月のプージャ

Om Sri Sai Ram



月のプージャはおいくらですか?
というご質問への返答です。



占星術師に聞きましたところ、月からのトラブルがある人へのプージャには3種類あるそうです。



?シャンカダカーラチャトゥルティプージャ

   これは実際にすることは、プッタパルティのハヌマーンテンプルにあるガネーシャへのアビシェーカムです。

   満月から数えて4日目に行われます。

   月はドーシャムニヴィリティ(負のカルマのようなもの)をガネーシャから得るので、

   月からのトラブルがある人には我々はこのプージャをする、とのことでした。

     これはほかの人たちと一緒に行うなら1回4600円です。

     単独で1回行うなら9000円です。

     占星術師は単独で1回行えば充分とのことでした。

     念を入れて行いたければ3回27000円でもいいとのことでした。



?シヴァへのトラヨダシプージャ

     ハヌマーンテンプルにあるシヴァリンガムへのアビシェーカムです。

     月に2回ほどあるトラヨダシの日に行われます。

     これは9回1万円です。



?パラシャクティプージャ

     ハヌマーンテンプルにあるパールバティへのアビシェーカムです。

     これは「我々は月をパールバティと呼ぶ」からだそうです。

     これはめったに行われないために必然的に単独でのプージャとなり、1回9000円です。



もしくは、トリベニサンガマムプージャでもよいそうです。

このプージャはすべてのドーシャム(バッドカルマ)に有効だからだそうです。

これは1回3800円で、9回だとその9倍です。





南インドの惑星の寺の中の「月の寺」ではプージャをしないのか不思議に思って聞いたところ、

月の寺へはナヴァグラハプージャ(9つの惑星へのプージャ)の時には行くが、

月のドーシャムをクリアーにする目的のときは通常ガネーシャに祈る、とのことでした。



しかし、もし好みでやりたければ月の寺でのプージャも受付けることができるそうです。

5つの神像(シヴァ、パールバティ、ガネーシャ、ムルガン、月の神様)へのアルチャナを

1回ずつ行うのが3800円だそうで、



月の神様へのアビシェーカムは9000円です。

これは5つの神像へのアルチャナも含みます。



月の寺でのアルチャナやアビシェーカムが、なぜ土星の寺などのアビシェーカムに比べて高額かというと、

土星やほかの寺では毎日大勢の人たちが詰め掛けるのでそれらのプージャをシェアして行えるから安くで行えるけど、

月の寺はそうではなく、訪れる人も少なく、むしろ日に日にさらに閉鎖的な感じになってきているので、

必然的に、プージャを行うなら単独か、ごく少人数で行うことになるからだそうです。


ということでした。



サイラム



※インドの急激な物価上昇やレートの変動などにより、
プージャの価格も時々変動しています。

ショップに出してる値段はあくまで目安として参考程度にするようにしてください。

また、現在店主多忙のため、新規の鑑定やプージャのお申し込みは受け付けておりません。

いつかもうちょっと落ち着いたら再開すると思いますが。。。


というわけでお問い合わせなどいただいても返答できないことがありますが、
あしからずご了承ください。
1