スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アガスティア占星術の冊子に掲載されてる今年の予測。

4月13日から、アガスティア暦(タミル暦?)の新年だそうですが、

それに合わせて毎年出される冊子に載ってるこの1年の予測、

今年は特に日本の危機について真っ先に書かれてるそうですが、

そのほかには東南アジアの国々の火山の噴火とかも予測されてるみたいです。

バラティさんに、「それ、英語で書いてメールで送ってくださいよ」「わかった!」というやり取りを何度か繰り返してるんですけど、(タミル語なんで)

もしメールが来たらここのブログでも載せると思います。



今年の夏、8月に日本でアティルッドラマハヤグニを2回できたらいいなと思ってるんですけど、

最初は別々に2回と思ってましたが、

よく考えたら1回で2箇所回ったほうが別々に2回やるより安上がりだなと思って。

一番費用がかかるのが、150人ほどのお坊さんのインド〜日本の往復の航空運賃なので。


長ければ20数日間ですよね。(11日+11日+α)


それだったら2箇所の場所の設営を効率よくやる必要がありますね。



バラティさんには言うなといわれてるんですが、
インドでもう一個巨大な女神のプージャも検討しています。

なんで言うなとバラティさんが言うかというと、
彼はいろいろ世間の風当たりの強い中をすすむ経験もしてるので、
そんなに連続で大きいプージャばっかりするとか言ってたら
いろんなことを思う人がいるだろうからということで。


まあしかしわたしは風があるのか無いのかよくわかってないので言っちゃうという。

この女神のプージャはサハッスラチャンディホーマムのさらに規模が大きくなった、アーユクタチャンディホーマムというそうです。

世界のカルマ解消プージャのとき、
なんか毎日よくわからんそれなりに大物っぽい人たちがゲストで来てたのですが、
ヴェーダの先生とか言う人が来ててスピーチしたんですが、
このメンバーでぜひアーユクタホーマムをやって欲しいと言われました。

聞くと、サハッスラチャンディホーマムの10倍規模というばかげたというかちょっとありえんプージャらしく、

単純計算ではサハッスラチャンディホーマムには100数十人の坊さんが来てたから、
アーユクタになると1000数百人の坊さん。

しかし現実問題としてそんな数の坊さんマネージメントできないので、
500人とかにして、期間を22日とか15日とかに延ばす方法がとられるそうです。

きちっとやろうとしたらものすごいいろいろ決まりごとがあるらしく、
坊さんの食事内容とか、(いわゆるソフト断食みたいな)
マントラも、このセンテンスのを何秒間かける速さで唱えるとか。

そういうのを全部きちんと一人ひとりの坊さんに対して把握管理しないといけないのでした。


今までカルカッタやムンバイで、このホーマムが試みられたことがあるそうですが、
初日で全部の坊さんが逃げ出して成立しなかったりとかだったそうです。

なんでか?

ご飯食べるのに1時間とか並んでしかもちゃんと食べれなかったりとかで、
「力でないしできないわー」と、みんな逃げ出したりしたそうです。

そのヴェーダの先生がそのホーマムをやってねと私たちに気楽に言うもんだから、
「言うのは簡単だよなー、気楽に言うよなー」と思ったんですが、

もし日本でアティルッドラやるとかいうことだったら、
日本に限らず他の国でも次々行われていて、来月はロシアでも行われますから、
そしたらルッドラと女神のバランス取りたくなってきたのでした。なんとなく。

前回のサハッスラチャンディホーマムが終了したとき、
女神の怒りと悲しみを鎮めるにはこれではまだ足りてない。。。。。と悲しく感じたこともアリ。

さすがに500人インドから連れ出すのはいやなので、(めんどくさすぎそう)
インドで。

バラティさんと、今までずっと関わってきてた坊さんたちだったらきっと500人でもマネージメントできると思います。

今までのプージャでよく来てためがねの坊さんがいるんですが、
なんか偉い坊さんらしいんですが、ムルガンテンプルからの。

その人はシンガポールかどこかでのサハッスラチャンディホーマムに参加したことがあるそうです。

この坊さんは知識も経験も豊富なので、今まで何度も私たちのプージャに監督責任統括者として来てもらってるのですが、

シンガポール(だったと思いますが)のときは責任者じゃなくて一僧侶として参加したそうです。

そしたらチャンディホーマム系では毎日やる風水のプージャがあるんですが、
それをそこでは毎日やってなかったそうです。
それを指摘したら向こうの人たちはいいよいいよみたいに言って取り合わなかったらしいんですが、

プージャが終了したら女神の装飾品のネックレス(数百万円相当)が消えてたらしいです。

つまり、どういうことかというと、プージャをするならきちんと決められたことを確実に行う必要がある、ということらしいんですが、

その点はバラティさんの集める坊さんたちはマニアックで濃厚なプージャを出現させます。



まだアティルッドラにしろ、アーユクタチャンディホーマムにしろアイデアをこねてる段階ですが、なんかやるっぽいムードが漂ってきてる気がします。


さすがにこれ以上の規模はないと思うので
今のこの時期、2012年の今年これらのプージャが大規模破壊とかが起こる前に行われて、
外面的な破壊の前に内面の障害が取り除かれて転換し、
外面的な破壊の必要性がなるだけ抑えられるといいなと思います。

その後私はDNAだれかからもらって2人目の子供でもつくってのんびり地味に生きていければ。。。と、夢想。爆



あ、ちなみに、アーユクタチャンディホーマムをこのメンバーでやってくれと無責任にも放言したヴェーダの(サンスクリット語の)先生って、

インド全土どこででも、新しい寺が建立される計画が出たときにその許可を出す統括の立場の人らしいです。

体重もありそうだったけど、それだけじゃなくて彼がまとってる世界に重量感と密度を感じました。



まあ、2012年まつりってことで。笑


2012年過ぎないうちにやっちゃってたほうがいいんでしょうね?
よくわからないけど。
今やるべきことは今やろう、ということで。

今しかできないことはあとになってやろうとしても何らかの理由できっとできないだろうから。


バラティさんなんかは
「これは人々にとってビッグチャンスだ。2012年過ぎたらお金持ってても使えなくなるだろうから」
とか言ってますけど、もちろん聞き流してください。

向かい風受ける気ないんで。


10日にはプライベートプージャに出発予定です。
13日の、アガスティア暦の元旦にはプッタパルティに戻ってきてる予定です。


メールとか返せてないですすみません。

書きかけでいくつも放置してます。
(書き出したら長いから終了できずに力尽きる)

インド占星術の2012年プチ予想。

元旦にバラティさんからチャットが入って、2012年の世界情勢について少し話してたのでここにも載せておきます。

これは、バラティさんのインド占星術的2012年予想です
(適当な一部意訳。大きく間違ってたらご指導願います)

this new year start with uttra badra star
saturn in very top position
今年の新年のナクシャットラはウッタラバードラで始まり、土星はとても高い位置にあります。

and new year start with astami tithi
そしてティティ(月齢みたいなもん)はアスタミで始まりました。

the begining will be good but end will be difficulty
世界情勢は、はじめのうちはよいでしょう。しかし、終盤になるにつれて困難が訪れるでしょう。

from august september oct, will be very difficulty. in south east and south west
南東方向と南西方向(イギリスから見て)は8月、9月、10月からとても難しい状況になるでしょう。
(たとえばオーストラリアやニュージーランドなど?)

presently there is some problem in the north east,
現時点では北東にいくらかの問題があります。
(ロシアや日本など。北朝鮮もこれに当たるでしょうか)


after 2012 may gold price will go down, silver price will be riseup
2012年5月以降、金の価格は下降し、銀の価格は上昇するでしょう。
(他の一般の人に聞いたところ、金と銀はだいたい同じ動きをするということですが、参考まで)

still may real estate , money is good,
5月まで、不動産関係や金融関係はよい状態です。

after may only start some difficulty like earth quick and fire.
5月以降にのみ、何らかの困難、、、地震や火に関する災害などが起こり始めるでしょう。


through fuel shortage will come
しかしながら(?)ガソリン不足が起こり、

fuel price will be incresed
ガソリンの価格が上昇するでしょう。

very importent leader will face difficulty at present
in the north east direction
北東方向のとても重要な(政治的?)リーダーは(現在にでも?)困難に直面するでしょう。




と、いうことでした。



こういうの、みんな興味あるんですか?何か参考になります?




遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
本年もよかったら遊びに来てください。

鑑定予約して結果がまだ来てない人大変ごめんなさい。(^^;)


サイラム

でっかい地震があったぞ!といわれたけれど。

昨日の日曜に、朝っぱらからバラティさんから電話がかかってきて、
「横浜で大きい地震があったらしいぞ!ネットチェックしてみろ!」
と。

ついにきたのかと思いつつも、

すでにネット見てたので、
「え〜、そんなの書いてなかったけどなあ」
と思ったら、三陸沖のM7クラスの地震のことみたいでした。

幸い陸地では震度3とかそんなかんじだったみたいで、
知人にその朝の一件のことを言ったら
「(プージャで?)逃れたのかもね」
とか言ってましたが、


なんかもう地震のこととか考えるのも疲れますが、
大きいのが日本のあちこちに来る可能性があるというのはみんな知ってることだし、
なんか、疲れますよね?笑
わたしは疲れました。

世界のどこがやばいとかそういうのを1ヶ月くらい前にもバラティさんから聞いたんですけど、
もう、なんかくたびれて、ブログにはかいてないです。

まあ、タイとかマレーシアとかもやばいそうで、
でも、タイに200人くらいこないだ(6月末)インドからお坊さんが言って、大規模なプージャをしたそうです。
7日間、午前午後の2回ずつしたそうです。

また、もうすぐロシアにもお坊さんたちが行ってプージャするという話を聞きまた。

プージャとかホーマムは私は個人的には万能だと思います。
地震とか災害の予防だけではなく、
たとえば放射能汚染や大気汚染もホーマムをすることで大幅に改善されるみたいです。

そういう数値ではかれるものだけでなく、
みんなの気持ちもなんとなく安定感が出てきたりすると思います。

とにかく、今、世界のあちこちにインドのお坊さんたちが団体で出張してプージャしてるみたいです。

まー、特にそういうのが必要なタイミングなんだろうと思います。
たぶん、来年になってからじゃちょっと遅いのかも?と思ったりします。
起こってしまう前に早めにやるに越したことはないですから。

起こる必要があることは起こるんでしょうけれど。

でも縮小、キャンセルできるようなことがあればそうするに越したこともないという。


今、このブログでも日本のカルマ解消のためのプージャプロジェクトが進行中ですが、

こんなたいそうなのは11月くらいまで。と思いつつやってるんですが、昨日は、日本のプージャが終わったら次は世界のプージャとかになっちゃったりはしないだろうな、と、ぞぞぞとしたのですが、

今日聞いた話によると、
すでにプッタパルティの何名かの人が世界全体のアガスティアの葉を取得しようと試みてるそうです。

よかった。だれかがやってくれる模様。

もしそれが取得できたら、公開するらしいので、こちらでもご紹介できたらと思います。

日本のアガスティアの葉っぱも公開してもいいんですが、
プージャが全部終わってから、実現の可能性があったかもしれない未来として公開するほうが無難かな。

まあでも巷の予言とかで言われてるようなことと大きくは変わらないと思います。


私の感覚としてはプージャとかすごく効くし、定期的なプージャのためとかに国家予算組んでほしいくらいです。

宗教とか、信仰とか、そういう範疇に入るんでしょうけど、
むしろすごく科学的な、もしくは数学的なものにも思えます。

神の法則を認識して活用する、まさに霊性の科学だなという感じがするわけです。

今の時勢に将来的なことを予知してる人はたくさんいますが、
それを聞いてもじゃあどうしたらいいんだという感じじゃないかと思います。

効果のほどがありそうかどうかは各自の判断に任せますが、
今のこの時期にここで具体的なプージャを提案できてよかったとは思います。

もし、この日本のカルマ解消のためのプージャを実行することが何か状況好転の役に立ちそう、と思える方の賛同金は下記の口座で受け付けてます。

ご入金はこちらの銀行口座にお願いいたします。(↓)
日本のカルマ解消プージャの専用の口座にしていますので、それ以外の目的のご入金はしないでください。




三菱東京UFJ銀行 さんだ支店 普通 0174725 モリタ ジュンコ


(※母の名前で口座を作ってます)



前回と同じく、2万円以上の振込みで、11日間のすべてのホーマムでお名前を確実に読み上げさせていただきます。
(予算の関係などで日数短縮の可能性はあります)

前回までにバーススターをお調べした方は調べなおす必要はないですが、前回までに調べてない方、もしくは新規の方はプージャのときにその方のバーススターも一緒に読み上げますので生年月日と生まれた時間、生まれた場所(市くらいまで)をショップ右上のお問い合わせフォームからお知らせください。
べつにバーススターは読まなくていいという場合は無しでもけっこうです。


現地参加を希望の方(基本、インドで自分で自分の世話をできる人)はショップ右上のお問い合わせフォームから連絡ください。

ガヤトリーマントラを唱えてみてくださいね。

日本はもう9日ですね。

9日の早朝まで待たなくても、これを読んでて今からでも唱えられる人はどうぞガヤトリーマントラをとなえてみてください。

きっといろいろ助けになると思います。

たくさんの人がたくさん唱えるほどいいので。

わたしは今夕食中ですが、ずっと唱えながら食べることにします。笑?




オーム ブール ブワッ スワハ
タッ(ト) サヴィトゥール ワレーニャムーーー
バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒー
ディーヨーヨー ナッ プラチョーダヤーー(トゥ)


今から寝る人はとくに、唱えてから寝ると寝てる間もそのバイブレーションが持続するのでよいのではないかと。

インド占星術観点から見た日本の状況の推移予想。

あと9日ほどは日本は依然として難しい状況だそうです。

9日後を過ぎると大丈夫になるけど、人々の不安はまだ消えず、
人々の不安や混乱がまだしばらく続き、

40日後には人々も状況を正しく理解し、大丈夫だということが分かるので、
それ以降は実際の状況も、人々の心理状態もOKになるでしょうとのことでした。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あまりにも時間が取れないので、今日から部屋の掃除とかしてくれるお手伝いさんを頼むことにしました。

ちなみに1時間30ルピーほど。
このお手伝いさんはハイソな家にばっかり行ってるそうなので、相場より高いほうだそうです。

なのでとりあえず、お手伝いさんが帰った後に金目のものが消えてるという心配はほとんどないそうです。笑

サイババもお疲れ。

サイラム
今日はまたダルシャンがなく、隣のセバダルの談によるとスワミは午後3時にスーパーホスピタルにいったらしいです。そうとう体調が良くないらしく、昨日も夕方救急車で病院に行ったんだとか。
皆つながっているんだなあ。と改めて感じました。

全てのあらゆるものの為、暑い所長丁場に渡ってありがとうございました。子供をつれてこのダルマを実行に移した貴女に乾杯です。
ありがとうございました。
じぇいさいらむ

(ママ友より)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

占星術とは直接関係ないですが、昨日おとといとサイババはダルシャンに出てこなかったらしく、
今朝わたしは3日目のダルシャンもババが来ないままに終わる夢を見てて、
ババが今そんなに体調が悪いとは知らずでしたが、

占星術的には24日からも少し世界の状況が厳しくなるとのことだったので、やっぱ世界とこういうサイババみたいな人は直接的につながってるんだろうなとかわたしも思いました。

特に4月半ばくらいまでこの厳しい時らしいです。

たくさんの人が世界のためや日本のために祈ってくださってますが、
少なくとももうしばらくは継続してみてください。

一人ひとりの祈りの力はあらゆる現象を包み込んで変容させてしまう力があるので。

インド占星術的見地からの情報提供です。

Om Sri Sai Ram


2011年3月24日に火星がアクエリアスからパイセスに移動します。

そして土星にダイレクトにアスペクトします。

このため、地球はトラブルを得るでしょう。


地球は地震や津波のようなものの影響を受けると、なにかしらが示されています。

イギリスから見て南東もしくは北東、両方は依然として火や地震、津波などのトラブルを得るでしょう。


火に注意してください。

政治も何らかのトラブルを得て、政治のリーダーもその地位を失うでしょう。


3月24日〜3月末まではこれらのことにとても注意してください。

地球は何らかの揺れを得るでしょう。


日本の人たちはすでにお知らせした祈りを継続してください。

(ガネーシャ、シヴァ、ガヤトリーマントラなどのチャンティング)


それらは大きな助けとなるでしょう。



できればシヴァアストートラム(シヴァの108の御名)をチャンティングしてください。

また、ガヤトリーマントラ108回もよいです。

さいごにサイガヤトリー108回を唱えてください。


そうすれば大きなよい変化が起こるでしょう。



今も我々は祈りを捧げています。

とてもすぐに平和がやってくるでしょう。



今も我々は日本のプージャをインド各地のお寺でおこなっています。

そうしてナヴァグラハスペシャルプージャも24日からおこないます。



我々はすべての日本の方々が幸福であるように祈っています。

みなさんは人生をエンジョイすることができるでしょう。



とてもすぐに物事は正しくなるでしょう。


ほとんどの国々が日本のために祈っています。

それらのエネルギーのすべてが日本を助け、日本のかたがたはよりよい平安を得るでしょう。

すべての国々の祈りやよい想念の助けにより、日本は立ち上がり、発展し、永続する幸福を得ることでしょう。


サイラム


占星術師からの情報提供&メッセージです。

Om Sri Sai Ram


2011年3月15日、太陽がアクエリアスからパイセスに移動しました。

太陽は1ヶ月間パイセスに滞在します。
(〜4月14日まで)

この期間中は火や損失(などによる心の乱れ・Distraction)に注意深くあるべきです。

最初に

オーム ガネーシャーヤ ナマハ (3回)

次に

オーム ナマ シヴァーヤ (108回)

次に

オーム シュリ サイラム (108回)
もしくはサイガヤトリー(108回)
もしくはガヤトリーマントラ(108回)


を唱え、


グループで座って瞑想し、日本の平和のために意識を集中させてください。

世界の平和のために祈ってください。

多くの国々が日本の人々の救済のために自らを捧げています。


火星と太陽は土星にアスペクトしています。
これらにより、大地(Earth)と移動(旅行・Traveling)は悪影響を受けています。
(大地の状態が良くなかったり、交通手段が大きな問題を得ている)

パニックにならないでください。

我々は日本の平安と世界の平安のために祈りを捧げています。


しかし、2011年5月2日まで火星の土星へのアスペクトがあります。

ですから5月2日以降はより平穏になるでしょう。


火星は今も土星を見ていますが(アスペクトしている)その力は比較的弱いです。
3月24日以降は火星は100パーセント土星にアスペクトするので、すこしばかり、より困難になるでしょう。

ですから我々は3月24日からナヴァグラハスペシャルプージャを行うことにしています。


我々は世界の安寧のために祈っています。

全ては正しくなります。


みなさん、どうぞ神に集中して世界の平和のために祈りを捧げてください。


サイラム


インド先生術的見地から見た災害情報を提供することについて。

今まで、インド占星術的見地から見た災害情報は占星術師はよく話していたのですが、わたしはこのブログにはあまり書いてきませんでした。

書いても「だからなに?」みたいな風に思ってたし、
起こることは起こるし、起こらないことは起こらないんだから、
単に不安にさせるだけの情報を無責任に流すことには意味がないという気もして。

その予測が単に当たったとか当たらないとかの興味しか引かないような気もしたし、
下手したら「こういうふうに書いたんだから、当たってほしい」と思ってしまいそうないやなかんじもあり。


でもまあ、実際は占星術師は結構予測してました。

NZの地震の前は南東方向、オーストラリアのあたりに地震や津波が起こるとか言ってて、実際はNZに起こったのですが、

そのあとは日本に地震とウォータープロブレムが起こると盛んに言っていて、
直接鑑定に来た日本人にもよく言ってました。

わたしは、いやなことや聞きたくないことやめんどくさいことは聞き流すようにしてるので、
それも全部聞き流してたのですが、

地震当日にも、やはり直接鑑定に来た日本人に
海の近くは津波が来るから住まないように、と言ってて、
「いつくらいに来るんですか?」
と聞かれて
「今すぐにでも起こりえる」
と、ちょうど日本で地震があったころにそのような会話をしていたそうです。

占星術師は前の晩から何かおかしいと感知してたらしく、
私も当日は5時くらいに目が覚めて寝られなくなり、
別の知人も同様に朝5時に目が覚めて寝れなくなったそうです。

みんな普段よりも怒りっぽくなったり、気持ちが不安定になったり。


で、そこに地震のニュースを聞いて、あ〜、とみんな思ったわけですが、

実際にこのような大規模な災害が起こったあとには、こういう占星術的見地からの災害情報を載せたほうがいいのかなと、少し考えが変わってきました。

占星術師ももしみんなが必要とするなら載せなさいみたいなかんじで。

基本、当ショップの占星術は生きる元気になるように、方向性や自分自身を知ることがその人の力になるようにというスタンスなので、
元気がなくなるようなことは消去しないにしてもなるべく軽くソフトに言うことも少なくないです。

言葉そのものの持つ力もありますし。

そういうわけで、災害情報などはまともに書くとたくさんの人をいたずらに不安にさせる逆効果な可能性もあり、それこそ自己肥大妄想になる可能性もあり、
わたしとしてはあまり書きたくない分野ではあります。

しかしそうもいってられないのかなという感じになってきて、
書くようにしました。

書いて、何がいいことがあるんだろう?
という気もしますが、
やはりそういう立場に立ったものの義務として伝えることも必要なのかなという感じで。

1