不食の人

最近日本でも不食の人の情報を目にする機会が多くなって来ました。

今日見た記事。311の震災直後のインタビュー記事ですが。

http://magazine.alchimie8.com/mz/interview_akiyama01.html

不食のひとの記事。
わたしはどうも未だに、うまいペースで働けてないんですが、無理しない楽しむ働き方の参考にもなりました。

~人からアドバイスを受けた際に、そのアドバイスが、あなたの自由を広げるものか、あるいはあなたの自由を狭めるものか、考えるわけです。もし、そのアドバイスが自由を広げるものであれば、受け入れればいいでしょう。でも自由を制限するものであれば、受け入れる必要はありません~

と、いう、人からのアドバイスに関しても同感。

同じ内容のアドバイスでも発する人のバイブレーションみたいなものによってはこれ、受け取らなくてもいいな、と思ったり、受け取って活用したら自分を広げる力になるなと思ったり、

けっこう、アドバイスって内容じゃないことも多いですよね?
私はそんな気がします。

だから当ショップで扱ってるものやサービスにしても、それぞれの方がいいように活用していただくのが一番だとは思います。

むしろ活用する意図や意志のある方にのみ関わっていただきたいという気持ち。

というのはまあ、普通のショップと思って関わるとあまりにも変なとこも多いから。

今のところ、そういう活用力がめちゃくちゃ高いお客さんばかりなので助かるし感動してます。

私の働き方にしても、
かなりめちゃくちゃなので、

でも、めちゃくちゃはたぶん改善されないと最近はあきらめて来てます。
前は「もうちょっとちゃんとしないとな〜〜〜」ばかり思ってたんですが。

お客さんに救われ続けてるこのショップですけど、

あまりにもいつも「ごめんなさい」と思うことも多いので、
実務からは出来る限り離れて関わらないように心がけようと思います。
そこ、かなり弱いので。


具体的にはスタッフの方々に業務を分担してだいぶ気分的に楽にはなりました。
スタッフの方々はやはり慣れてる方が多いとはいえインドとのやり取りに発狂しそうになってるときもちょくちょくありますけど、
私は楽になった。

アリガトウゴザイマス〜〜〜

(私が誰よりもインド人ぽいということはすでにみんなにバレているのだろうか・・・)



もうひとつ情報、ヨガナンダの映画が出来てるみたいですね。

http://vegepples.net/2014/10/29/yogananda/




ヨガナンダって、今、すでに西洋人として生まれ変わってるって話も時々聞きますが。



この、キーシャって人は何となくちょっと好きなので貼っておきます。



今のこの地球にいるということが宝くじに当たったようなものだという話はよく聞きます。
今の地球を体験したい存在がすごく多いから、今地球は人口爆発してすごいことになってるとも。

たとえ短い人生だったとしても激ラッキーなんだそうです。


誰がしゃべってんのか分からないですけど、これも。




とりとめないですけど、近況として、最近ルーシーとかいう映画も見ました。
リュックベッソンもちょっと好きなので。

http://eiga.com/official/lucy/

暴力シーンもたくさんでて来るので特におすすめの映画とはいえないのですが、
覚醒の段階を扱った映画としてなかなか印象深かったです。
細かいところでああ、と思うとこも多かった。

※以下、もしかしたら微妙にネタバレかも。注意。




脳がどんどん覚醒していくにつれて超人になっていくんですけど、人間の感覚で観るとなかなか哀しい面もありました。

いくつか、ボーダーを超えていく様が私は孤独で寂しく感じました。

こちら側からあちら側へ、みたいな。
超えていくときはいつも一人なのかもしれないですね。

そういう、他者と共有できない絶望的な孤独を抱えて受け入れ、自分を開ききった時に、私たちは全てとつながれるのかもしれないなあと思います。

前世カフェ・ローデストン と 覚醒の定義

昨日、アメブロに心斎橋の前世カフェ・ローデストンの体験記事を書いたんですが、
http://ameblo.jp/premasaibaba/entry-11714254384.html


※たぶんオーナーさんが10年位前に突然前世がわかるようになった、その前からもともと普通にカフェをされてたと思うし、オーナーさんがこういうことをしてると知らない人は普通にサンドイッチとか食べるのに利用してると思います。
前世カフェともどこにも書いてないし。


FBにもリンクしたらコメントを書いてくださった方がいたのでその返信をこっちでもシェアしようかなと思います。

FBって登録なしで誰でも見れるわけではないのかもしれないからもらったコメント内容は割愛で。

コメント内容は自称覚者についてでした。
そう自分でいってる人は実は初期段階じゃないのかな〜っという内容。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Om Sri Sai Ram

Kさんコメントありがとうございます!
最近私はゲリーボーネルのスクールに通ってるんですけど、

そこでは、一般で覚醒といわれてるような自分が統合されるような感覚を伴う一時的な至高体験とかそういうのは自己覚知と呼ばれてて、覚醒の前段階とされています。

そのときになにが起こるかというと、今の人生のパラレル自己がすべてその瞬間に統合されて一点に集約される体験だそうです。

その次の段階としては、

その後日常の中で状態が上がったり下がったり、行きつ戻りつして、次第にその自己覚知の状態であるパーセンテージが増えていくらしく、

次に来るのはこれまでの過去生のすべてが統合される「覚醒」で、このときにはすべての過去生が今に集約されるので、前世カフェのオーナーさんみたいに一瞬のうちにすべてのこれまでの自分の過去の転生の情報が流れ込むみたいです。
また、以降は過去生でつちかった能力などもブロックなしで自由に使えるようになるそうです。

ゲリースクールではさらにあと2つの発展的状態が設定されていて、
覚醒の次は「光明」になります。

そうなると、同時多発的にいろんなとこに出現したりするようになるみたい。
(ただし、したければ?笑)

いわゆる、肉体を光に非物質化してアセンション!みたいなのは少なくともこの光明の段階以降の話みたいです。

そしてその次が「解放」と呼ばれる段階で、
魂は地球の何というかマトリックスに入ってくるときに、数々の転生を経て、予定通りすべてを体験しつくしたあとに迷わず(地球で得られる快楽や誘惑ですっかり自分を忘れてしまわず)安全に出て行けるように2つの魂がお互いにバディを組むそうなんですが、

そのバディも解消する状態が「解放」だそうな。

(GBJ系のFBつながりのみなさん〜わたしの理解が間違ってたらご指摘を)

ここしばらくゲリーさんの話を聞いたり本を読んだりしてて、
彼の話はアカシックレコードから彼が直接得た情報が基礎かもしれないけど、
なんだっけ、それこそパラマハンサヨガナンダとか、ババジとかのクリヤヨガの体系ともよく親和してるな?と思いました。
彼もクリアヨガをやってたおばあちゃんの影響で、クリアヨガやってたみたいです。

また、彼自身インドにもかなり縁が深いみたいで、OSHOのとこの話とか、アイアンガーのアシュラムにいたときの話とかしてました。
プッタパルティ(サティアサイババアシュラムのあるところ)に友人がたくさんいるよ、と、個人的にプッタパルティの話題が出ると毎回そのように話してます。

こういう、覚醒以降の光明とか解放とかって、私数年前に「ババジと18人のシッダ」という西洋人が執筆したクリアヨガ系の本で読んだような気がするんですが、
あの本はめちゃくちゃ面白くて興奮したんだけど、光明とかってなんだかよくわからなかった記憶があるんですが、
その本にもそれぞれの状態になるとどういうことが起こるかというのがいろいろ南インドのシッダや聖者の具体例を示しつつ書いてあって、

たとえば、ラーマリンガスワミが体が半透明になって陰ができない状態になてったので、ほかの一般人に気がつかれて騒がれないようにいつも頭から布をかぶってわざわざ影ができるようにしてたとか。

ゲリースクールに通うようになって、よくわからないことはそのつど質問できるので、あ、あのことか!?
と各段階の言葉とそれが示す各段階の状態とが少しずつ符合するようになって来てます。

ただし!

これらの段階の話はすべて肉体のスピリットの進化の段階の説明であって、
私たちの本質である魂はすでに最初から完成されてるのでそれ以上進化したりとかする必要はなんにもないそうです。

私たちは3つの要素の複合体としてコラボすることで地球上に生きる人間として機能していて、
魂、肉体のスピリット、この物理的な肉体
ということで、覚醒してない状態から覚醒したりさらに進化するのはこのうち肉体のスピリットに関する話だそうです。

だから、魂的には修行とかって爆笑不条理ギャグ以外の何ものでもないみたいですが、
肉体や肉体スピリットを訓練付け、方向付けるにはそのような鍛錬や解放ワークなどは有効みたいです。

なんか面白いですよね〜。
言葉の定義とか、いろんな人がいろんな風に言葉を使ってるから混乱したりもやもやしたりあるけど、そうやってだんだんみんなの共通認識が深まっていくんでしょうね。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



返信長すぎ?笑

しかもコメントに対して直接答えてないし。



私は前世カフェのオーナーさんとお会いして、

あ、覚醒してるんだな〜、と思ったんですが、

たぶんご本人はそういう文脈で生きてないかもしれないので
「なにいってるの、そんなんじゃないですよ」といわれるかもしれないですけど。


しかも私誰を見ても覚醒してるように見える傾向があるという。。。爆



この前世カフェには大阪在住のショップのお客さんや広島の木村さんに薦められて行ってみたんですけど、

木村さんが言うには、このオーナーさんはいいとか悪いとかの判断するんじゃなくて、もたらされた情報をそのまま伝えるというスタンスなので、自分とタイプが似てるとか何とか。

その意味ではゲリー関係者のアカシックレコード読みの人々とも通じるとこがありますね。

自分の判断を入れると情報がゆがむから。




自己覚知と覚醒

そういえば、何年か前にプッタパルティで物腰柔らかな美しい女性にヴェーダチャンティングを習いたいといわれ、

どうぞ、と、部屋に来てもらったことがありました。


でも彼女はしゃべりたいことがいっぱいあったみたいな感じで、ずっとしゃべってて、いつはじめられるかな〜、と思いながら聞いてたんですが、

結局何回か来たのかな?でもしゃべるのを聞いて終わった。


ババと夢の中でどういうやり取りがあってとか、彼女の体験談などを聞いていて、その中に、

覚醒体験があった。


話を聞いてると幼いころからもともと常人レベルをはるか超えたレベルの霊能力があった彼女だけど、

これまた一般人以上に華やかに物質世界でも活躍し、

その後あるときある場所である特殊な状況で至高体験となり、

自分のあらゆる過去生の記憶が瞬時にもたらされたと言っていました。


わたしはそれをへ〜とかいって聞いてたんですが、

今思えばゲリーのいうとこの自己覚知(これがスピリチュアル世界で覚醒とみなされるケースも多いです。もうもどれないチラ見みたいな。)の次の段階の、

覚醒の経験だったんだなと思います。

ゲリーのいうとこの覚醒ではすべての過去生と未来生が自分に統合されるので、すべて思い出し、その能力を使うこともできるようになると。


それを思うと、わたしの18年前の体験は単なる自己覚知にしてはちょっと激しすぎやしないか?と思ったりもしてたんですが、だっていきなり時空を超えてフルパワー全知全能状態だったから。

その点ではなるほど、単なる自己覚知だ。

自己覚知では「この人生」の平行次元がすべてまとまって統合された状態らしいので。

そのときわたしはようやくたどりついた感があったのだけど、
あと、すべてはこの瞬間のために完璧に用意されていた、仕組まれていたことだったんだなみたいな感じとか。

今までの人生のあらゆる場面が瞬時にフラッシュバックしてすべてのつじつまがあったみたいな。

でもそれはあくまでこの人生限定でした。瞬時に起こったフラッシュバックや人生の各場面への理解や気づきなども。

この人生の、あらゆる局面が、

ああ〜、ぜんぶこの瞬間につながっていたんだ、なるほど、してやられたな〜、という。



なるほど、自己覚知の次の覚醒となると、それがすべての過去生未来生レベルで起こるのか。

こりゃゆかい。


ゲリーは覚醒して、もしかしたらその次くらいいってるっぽいけど、

この今の地球の状態ではほとんど覚醒が精一杯みたいです。


たぶん、その先に行くには地球に存在している限り、人類としての集合意識を浄化しないとなっかなか進めないんじゃないのかな。

先にすすんだ人もいると思うけど、相当力わざだったように思います。


オーロビンドも書いてたと思うけど、

人類の集合意識を浄化しないことにはこれ以上は難しい、みたいな。


だから今の地球ではよっぽどめちゃくちゃがんばっても覚醒どまりが多いみたいですよね?

いちおうゲリー分類ではざっくりあと2段階あるみたい。


ヒューレン博士とかRKさんでしたっけ、ホ・オポノポノの中心人物。
ああゆう人たちは覚醒してるのかどうか知らないけど、

記憶のクリーニングがいつまでたっても終わらないと言っていた。

これは人類の(地球存在の?)積み重なった記憶、またの名をカルマと言ってもいいんだろうか、
ですよね。

だからああゆう人たちは終わりが見えなくとも常に記憶を消去し続けて人類意識をクリーニングし続けていて。


早く終わるといいですね!

できればできるだけ穏やかな形で。


そんで、すべての人がそのようにクリーニングに努めたならきっとすぐに終わるんでしょう。

一人ひとりが自分の中を通してお掃除ですね。

掃除できたらそれをキープですね。


ムージは好みではないのだけれど。(覚醒はまったく実現可能)

ムージは好みではないのだけれど、これはけっこう面白かった。




Men and Women. Women and Men.





僕はあなたのために言う。
僕はあなたの確信なんだ。
僕はあなたが確信した時の状態。
(9分あたり)

「永遠に自由」より
1