そもそもどうしてこの仕事を始めたのか。その1

そもそも、わたしがどうしてこの、インド占星術のネットショップの仕事を始めたのか、初心に戻って思い出してみようと思います。

 

始めたのは、2010年だったと思います。

 

当時を思い出すと、結構大変だったので未浄化の感情が動きますね、早速!涙!

これだけ動くということはやっぱりぜんぜんまだ未浄化なのですね。。。

 

こりゃたいへんだ。。。

 

まあ、気を取り直して。。

 

インドに長期滞在を始めたのは2006年で、そのとき、2002年からの怒涛の最初の結婚生活がちょっと落ち着いたかのように見えたときだったんですよね。

 

ううう、思い出すと大変すぎる。未浄化ですねーーー。。。

 

どっから手をつけたらいいんだろうかー。

 

 

ずっと大変で、ずっとハイライト。笑

 

最初の結婚前は、数年間の霊的大混乱時代で、その前は暴力彼氏のDV時代。笑

 

そう、その前、その前は、インドに行って世界がひっくり返って訳が分からなくなったときで、

一応そこが今の人生の起点となってる感があります。

 

そのときに、わたしはいっぺん死んで、同じ肉体に転生したんだなと思ったので。

 

でも以前の記憶があるので、混乱したんですね。

 

本当に別の肉体に赤ちゃんとして転生したら、混乱しないように余計な概念的なものはきれいにリセットされて、生まれた環境からインストールし直しますもんね。

 

それで、自分のそれまでの概念を壊すために、わたしの魂はDV彼氏を利用したんだと思います。

自分を壊すために。

 

霊的混乱時代は、更地に新しく自分自身を建設していく時期で、

 

それがある種の完成を見たので、また世界と関わるために(それまで自分に集中するために家から出ず、半年こもってました)最初の結婚をしました。

 

結婚した相手は、いい意味で空っぽな人で、中身しかないみたいな状態だったわたしとは相性が良かったです。

 

でもわたしと関わることで彼はわたしが通ったプロセスを追って通ることになってそうと思ってたので、

わたしと結婚したら持ってるもの全部壊れて失うよと予言してたんですが、

社会的にはめっちゃその通りになって、(為替や先物のディーラーだったんですが、結婚直後に多額の損失連発)

 

でも、それまでの全てを失うと同時に彼の生命力は復活して、かなり病気持ちだったのがすごく健康になりました。

 

しかし、結婚した訳ですから、予想してたとはいえ、ちょっと大変ですよね、わたしも。

実際は具体的にはわたしは大変じゃなかったんですが、気分的に旦那さんに全く頼れない状況。

子供もさっさと生まれて、(それがわたしにとって、かなり結婚の目的でした)

やっぱ初めてのことだし、あわあわして、

いろんなことに潰されそうな気分にもなり、同時にいろいろ発展もしたんですが、

子供を自分一人で抱え込んでる気分になってて、それが大変で、頼れなくて、そんな自分で自分を支える必要性もあって、

ヴェーダチャンティングに飛びついた面もあったかもしれません。

ヴェーダチャンティングとそれをしているときの自分のバイブレーションにものすごい安定感を感じたので。

 

ヴェーダは非常に男性性の強いものだと思うので、当時の、壊滅状態になっただんなさんに頼れなかったわたしには、そういうもの(ヴェーダのバイブレーション)を取り込むことで、会得した男性性に内側から支えられたんだと思います。子供という負荷も抱えてたのでスパルタ霊性修行ですよね。

そういうマッスルムキムキになりました。

 

で、ある程度ヴェーダも習って、サイセンターで教えてと言われて教えることも始めたりして、子供と一緒に沖縄などあちこち放浪してたんですが、当時のだんなさんのいる横浜に戻ることになり、彼も仕事もある程度安定してきたようにも思え、

わたしもおとなしくそこで過ごせたら良かったかもしれないけど、そうは問屋がおろさず、

 

天の声は籍を外して長期でインドに来るように再三呼びかけてきて、

無視できなくなって実行しました。

 

そのとき、同時に、アフィリエイト的なこともするように言われてたんですけど、

なんかよくわかんないし、

最初のだんなさんからは毎月決まった額を仕送りしてもらうことになってたので、自分はお金を稼ぐことはどっちかというとしたくなかったです。

 

なので、自分のために新たにインド滞在日記のブログだけ開設して(それまでやってた3つのブログと1つのHPは閉じたと思います)

 

インドではサイババを追っかけることと、さらにヴェーダを学ぶことに集中しました。

 

やはり、お金に関わらないことが清い、お金から超越して距離を置いてることが尊いみたいな感覚はあったと思います。

それは、母がずっと専業主婦で、彼女はいろいろ才能があって資格など(調理師や療術師など)も取りまくってたのに、そして実家の財政は楽ではなかったのに(弟4人中3人が同時期に私大に行った)プライドを持ってお金を稼ごうとしなかった、その母の姿勢や価値観を絶対的に素晴らしいと思いたい、子供の心がわたしにあったのじゃないかなと思います。

言い換えれば、そのときにもまだ母に気に入られたかったというか。

 

それまで、自分の仕事でお金を得たことがなかったわけではなかったです。

絵を描いてたし、時々売れていたので。

 

でも、基本は、誰かに養ってもらって、仕事は完全に道楽として行いたかった。安全地帯の自分を保ちながら、自分の仕事をしたかったというのがあります。

 

お金に関する必死さ、それを目的とする感じを、下品なものとして嫌悪していたのだと思います。

 

ゆったりやってたら収入になっちゃったわー、と、余裕をかますポーズを保ちたかった。

誰かに丸ごと養われて、何も考えず満ち足りた様子で、ゆったり生きていたかった。

 

 

でも、インドに住み始めて数年後に、アフィリエイターの知り合いができて、ネットショップをやるなら手伝うと言われ、

いよいよ逃げられないのだなと覚悟を決めました。

 

それまでに、インドでの子供の学校の件でかなり精神的に追い詰められていて、

もちろん子供にはいい教育を受けさせて、素敵な大人になってほしいという思いがあったんですが、

インドの片田舎で、なんのツテもない財産もない外国人の身分でそれをするのはすごく難しい状況でした。

 

あらゆる手を使って、力のありそうな人々に懇願しに行きまくっても、だめでした。

こうなったら後がない、と、提示された裏の手を使おうとも頑張りましたが、お金と希望を失っただけでした。

 

絶望的で、でも子供のことなので投げ出すわけにもいかず、でも万策尽きてお手上げで、途方にくれた、そういうタイミングで、藁にもすがる思いでインド占星術師のバラティさんの鑑定を受けてみました。

 

自分が勝手にやっていたこととはいえ、英語もろくにできない自分が子供を抱えて過酷なインド暮らしで一人ぼっちで奔走していて(その頃には最初のだんなさんとは音信不通。なんとかコンタクトを取ろうとがんばったら死ねとメールが来て、生きてたと知ってホッとした、みたいな状況で。)、子供を大事に思うのに子供に十分なことができてない自責と焦りの状況で、相当神経が張り詰めていたので、自分のことを話すだけでもうめそめそで。

 

その鑑定の中で、バラティさんが「サイババがあなたと話したがってる」みたいなことを言ったんですね。

私はそれまで直接サイババと喋ったことも触ったこともないまま10年以上経ってて、えー今更そんなことが?と思ってたんですが、

その数日後に偶然な感じで(という形の必然か)、私はサイババと直接言葉を交わし、私も子供もパダナマスカールをすることになりました。

 

それで、バラティさん、すごい、と思ったというのがあります。

 

それと、勧められた土星のプージャをした、その翌日かなんかくらいに、父が演奏依頼を受けて、母を伴ってインドに、プッタパルティに来ることになりました。

インドに子供を連れて住み始めて数年、私が来てほしいといくら望んでも、子供の父親も、自分の両親もいっぺんも会いに来てくれないことにわたしは孤独感を深めていたのですが、(子供の父親も、両親も、それまでにプッタパルティに来たこと有り)このことによって、その孤独感がかなり和らぎました。

 

このことは、プージャの凄さを体感した経験の一つです。

 

なにより、鑑定やプージャによって、私の気持ちがかなり救われました。

 

子供の学校に関する、具体的な状況は変わらなかったのだけど。

 

それは、言ってみれば変えられることと、変えられないことが、あるのだと思います。

その奥には、すべてが変更可能な世界もあるとは思いますが、外側に変えたいことがあるときにはその世界は現れてこないのだと思います。

 

そういうことがあって、バラティさんの鑑定やプージャの良さというのを自分が体感して、人にも勧めるようになったり、そのうち頼まれて鑑定に同伴して通訳らしきことをするようになったりということが続きました。

 

それが、頻度が上がってきて、ちょっと大変だなと思うようになってきて、ボランティアの範疇を超えてきたと感じたので、よく知らない人とかからの希望があれば同伴するけど、お金もとるようにしました。

 

そのころ、バラティさんに、許可を得て、ネットショップも立ち上げてみました。

 

まだそのころは、最初のだんなさんのお金で生活してました。

だから、完全に趣味と知らない世界を覗いてみたいという興味の気分で立ち上げたネットショップでした。

 

でも心配はしていなかったものの(私はお金の心配をするセンサーが壊れてるかもです)ちょうど、最初のだんなさんからの仕送りがなくなるタイミングだったのかもしれません。

 

わたしは完全に養ってもらってる限り、最初のだんなさんとの縁は切れないと思ってて、嫌いで離婚したわけではなかったので、むしろ離婚したくなかったし、最初のだんなさんのプロセスが進んで、一人でくぐり抜ける段階を超えたらまた再開してまたわたしと再婚するんじゃないか、また同じ人と再婚したいと思ってました。

だから離婚したという意識は限りなく薄かったし、あんまり離婚したつもりはなかったです。

 

仕送りしてもらってインドに滞在できることはすごくラッキーだと思ってたし、そのうち、最初のだんなさんもインドに来て合流できると思ってました。

そして、天国のようなプッタパルティでカルマの重さのない神聖な家族関係を体現できたら、日本に戻って、それこそ長野にでも住んで、家族揃ってずっと楽しく暮らせると思っていました。

 

いつものごとく、とてつもなく長くなってきたので 

 

つづく。。。

JUGEMテーマ:ネットショップ

眠れず考えたこと

もうすぐ4時。

 

珍しく、なんか今日は眠れませんでした。

 

スペシャルプージャで気が立っているとかもあるかもです。

 

やっぱりこういうのって、地球がやばいとかそういう情報付きで関わるのですごい疲れるんだと思います。

個人的には、これから色々あるのかないのかわかりませんけど、地球は良くなるばっかりだと私は思っています。

 

まあ、地球がやばいとかいう情報がいいとか悪いとかじゃないんですが。アガスティアの葉でもそうですよね。

最悪のコースの未来をまず教えてくれて、カルマの解消をしたら今度は逆に最高コースはこういう可能性があるよというところを教えてくれる。

 

あれはよくできたシステムだと思います!

そうして効果も高い。

なので私はその手の自分のを今まで10回くらい見て、すべてのカルマの解消を実行しました。

(お金つぎ込んでますよ〜!)

 

ていうか、カルマの解消の凄さを初回に実感したものだから、その後は人生を改善するためのカルマの解消は何をしたらいいのか、それを知りたくてああゆうアガスティアの葉のたぐいを見てました。

だからカルマの解消をするために開けてたので、予言の内容は二の次でした。

だってどうせ見るたび変わるし。とくにカルマの解消したら。

 

そのうち、そのシステムで起きる自分の変化は全部終わった感じがしたのでもう見るのをやめましたが。

 

関係ないけど、赤ちゃんはかわいいですね。

 

良く寝てます。

 

 

寝れないまま考えたのはやっぱ、自分の仕事の仕方とか、自分が本当にやりたいことをやってるのかとか、うだうだ。

 

在り方についてです。

 

考える必要もなく流れのままにとなっていいのかもですけど、

その設定があやふやですっきりしてないです。

 

でもその時その時いいと思うことを精一杯実行していこうと思います。

 

おわり。笑

ただいま私は息切れ中?シフト中?のようです。

Om Sri Sai Ram

 

なんか息切れ中?シフト中?の松岡佐和です。

 

ムンバイに数日間行くかもという可能性があったので(リコネクションを行える資格認定のため)ちょっとテンパっていましたが、それがなくなり、今は中1の息子1が年末年始インドに来るための手配にちょっとテンパってました。笑

 

インドの通貨危機はまだ続いていまして、街中の外貨両替などは復活してきてるみたいですが、ATMなんかはまだほとんど閉まったままです。

銀行にも現金がある時とない時があって、ある時には2000ルピーとか5000ルピーとか上限付きで引き出すことはできています。

 

個人的には特に困ったことはないのですが、なんかあれこれやらなきゃとテンパってて、心身ともに混乱気味だったこともあり、思い立ってアシュラムの中に移って一ヶ月ほど過ごすことにしました。

 

アシュラムの中の滞在はやっぱ平安です。。。アシュラムはいいですね。。。

日々思うことなどいっぱいあって、ブログに書きたいなーと思うのですが書く時間がなかなか取れなくて残念です。

JUGEMテーマ:つぶやき。

近況です。&アルクトゥルス?の巨大母船の夢を見ました。

Om Sri Sai Ram

 

ようやく!!!ですが、注文を頂いた時にヤフーにも注文メールを飛ばす設定をしました。

とりあえずこれで、ショップからの注文メールがホットメールに届かなくて見落とすということは激減するかと。

 

で、今も確認してみましたが新規にまた届いてないのがありました。。。

今までの未着のもまだ全部対応してないのですが、今更かもしれませんが順次対応させていただきます。

すみません。

 

プッタパルティはそれほど暑くもなく、寒くもなくとても過ごしやすい感じです。

でもそんな気候の中にいると、夜にちょっと涼しかったりしたらすぐに風邪が流行ります。

 

私は基本的に風邪をひかないんですが今回はひきました。

 

そんなにひどくはなかったんですが、頭痛と微熱(測ってないからよくわからないけど微熱かと)と食欲減退で2日ほど寝てました。

 

今回のは純粋に浄化効果が高かったなーと思います。

 

具合が悪くて食欲が落ちたのでなかなか落ちなかった産後太りの体重もちょっと落ちました!笑

 

 

思いがけず仕事も一気にペースダウンしてしまいましたが、

徐々にまた復活していきます。

 

今朝は巨大なUFOの夢を見て、さらに、そこに乗ってる人たちが降りてきて、話がしたいというのでその席に行く準備をしてる夢でした。

 

UFO、超巨大でした!

 

UFOは昔実際に見たことが一度だけあって、そのタイプに似てるのかも?

アルクトゥルス?かどっかのUFOだったと思います。(誰かに聞いた。山本千春さんでしたっけ)

 

よくわかんないですが、アルクトゥルスで検索して出てきたのを貼っておきます。

http://ameblo.jp/luceviva/entry-12133418247.html

しかし今回のインドの通貨危機は結構長いです。。。

JUGEMテーマ:つぶやき。

近況&仕事の進捗状況

書くネタは山ほどあるのですが、わたしの時間が限られているため、ブログとかに出せるのはほんとそのごく一部になって、しかも結局どうしても適当なかんじになりますよねー。

もったいない気もしますけど。

 

とりあえずいただくお問い合わせや注文に対応するので結構いっぱいいっぱいですが、なるべくそっちが抜けないようにがんばってます。

(けっこう抜けてるので、気軽に「あの件、どうなってますか?」とお問い合わせください。そのままフェードアウトもよくあるので。。。パンチャローハムルガン神像とシュリサイチャクラムのヤントラの件はまだちゃんとわたしの頭の中にあって進行中です。)

 

ほんと、時間が一番何より貴重だなと思います。

 

仕事の進捗をプライバシーに配慮しながらここでも書いてますけど、それはわたしが自分で確認して忘れないためでもあり〜。。

 

最近ではお問い合わせがあったので調べてみると、スダルシャナホーマムの原価が爆上げしていてちょっとショック。

でももともと内容に対してある意味破格値と言えなくもなかったので、適正かも。

 

最近のインドの突然の旧高額紙幣の使用不可によってマーケットも多少混乱してるみたいで、

注文頂いたハヌマーンの5面の神像もデリーからとりあえずハンピの取引先のお店に取り寄せてるんですが遅延中。

 

プージャ関連は、通常プージャも一部しかショップでは案内できてない状況なのでもうちょっと表に出していくか。。。

というのと、アガスティアの葉関係のプージャも全然出せてないですよね。

 

今日こういうお問い合わせもいただきました。

 

「マントラで小さくても、私にあうヤントラがあれば お値段の事もありますが、小さくても、良いのがありますでしょうか?インドの生活のブログ楽しみです」

 

ありがとうございます!

 

このようにお返事差し上げました。

 

Om Sri Sai Ram

 

I 様

 

基本的に当ショップで扱ってるのは大きいヤントラなのです。

もしくは、小さくてもしっかりした品質で、そこそこ値の張るものです。

安くて小さい、そこらの土産物屋の店先で売っていて、誰でも買えるようなものもあるのですが、

そういうものは自分の好みとしても扱いたくないというのがありまして。

礼拝用のヤントラだとやはりそこそこ良い、ヤントラ自体からの生命力が感じられるものが私は好みなのですね。

 

そして、べつに礼拝用でなくてもよい、というのでしたら、以前問い合わせされたシュリチャクラのお守りもとても良いかと思います。

あれは円筒形のシルバーケースの中にプージャ済みの小さいヤントラが入っているもので、身につけて使用します。

わたしも以前2年以上身につけていましたが、ものすごくサポート力を感じました。

けっこうすごかったです。

そして無骨なのか洗練されてるのかよくわからないようなデザインも個人的に非常に好ましかったです。

 

礼拝用でしたら小さいガネーシャとかはかわいくていいですよ。 

うちはインドからの送料がかかっちゃうのでそんなに安くはならないのですが、予算を伺って見つくろってみることもできます。

でもやはり最低でも送料、プージャ代込みで1万円くらいからですかね。

 

ありがとうございます。 

 

サイラム

松岡佐和

 

 

最終的にこの方はシュリチャクラのお守りを購入されることに決められましたが、

ちなみにちっちゃいガネーシャとか、普通は基本的に扱ってません。

このお客さんはいろいろリピートしまくりのお客さんなので半分知人感覚になってて、ちっさいガネーシャ像は半分趣味での提案でした。

 

ヤントラとか、5000円とか1万円以下でないですか?と聞かれることも少なくないのですが、もちろんできないこともないのですが、現物を扱うタイプの細かい仕事をしだすと時間がかかる一方で自分の生活的にも回らなくなってくることもあり、やりすぎると自分が大変になって仕事を楽しめなくなってきて、それは本意ではないため、基本的にお断りしています。

 

自分の生活の質が下がると続かないですから。

 

なので路線としてははっきり言って高級路線ですが、

自分自身が仕事を通して触れることでもときめくものを今後も扱っていこうと思います。

 

ですから今後も当分はマンツーマン対応で、規模拡大することはないかもしれないですけど、マイペースで細々と楽しんで続けていこうと思います。

 

いつも応援・ご利用ありがとうございます✨

 

チェンナイからのセバダルが毎日描く吉祥の絵。。
照り焼きハンバーグ定食@桜
つるりとした赤ん坊。
わたし。微妙にアプリ使用。笑
今日はチトラバティロードの日本食カフェ「桜」でPCお仕事してました。

JUGEMテーマ:ネットショップ

久々の対面鑑定

今日はこのあと、久々にバラティさんに予約を入れて代理の対面鑑定です。

例の9万円鑑定。

 

直接聞き書きってかなり集中力を要するし、自分に無理のないよう、1ヶ月に2組くらいのペースでやってみようと思います。

 

今月はあと1組受付可能です。

(組、っていうのは、一度受け付けたらその人の知人や家族の追加鑑定があれば1人8万円で随時受け付けるので)

 

今まで自分の暮らしではあまり使わないようなビジネス系?単語での質問をたくさんいただいたので、ちょっとチベッタンレストランでなんか飲みながら翻訳準備します。

 

2010年くらいに同じように鑑定代行してた時は、やっぱりビジネス系の鑑定内容もそこそこありましたが、

どっちかというとディープスピリチュアル系の内容の方が多かったかも。

どっちかというと現実と完全に乖離してそうな感じのパターンもちらほらと。

 

でも現実世界とスピリチュアルとが程よくバランスが取れててさらにギャップがないのがいいですよね。

そうなっていくしかないように思います。

 

わたしは多分男性性が強くて、

ゲリーにも言われたように過去生では成功した実業家だったとかなんとか。

働き過ぎでバランス取れないまま死んじゃったそうなんですが。笑?

だから今生では仕事で発展することを躊躇してビビってるとこがあるそうな。

 

今後はそういうビビリも外してサクサク進んでいこうと思います。

クンバコーナムの町中を(バラティさんの子分が)探し回り、ダクシナムルティの素敵なパンチャローハ神像がでてきました。
これは希望するお客さんの条件に合わないので購入には至らないと思うんですが、かなりいいですね。
でもダクシナムルティって、適当に礼拝しちゃよくないみたいなので、
一般人向けではないです。
生真面目に修行するひと向けなので下手に手を出さない方がいいかも。
逆に我こそはと思う方がいたら連絡ください。
問い合わせのあったお客さんの購入の意思を確認して、その方が見送りの場合は購入権を回せます。
かなりレア神像です。

JUGEMテーマ:ネットショップ

 

ごたごたを整理整頓、、、しなければ現実もごたごた。

Om Sri Sai Ram

 

前の記事でも書きましたが、

 

http://premasai.jugem.jp/?eid=2725

 

ほんま、だんなさん、どんくさいというか、不注意がすごいんで、現実をあえて見ずに50過ぎまで生きてきたとも言えるかもしれないですが。

 

節約が生きがいってかんじで。

それで、大きな目で見たら逆に損してることいっぱいあるように私には思えるんですが、

とにかく全体を見るのが苦手っぽい。

全体を見ないってことは細かいとこも結局見てないの。

 

そして全てを先送りにするという。

その結果全てが遅延する。

で、余計なお金がかかったりする。笑

 

今回私の名前を間違えてチケット購入して、

そういう雑なとこ、責めるわけじゃないけど、

わたしは結構神経質なところがあるので、耐え難くて。

 

なので、イラっとしたら遠慮なく全部伝えて言うことにしてます。

わたし、ものすごいしゃべってます。

毎日喋って、説明して、喋って、説明して。

すっごいたくさんのこと言ってますけど、0、5割も耳に入ってるかどうか。

 

でも数で圧倒じゃないけど、言いまくってます。

 

まな板使ったらすぐに洗って。とか、そういうレベルから。何度も何度もなんどもなんども言ってます。

 

 

セラピー代、くれなさい!笑

 

とにかく、わたしを怒らせないこと、自分が怒られないことがだんなさんの行動基準になってるらしいです。

そういうのってどうなん?と思いますけど、

 

なんかもうなんでもいいや。

 

 

インドはなんとかいけそうです。

 

わたしの心の実家よ。。。実家に帰らせてもらいます!(て、だんなさんもついてくるという)

 

わたしインドに行けますか???

今年の11月2日のインド行きの航空券をゲットしたんですね。

 

とーこーろーが。

 

だんなさんは間違ったわたしの名前でチケットを購入。。。

 

というのはパスポートはわたしは旧姓のを使ってるんで、旧姓で買わないといけなかったんですね。

 

パスポートを見ながらチケットの購入手続きはしたみたいなんですけど、名前が違うことに気がつかなかったらしい。

 

で、名前を変更できるかどうかあちこちに問い合わせたり書類を送ったりしてるんですが、

できるかどうか怪しいですよね〜〜〜。

 

安いチケットなんでキャンセルできなそうだし、

最悪の場合買い直しですかね。

 

 

 

だんなさん、結構、そういうの多いんですよね、、、

 

今日も高速バスのチケットの予約を取り消そうと電話したら、そもそも違う日付で予約してたらしく、

しかも同じ日を2回予約してたみたいで。

 

意味不明です。

 

あたまいたい。。

 

 

子守とか、ドジでおちゃめなかわいい奥さん、みたいなのとしてはいいかもしれないけど、

55歳のおっさんとしては、、、

 

数日は不始末は自分で処理させようと成り行きを見てましたが

状況が動かなさそうなのでわたしもうごき出しました。。。

 

打てる手は全部うとうと。

 

 

航空会社の問い合わせ窓口はもちろんのこと、インドのトラベルエージェンシーにも電話やメールしてみたり。

購入したのはヨーロッパの旅行会社なのでそっちにも何度か電話して。。。

 

幸いヨーロッパの業務窓口の英語は丁寧に対応してくれたのでなんとかなりました。

インド仕込みのわたしのなまった英語力と英語耳ではあかんかと思いましたが。

 

でも名義変更はまだ進んでません。。。

 

 

行きがエアインディアで、帰りはスリランカ航空にしたんですが、

スリランカ航空からは名義変更できないと言われ。

 

今はエアインディアの回答待ち。

そっちがOKしたならもしかしたらリターンチケットのスリランカ経由のも変更できる可能性があるかもということで。。。

 

ババ〜( ;  ; )

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

いっつも変わり目

わたしはなんだかいっつも変わり目みたいな気がするのですが、今も変わり目だなあと思います。
 



今日は白駒池に、早めの紅葉を見に行きました。

平日でしたがけっこう混んでいました。
標高2100メートル以上の場所にある池。
空気も水も澄んでいて、とても気持ちのいい場所でした。

だんなさんは「心が洗われる」なんて言っていましたが、そんな感じでした。
何かモードが切り変わった感じがします。
 

 

 


相変わらず、明日をも知れぬ暮らしぶりですが、
それでいいのだと思います。
 

 


21歳の時に南インドのサイババアシュラム、プッタパルティに行って、その天界のような空気感がとてもよくて、またここに帰ってこよう、と思いました。

それから何度も訪れ、長期滞在もしましたが、

いつも思っていたことは、プッタパルティで家族で暮らしたい、ということでした。
神聖な雰囲気を家族で共有したいといつも思っていました。

うちはそもそもサイババのところへは母が行きたがったのにわたしが付き添ったような形でしたし、その後もわたしより両親がサイババの組織に親しんでいたので、家族の反対や無理解に悩まされてるような人からしたらよく羨ましがられました。

わたしは、自分が生まれ育った家って、倫理、道徳、宗教、つまり人生を語って自分を導いてくれるようなものがないなと思っていました。

だからクリスチャンファミリーの家族なんかはすごくうらやましかったです。

まあ、無い物ねだりなのですが、
つまりわたしの家はわりと、というか、かなり、なんでもありでした。
なんか指針がない感じもあり。

何をやっても止める大人がいないような感じ。わたしの印象ですが。
 

 

 

だから?かどうかわかりませんが、これという指針も持たずに、でも特に悩むという感じでもなく、適当に生きてきました。

どうして生きるのか、とか、そういうのに悩む人も少なくないみたいなんですが、わたしはそういうのは思わなかったです。

ただ、訳がわからん感じでなんとなく生きてきました。

でも、これほどお互い放置プレイな環境でありながら、家族というものに、何らかの縛りや限界、境界、息苦しさを感じてはいたんでしょうね。

だからプッタパルティのような開かれたバイブレーションの聖地に家族で滞在して、その開かれたバイブレーションを家族で共有することはすごくすごく大事なように思っていました。

逆に、日本でもそのような開かれた、でも統合された一体感のあるバイブレーションで生きていたいと思っていました。

プッタパルティで家族でそのようなバイブレーションを共有した後は、日本に場所を移しても、それがキープできるのではないかなと思っていました。

それくらい、わたしはプッタパルティは好きで。
たぶん、サイババよりもプッタパルティという場所の方がわたしには重要かもというくらい。
 

 

 

 

 

 



今もそういう思いは変わりません。
プッタパルティで生きている開かれた感覚で、どこにいてもそのままでありたいという。

そういうのってよくないですか?

プッタパルティを愛する人ならそういうのは理解してもらえるかなと思います。

プッタパルティにいるだけでモードが変わるし、日本にいるのと意識状態が全然違う。

でも本当はそれって、どこにいても変わらずそんな感じがいいですよね。

 

 

 



今日の標高2100メートル強の池の場所は、標高の高さもあるかと思いますが、
頭がすっきり開いて楽しかったです。
余計なことは考えられないような意識状態。

プッタパルティの感覚に近かったです。
 

 

 



思いが着実に叶っていきますように。

すべての世界のすべての存在が幸福でありますように。

 

 

  

 

 

 

この歌、いつ聞いたんでしたっけ。いい歌。

色々最近思うこと。

しかし、わたしのキャパシティのなさには驚きです。

ある意味繊細すぎて、ちょっとしたことでいちいち衝撃を受け過ぎというのもあるのかもですが
(冗談ではなくて、某サイキックのレーネンさんとか、デリーで会ったチシティババとかにはそう言われました)

なのに人生波乱万丈っていうのもわけわからないです。
繊細ゆえに、自分の中のちょっとした違和感に「わー」ってなって、ぴょーん、とシフトしちゃうのかもです。

そういうわけで(そういうわけで?)だんなさんとは毎日激しいバトルを繰り返していますが、たぶん、一般の人からしたらぜんぜんなんでもないことに天地がひっくり返ったかのように騒ぐわたし。

でも自分としてはその違和感見過ごしては置けず・・・!

今朝のバトルの発端はなんだったっけ・・・

忘れたので今、だんなさんに「今朝、なんでわたし暴れたんだっけ?」と聞いてみたら、正当性にカモフラージュしたセコイことを嫌な感じで言われて、それでわたしはガマンならず、暴れたんでした。

ただ単に嫌な感じをうけたので暴れたんですが、それを分析してみると、

ちゃんと納得の理由がありました。

口が勝手に動くので、どういう説明をしたかも忘れましたが、
最終的にはなぜか、だんなさんが自分で自分のインナーチャイルドと内面でコミュニケーションをとるセラピーに導いていました。
なんでわたしこんなんしたらないかんねん、と思いつつ。。

ほんま、それこそわたしにセラピー代払え、ですわ。

でも、だんなさんはできないできないと言い張っていたけど、そのうち何かの拍子に、どういうわけかできました。

全部それのバリエーションみたいなもんですよね。
チャネリングも、ババと話をするのも。アカシックも。

だんなさんもゲリーのスクールに行ったんですけど、たぶん特殊能力みたいな感覚が強すぎて自分はできないと思ってたみたいですけど、やってしまえばなんてことない、という。

わたしははなから、やってまえ精神が強いので、自分ができるかできないかとかあんまり考えずにとにかくやる。

で、話は逸れましたが、だんなさんのインナーチャイルドの要望を聞いて、
インナーチャイルドの存在を認めて、彼に存在価値があるということを、要望を叶えることでこの現実世界で表現してあげるみたいなことをしました。

なんかそんな日だったんですけど、それなりに疲れましたよね。。。


毎回毎回何時間も話したり説明したりして、相当エネルギー使ってるんですけど、
なんでわたしそんなことしてるんだろう。


まあ、わたし自身はけっこう今はニュートラルな不思議な感じです。

何かが起こる前触れかなあと思ったり。(自分に)


ショップのお客さん対応などの仕事は産後、だんなさんに任せてきました。

やっぱ産後は疲れますしね。
1年は体調も戻ったとは言えないと思います。
特に今回わたしデブったし!
せっせとジム通いしてマシンとヨガやってますが、多少厚みは減ったけど体重はほぼ変わらずです。
いちおうまだ微妙に授乳中なので、絶食とかできないですし。

体重なんて断食したらすぐ減るんですが。

そう、それで、だんなさんは、わたしの産後にさすがに仕事を代わりにやることになって、
最初はわたしより効率よく対応出来てると威張ってたんですが、
最近は息切れしてきたらしく。

まあ、この仕事はなんだかんだ、大きなエネルギー扱い続けるので疲れるんですよ。
場合によったら対応できない精神状態になっちゃう。

なので、ここらでお客さん対応はわたしにまた戻るかもです。

ネットショップを始めて、最初はお客さん、月に2人くらいだったんですよ。

でも、その2人にじっくり関わって、結局その方の家族や親族全員と関わるパターンになっていって、
なので売り上げは上がっていました。

そしてそういう風にめちゃくちゃじっくり関わるのって、すごく楽しかったんですよね。

わたしもバラティさんもマニアックで凝り性ですし。

でも、途中からお客さんの流れが変わって、1日に10数人とかの鑑定申し込みが入るようになって、
すでにわたしはパニックだったんですが、
どうしたらいいのかわからず、新規お申し込みを止めることができなくて、
自分のキャパを超えた案件をずーっと抱え込む状況になってしまった。

エネルギーですから、
ずーと抱えるってことは、たくさんのお客さんのエネルギーもずーっと抱えたままになるということでもあって、
わたし自分を見失って混乱しました。

どうやって対応したらいいかよくわかんなかったんですね。

で、がんばって鑑定を進めていきましたが、
途中アレルギー性肝炎になったり髪の毛ごっそり抜けたり、子供の世話もひとりでしてましたし、ババのダルシャンも頑張って毎回出てましたし。
ビザの更新は大変だし!インド暑いし!元だんなは音信不通だったし!(ほぼ今もだけど)
で、わたしよく頑張ってたなーと思います。

ものすごく頑張ってたよ。。。涙涙

で、やっぱどんなことでもキャパオーバーになったらいかんですね。

すごい辛くて、でもどうしていいかわからない状況でした。


もともと、インド占星術のネットショップは1〜2年でやめるつもりでした。
あんまり他人のエネルギーや人生に関わりたくなかったし(自分が混乱するので)
でも、これも流れというか、カルマだなと思って、腹をくくって始めました。

で、さっさと2人目の子供を産んだらショップは誰かに託して自分は関わるのをやめようと思ってたんですが、
なかなか2人目の子を産める状況にはならず。

そういうわけで、正直、辛い辛いと思いつつやめられずにずっとショップを続けてきました。

今回、2人目の子供を、まあ、予想とは違う形でしたが出産し、
しばらくショップの実務から離れることができてずいぶんリフレッシュしました。
いまのだんなさんに丸投げしましたので。
代わりにだんなさんの精神は限界に来たみたいですけど。

結構大変なのです。
インドとのやりとりなど。

だんなさんに丸投げしてる間に、失った自己をとりもどそうと、
セミナーとか出てみたりして(自分が自分のセラピスト講座とか)
そこで、時間もお金も何もかもが十分あるとしたら、何がしたいか、
という質問を自分にして、
不安や恐怖などからではない、ストレスがない状態での自分のほんとの楽しみとかやりたいことを見ていきました。

そしたら、プレマサイジョ〜ティ〜のネットショップは楽しみとしてやるみたいな感じでした。

そう、あまりにも心身のキャパオーバーの辛い状態が続きすぎて、すっかり嫌になってたんですが、
そもそも、好奇心や興味本位で始めたショップですし。
あと、天から(ていうかぶっちゃけ、自分の中のババの声に)やるように言われてたのを無理無理、と、何年も伸ばし伸ばしにしてて、でもやれない言い訳が立たない状況になったので観念したという。

思えば、始めた頃の月2人とかの鑑定をじっくりじっくりやてった頃は充実してたし、楽しかったなあと。

だんなさんにしばらく託して、なんだか気軽でニュートラルになった今なら、また純粋に楽しみとしてやっていけるかもしれません。

それにはやっぱり、忙しくなりすぎないように、気をつける必要がありますよね。

先日も複数の注文を断ってしまって申し訳なかったなと、いう気持ちは一応人間なのでありますが、
本当に自分中心でやっていかないと私の場合、続けられないというのはあります。

忙しくなりすぎず、豊かな感じでなんでも行えるように、
今後は今までにも増して、マニアックでわがままに仕事をさせてもらおうという気持ちでいっぱいです。

がんばってわがままにするぞー。
もともとめさめさ気を使うほうなので、そこら辺ちょっとかなり頑張らないと。。。
今後も関わってくださる方は、ご協力宜しくお願い致します。

そして、縁のある方と喜びを分かち合える関係で常にありたいと思います。

それにはいっつもやっぱり自分が楽しいことしかしたらいかんなとも思うわけです。


いろんなことは相変わらず人生に起こり続けてるわけなのですが、今私はようやくニュートラルな気持ちになっていて、
人生って楽しいなと思えています。

いちおうだんなさんにもそう言ったら、いちおう同意してました。笑

今住んでる長野県茅野市もいいとこだなと思います。


11月には無理やりインドに行こうかなと思って動いてますが。
冬の5ヶ月くらい。


最近は毎週木曜に自宅でヴェーダチャンティング&バジャン会もやってます。
いちおうちゃんと続いてます。
これも小人数ながら充実していて楽しいです。

そして、八ヶ岳界隈の隠れサイババーがじわじわ現れて集結してきています。笑

なんだか、今後、規模は大きくなっていくような気がしないでもなく。
ま、11月からしばらくはお休み予定ですが。

4月にはまた長野に戻ってきてバジャン会も再開しようと思ってます。



私には以前からビジョンがあって、
雑木林の中に、人が集まれる施設っぽい家を建ててそういうとこに住むみたいな。
昔から私はアシュラムみたいなとこに住みたいなと思ってて、

兵庫の実家が家を建て替えた時に、神社並みの風水で建てたらしいのですが、
(じっさい当時の大神神社の宮司さんにも家を見てもらったんだと思いますが)
それで、わたしはサイババー(サイババ帰依者w)がバジャンを定期開催するような場所になると思ってたんですが、
(新築時にはサイババーの方々が来て家でバジャンもしてくださったようです)
そうはならなくて、がっかりで。

わたしはそういう家に住みたかったんですね。
ちょっとアシュラムみたいな。
そういう人が集ってるような家。

プッタパルティのアシュラムでもいいんですが、あそこはビザが必要ですし、ずうっと住むような気がしてた時もありましたが、
それもなかなか難しい。
でもプッタパルティにわたしはアパートを二つ借りっぱなしですが、
そこにいる時は、人が来てくれてヴェーダの練習とかも行われたりして楽しい。

それを、日本でもしたいという気持ちはありました。

だんなさんは超ムカつく時も多い、というかほぼ毎日ですが、
そういう自宅バジャン要員としては役に立つ。
(バジャン好き。過去生ではカルカッタのシヴァテンプルのプリーストだったという話もあり)

日本でもプッタパルティ的に生きないと、わたしはじっさい生きていけないので(じゃないと精神破綻します)

今は割と着実に叶っていってて良かったです。
今は雑木林の中の家ではないですが、数年後にはそういう環境にシフトできたらいいな、と。
八ヶ岳界隈で標高1000メートルくらいの林の中に。
この辺りの林の様子は以前からビジョンで見ていた光景そのものです。
また、ディープなコアメンバーをもうちょっと増やしたい感じはあります。

サイババも死んじゃった今、ほんとにマニアックな集まりですが。笑
でも自分の楽しみと幸せのためにほんと必要。

きっと同じように必要としてる人もいることと思います。

ヴェーダもバジャンも楽しいし、プライベートな集まりなのでしがらみもないし。

楽しいだけの集まりで十分と思います。

サイババも幸せでいなさいと言ってることですし。
ビーハッピー。

あらゆる人が幸せを求めてて、

でも、どうしたらいいかわからない場合がほとんどで。
それぞれのやり方で幸せを追求してて、ほんとに、裏切りや攻撃やそういうものでさえ、幸せを求める形の一つなんだと思うと、
切ないのう、と思います。

わたしは色々壊れてるかもしれないですけど、楽しくだけいようと思います。

そして、それが可能な世界になってるようにも思います。

JUGEMテーマ:つぶやき。