません。
もし彼らがこのサルヴァマハーラヤアンマーワーサイの日に供養のプージャを行ったならば、それは全てのアンマーワーサイの日の供養のプージャに参加することと等しくなります。

AUM SRI SAI RAM,
SAIBHARATHI




(以下原文)

AUM SRI SAI RAM

28 JAYA VARUDAM AGASTHIYAR YEAR-KALIYUGADI -5115
SARVA MAHALAYA AMMAVASAI TITHIDHARPANAM
 PRAY TO ANCESTER AND PARENTS, ANIMALS, ANY SOULS LEFT THIS EARTH YOU CAN GIVE TITHI AND DO POOJA FOR THEM AT TIRUVENI SANGAMAM.
THE DATE IS 23RDSEPTEMBER 2014 [10.47 AM] TO 24 SEP 2014 [0027 PM]
OUR PRIEST SERVICE COMES WITH A POWERFUL RITUAL TO ELEVATE YOUR GRAND PARENTS TO HIGHER PLANE AND ALSO RELIEVE THEM FROM THIS MATERIAL WORLD. MOREOVER OUR PRIEST SERVICE HELPS YOU TO OBTAIN THEIR BLESSINGS.
AMAVASYA (NEW MOON) IS DERIVED FROM THE NAME OF A ‘KING AMAVASU’. THE PITHRU LOKA IS SUPPOSED TO BE ON THE UNSEEN SIDE OF THE MOON. THIS PORTION GETS EXPOSED TO SUN ON THE NEW MOON DAYS. ONE SHOULD NEVER IGNORE TO PERFORM THIS RITUAL FOR THE DEPARTED ANCESTORS AS IT WOULD EARN THEIR CURSES ON ONE’S FAMILY. VISHNU DHARMA SHASTRA STATES THAT AMAVASYA IS THE DAY TO PERFORM RITUALS TO THREE ANCESTRAL GENERATIONS. ONLY FATHERLESS SONS ARE ELIGIBLE TO DO TARPANAM. THE DEPARTED FOREFATHERS ARE SOLELY DEPENDENT ON THEIR PROGENY TO FEED THEM.
BEBEFIT OF THE AMAVASYA DARPANAM:
AMAVASYA PITRU RITUAL HELPS TO GET THE BLESSINGS OF LORD YAMA.
THE FAMILY IS PROTECTED FROM BAD-FATE AND REMOVES OBSTACLES.
THE DECEASED ANCESTORS' SOULS NOT ONLY GET SATISFIED BUT ALSO GET RELIEF.
THEY BLESS THEIR CHILDREN WITH LONG LIFE, RADIANCE, SUPERIOR INTELLECT, WEALTH, SUCCESS AND PROVISIONS.

NOTE; ANYBODY CAN GIVE TITHI TO THEIRE PARENTS,
ACCORDING TO OUR VEDAS SAYS EVERY AMMAVASAI WE HAVE TO GIVE TITHI FOR OUR ANCHESTER AND PARENTS, DEADS PEOPLE .BUT SOME PEOPLE NOT GIVEN BY EVERY AMMAVASAI. IF THEY GIVEN TITHI BY THIS (SERVA MAHALAYA AMMAVASAI) IT IS EQUAL TO ALL AMMAVASAI THEY ATTEND THE TITHI.
AUM SRI SAI RAM,
SAIBHARATHI


訳注:ティティはこの場合、場所を選ばず出来る小さな先祖供養のプージャを意味します。
   タルパナムは川辺の聖地で大規模に行う先祖供養のプージャです。
   ピンダンは、亡くなった方へ供養する胡麻や米などの食料のことです。
   今回のマハーラヤアンマーワーサイでは1年分=12回分のティティの実行も含まれます。
   (一度に行われます)
   今回のマハーラヤアンマーワーサイは1年に1度の、先祖供養に最大の効果のある新月です。
   これは通常時の新月に比べ、数100倍の供養の効果があると言われています。
   今回依頼する僧侶たちは特に先祖供養を専門とするプロフェッショナルの僧侶たちです。
   
※「父親のいない息子のみがタルパム(先祖供養)を行う資格があります。 」
   ↑これは確認したところ、インド文化における言葉のあや、もしくは独特の表現で、
    実際は孫でも女性でも友人でもどなたでも行うことが出来ます。


代金は供養する方お一人につき38000円です。
今回は供養を受ける亡くなられた方がご両親や祖父母などご夫婦の場合、ご夫婦お二人分をお一人分の料金で申し込んでいただけます。


どなたでも申し込んでいただけます。

お申し込みの際に、
◯お申込者のお名前とバーススター
(わからない場合は生年月日と生まれた時間、生まれた場所をお知らせください)

◯供養を受ける亡くなられた方のお名前と、亡くなられた年月日

◯お申込者の方と供養を受ける亡くなられた方とのご関係

を、お知らせください。亡くなられた年月日が不明の場合はお名前だけでも結構です。

供養はおひと方、もしくはご夫婦ごとに別々に丁寧に行われます。

お申し込みは9月22日の日本時間の夜中12時までとさせていただきます。


お申し込みはこちらから
↓↓↓

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=80565028




代金の振込先の口座番号はこちらです。


三菱東京UFJ銀行 さんだ支店 普通 

0382592

フルノ サワコ


1年のうち、供養を行うのにもっとも効果の高いこの日のスペシャルプージャをどうぞご活用ください。



ありがとうございます。

サイラム
古野サワコ




おまけ:去年の当ブログでのマハーラヤアンマーワーサイの説明も、読み返してみるとなかなか面白かったので以下につけておきます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



どなたか亡くなったら、インドではその親族などが決まったいくつかの日に供養をするそうですね。

しかし何らかの理由でそれが行えない時にはこの特別なマハーラヤアンマーワーサイの日にさえプージャを行えば、それで全ての決められた日の供養を行ったと同じ十分な、亡くなった方への鎮魂の効果があるようです。

したがってこの新月は多くの魂の解脱のための新月としても知られているそうです。

どんな宗教の方でも、死後には後に別の世界(神々の世界、ワイクンタ、または神に融合)に行くとしてもまず祖先の世界にいることが多く、

この祖先の世界(父祖の世界)は父祖の神によって3つのグループがあって、
(VASU,ルッドラ(シヴァ)、アーディッテャ(太陽神))

これらの神々はわれわれの寄進を受け取って、われわれが供養したい人たちがどこにいてどんな姿をしていてもそこに届けてくれます。

この父祖の世界は月の裏側にあると考えられています。

この部分(月の裏側)は、新月の時に太陽にさらされます。

これは父祖の世界にいる亡くなった方たちにとって、われわれの概念で言うところのランチタイムとなります。

彼らは既に世界(地上)から去ったので、彼らの食事は彼らの子孫や後継者からの供物に依存しています。

この食事の供養はタルパナム(タルパム:先祖供養のプージャ)を通してなされます。

もしこのタルパムがなされなければ、父祖の神々はタルパムをさせるために男子の子孫を持てないように呪うと考えられています。

この吉祥の日に、私たちは南インドタミルナドルのババーニにあるトリベニサンガマム(3つの水の流れが合流する聖地)で父祖のタルパムを行います。

この日この場所でプージャを行う人は誰でも100倍の効果を受け取り、カルマの解消にもなるでしょう。

亡くなった祖先のために、動物のために、親戚や友人など縁のあったどなたのためにでも


この、マハーラヤアンマーワーサイの特別なプージャへの参加に興味がある方はどうぞご連絡ください。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

マハーラヤアンマーワーサイプージャ2014

1〜2週間後にまたマハーラヤアンマーワーサイプージャがありますので明日には申し込み者募集します。

マハーラヤアンマーワーサイプージャは亡くなった方への供養のプージャで、

1年で一番供養に適した日の適した時間帯に南インドのババーニのトリベニサンガマムという
3つの水の流れが合流する聖地で行われます。


供養に適したこのタイミングのこの機会をぜひご利用ください。

マハーラヤアンマーワーサイプージャ締め切りました。

結局、わたしもマハーラヤアンマーワーサイプージャを2口申し込みました。

自分の両方のおじいちゃんおばあちゃんたち合計5人分と、

(あっ!しまった。ペットの名前言うの忘れてた。でも猫とか多すぎて覚えていない。)



元だんなのお父さんの分を元ダンの名前で。


何回かすでに供養したんですけど、ラストスパート!?



向こうのお父さんに会ったとき、「しっかりたのみますよ」
とかいわれて、

「それは自分の息子に言ってくれ」と思ったんだけど、

一応そのように頼まれてたんだけど芳しくないので申し訳ない感じと、

まあなんかもういっぺんくらいやっといたほうがいいような気もして。


せっかく一生懸命働いて買った家や土地、亡くなったあとに現金化して諸経費を差し引いたまとまった額を、もとだんが何年か前に半分もらったらしいですけど、

(そのころは音信不通で放置され、コミュニケーションをとることを求めると「ごくつぶし」「死ね」などの大きい文字で書かれた珍しいメールをもらった。苦笑)

もう全部ないみたいだし。


気の毒といえば気の毒なもとだんのお父さん。



しかしいろいろ考えるんですけど、


一説によると、すべて私のせいらしい。


存在形態が女性としては強すぎるというような。



それと、もとダンが、霊媒体質という説もあり、


いろんなのに入り込まれて自分が失われる?



私もそういうとこあると思うんですけど、私の場合根本的にむちゃくちゃ強いものがあってどうにもこうにもならないくらい。

だから、最終的にはリカバリーできるかんじがあるんですけど。


元ダンはそこがちょっと弱くて、ちょっと大変ね、って感じ。


だから他人と交わるにつれてどんどん状態が落ちていく面があると思います。

わたしが元ダンにかかわりだしたころには彼はサラリーマンで働いてたけど人間関係が本当になくて、親族とも自分から縁を切ってて

友達づきあいも一人もしてなくて、

人付き合いしない度合いがすごいなって感じだったんですけど、

それは彼にとってある意味よくて、というのはほかの人の影響がなくて、心底空っぽの状態で、もうすぐ肉体さようなら〜って感じかな、と思いました。

都会にいながら洞窟にこもってるかのような。

彼は大きな病気したあとで器量も悪かったし、実際内臓も外側も具合がかなりよくなかったから
弱気にもなっててずっと女性ともかかわってなかった感じ?


なので、会社と、自閉症児の外出補助のボランティアをして、毎日ガヤトリーマントラと大断言をとなえている孤独で静かな日々を送っていた。


私も引きこもって自己浄化してましたけど、そういうのがプッタパルティで出会った?


何で結婚したかというといつもながら状況の観察と直感と、西洋占星術のチャートを見てなんですが、私はチャートは具体的には読めないけどチャートの図の雰囲気でああこれは結婚だなとおもって結婚したという。

いちおう関わる前にババにも自分の中で聞いたら彼はOkで安心していいということでした。


それが間違ってたとは思わないですが、

というのは自分が普通に結婚してもどうにもならないのはわかってたので。

普通に結婚することははじめから考えてなかったけど、

あるとき目の前に神から提示されたので検討の上理解し、採用した感じ。



ある意味自閉症児のような世界と切り離されててしかもものすごい濃い、まじり物のない状態のわたしには、空虚で世俗的で自閉症児になれてる彼はなかなか居心地がよかったんですよね。


あと、結婚することで解消されるカルマがあるのは感じていたし。



結局、全部関わる前に思ったように彼の変容のプロセスはすすんでますけど、

ただ、もっといくつも楽なパターンもあったとは思うんですけど、

なかなか厳しいバージョンにどんどん突き進んでいっちゃってるという。



ある意味私も通った道なので、わかりますけど、

ちょっとたいへんそうだけど、すみやかにうまく通過できればいいですねって感じでしょうか。





いちおうもう結婚する相手としてのカルマは終了してるっぽいので、

再び籍を入れることはないはずですけど、



もとだんはなんせ人間関係が驚異的に薄いので何かいても影響があまりない感じで書きやすいからついかきますけど、

いろんな人のいろんなかかわりや影響しあう感じがとっても不思議で、

やっぱり個人として独立してるというのは幻想なのかなという感じもします。


もとだんの場合自分に浄化作用が必要だということにまだ気がつけてないので、どんどん転落している感じ。


結婚後、もとだんは大体常に転落だったんですが、それは底をついて神との直接の絆を見出すためのものなんですけど、

たぶん1年半か2年後くらいには中心に神との絆を抱いていると思うけど、

そうするとその部分でつながれるようになるから、自分の子供にもついていけるかもしれないなと思います。

その必要もないのかもしれないけども。



でも自分で自分にどんどん雑音を入れて魂のささやきから逃避することで、そういうプロセスを拒否して進めないようにがんばってるし、

そういうのって、どれくらいキープできるのかな?



結婚後、彼の世界が壊れてばらばらになる一方で、肉体は先に再生して、すごく健康になりました。

相当若返ったし。


わたしはひとりでずっと子供の世話してたら二の腕も太くなってオバチャンになって相当ふけましたが。自分を省みるという形で自分に隙を作ることもできなかったし。


ひたすら、みんながよいところで大団円に至るように、集中していた。


そのサポートとしてもヴェーダチャンティングの存在はすばらしかったです。



ヴェーダからはいつも利益しかもらったことがないです。