「松岡佐和による、現地版インド占星術鑑定代行」「アガスティア・ハーバルペースト」「シュリサイチャクラム」の情報

先日、松岡佐和現地滞在時限定のインド占星術代行鑑定(9万円)を行い、レポートを書き上げて昨日、申し込みされた方に送りました。

 

すっごい久しぶりの直接鑑定代行。

 

そしたら、なんかすごく内容が短い感じがしました。

 

過去生とかほとんど言わないの。

それに以前はもっとかなりあーだこーだあーだこーだ言ってやたら長かった。

 

で、バラティさんにそのことを言ったら、

最近はとくに欧米のカスタマーの方から、過去生とか興味ないから、今についてのことを教えてくれと言われるし、そうすることにした、とのこと。

 

スタイルチェンジしたそうです。

 

でも実は私も今の瞬間に全部含まれてると思うから、今にフォーカスするのは賛成。

 

私の思い込みとして、やっぱり、鑑定内容が長い方がいい、というのがどこかにあったみたいで、

以前自分で直接バラティさんに聞きに行って鑑定代行してた時は、内容が長くなればなるほどレポートに書くのも疲れるし仕事したみたいな気になったし、お客さんにも喜ばれると思ってました。

 

アガスティアの葉でもそうですよね。

内容量の多さっていうのが、その葉っぱの信ぴょう性と同じように考えられてるフシもあります。

 

でも私の経験からしたら、実は本当に自分が求めてた情報って一言とか一行だったりすることも多いですよね。

 

アガスティアの葉で言えば、わたしは最初の3回は旅行会社のツアーで行ったので、わりと一般的に旅行者がくるとこに見に行ったんですね。

 

某大手のアガスティアの葉の代行業者によるとニセモノとか言われちゃうようなところです。

 

でも、実際は館が本物かニセモノかって、関係なかったりします。

 

一回目に行った時はわたしは25歳くらいだったと思いますが、ビジョンでアガスティアが来て目の前(葉っぱの検索をしているナディリーダーの近く)に立ってくれてたので、ああ、これは大丈夫、と安心して、自分の葉っぱが見つかるのを待ちました。

 

そのほかにも空気が水中みたいに粘質的に感じられて全部が一体になってつながってるみたいな感覚とか、いろんな情報が来たり思い出したりとかいうのもあって、明らかに自分の精神状態が普段と違う風になってました。

 

そして葉っぱの内容は、当時錯乱して絶望してたわたしでしたが、未来に希望が持てる内容で心底安心しましたし、

その葉っぱでは来世はない、と言われ、今生で解脱と書かれていました。

そしてなぜだかそこで館のみんなが手を止めて拍手してくれました。

 

わたしは21歳の時に至高体験だか覚醒体験だか、なんて言ったらいいかわかんないですけどそういうのがあって、

で、自分の中ではそれが何かわかるんだけど、この世界的にそれをどう位置づけて、どうやってそれをこの世界で抱えて生きていったらいいかわからなくて混乱して苦しんでたんですね。

 

だから、葉っぱでそういう風に出て、

「あ、あれはつまり解脱ってことだったんだ」と思えて、

変な話ですが、わたしはすごく救われた気持ちになりました。

それまで何年もその体験を抱えて孤独感に苦しんでたんですけど、自分でこの世界の中でも受け入れられたというか。

 

その時にそういう孤独感が完全になくなったわけではなかったのですが、

やっぱりあれは祝福されたことだったんだね?

と、思えて、その場にいた人たちにも拍手して祝福してもらえて、世界に受け入れられた気がしました。

21歳の時の体験でわたしは世界の非実在性を思い知った経験を持ってしまったことで、世界が自分を受け入れることもわたしは自分に許せなくなってたんだと思います。

そういう断絶が崩れて、体験後の数年間の緊張から解き放たれた、それは和解の瞬間でした。

 

話は逸れましたが、

つまり言いたかったのは、最初にアガスティアの葉を見た時、その内容量は今思えばものすごく少なかったんです。

でも、その時のわたしは「来世がない」と、その時葉っぱに言ってもらえたことで救われました。

それで十分でした。

 

実はその後何回も葉っぱを開けて、いろんな種類のがあるんですけど、合計10回くらい開けて、中には来世が出てきてるのもあったかと思います。

 

でもそれはそれで、その都度その都度、その時見た葉っぱの内容はその時のわたしにとって完全なものでした。

 

そういうものなんだろうと思います。

 

そして、初めて葉っぱを開けた時、2回目、3回目は内容量としては少なかったです。

でも実はその3回がわたしの人生にはすごく大きな働きをしてくれたと思います。

読み返して感動して何度も涙しました。

 

そういう自分の人生にとって大きなことだったという体感と感動があったから今も代行をしてるわけなんですが、

 

4回目以降はわたしにとってはおまけのようなものだったかもしれません。

自分の人生のためというより研究のために葉っぱを開けている割合がどんどん増えていったと思います。

 

だから、内容量はすごく多くなりましたが、わたし自身それをあまりまに受けなくなってたし、

内容もほとんど覚えていません。

 

今回再開したわたしが現地滞在している時限定の鑑定サービスですが、

これも内容量は少なくなったように思いますけど、

わたしの初期のアガスティアの葉のように、申し込まれた方にとって、良い働きをしてくれるものと感じています。

 

とはいったものの、今回のもメモからレポートにしてみたら3500文字くらいはありました。

案外あった。笑

以前のがものすごくタラタラ書いてるイメージだったんですけど、あるいは記憶で思い込みになってるかもです。

 

そして調べたら9万円の鑑定を申し込んでくださった方は以前、常時受け付けている、みどりさんに任せている35000円の通常鑑定の方もすでに受けてくださってて、見直してみたらそっちの方が9万円のよりも長くて、過去世も書いてありました。笑

 

今後過去世の記述が減るかもですが、そんな感じで35000円の通常鑑定ももちろん十分使えます。鑑定後に質問もできますし。

 

で、鑑定代行を久しぶりにしてみたわたしの感じとしては、やっぱ、ひと月にMAX2組がいいくらいと思います。

というのは基本他人の人生に興味ないので、それ以上だと他人の人生のことに集中する集中力が持ちません。

 

でもでも、バラティさんの鑑定を受けて人生が好転した例はたくさんあって、

バラティさんてそういうキャラ設定にちょっとなってると思います。

そしてわたしも実はそうだと自分で思います。

 

でもでも、バラティさんとわたしとでは結構反対の働きでそういう好転の動きに貢献すると思います。

わたしは以前夢でサイババにドゥルガーと呼ばれたことがあったのですが(一回だけ)

そういう性質はあるよなーと思います。破壊を通じて浄化再生みたいな。

なんもかんも放り出す感じだし。

 

バラティさんは結構コツコツ蓄積型な気が。

 

まあ、いいコンビなのかもしれないですね。

わたし適当だしバラティさん真面目だし。

でも真面目と言われる日本人のわたしといい加減といわれるインド人のバラティさんと。

 

過去世関西人で今インド人のバラティさんと、過去世インド人で今関西生まれのわたしと。笑

 

まあ、適当に頑張ろうと思います。

 

結局書きたかったことは何かというと、

9万円のわたしがやる鑑定代行は、物好きな人とか、なんか直感がやれと語りかけてくる人は自己責任でぜひ申し込んでくださいということです。わたしの方で内容の責任は持ちませんけど笑

ていうか、どう転んでも完璧だというマインドでやってます。

ですからきっとそうなんだと思います。

 

11月はあと1組のお申し込みを受け付けます。

今回は3月半ばまでインドに滞在予定なので、12月2組、1月2組、2月2組、3月1組の、残りマックス7組です。

もしどこか、例えばアルナーチャラとかに遊びに行くとかあったら、もしくは申し込んだ方が続けて家族の分も、とかいうことになってきたら、新規受付はもうちょっと減らすと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

35000円の通常鑑定はこちら

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=21031554
 

 

9万円の特別鑑定はこちら

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=109248814
 

 

そして速報として、ブラックインクがバージョンアップされて値段も大幅にアップしました。

バラティさん曰く、全面的に変わった。

 

値段も大幅アップ。。なんかどんどん庶民感覚からは離れていく当ショップですが、これも流れかな。

庶民感覚無視。まあ、そういう流れならばそれでいいんだと思います。異常なショップで。

私がもう自分の集中力が散るような細かい仕事をしたくないというのもあり。

 

ブラックインクはどうバージョンアップしたかというと、

中身の成分やハーブは一緒なんですが、ブラックインクに対して行われる祈りのプージャの種類と時間が増えたみたいです。

 

今まではすべてのハーブなどの材料を合わせてから48日間のプージャがブラックインクに対して行われていたのですが、

(ハーブを摘むタイミングとかそういういろんなエネルギー的な配慮はもちろんこれまでにもありました)

今後提供するブラックインクはまだバラバラの段階でそれぞれの薬草やハーブにマントラやプージャがかなり施されるようになったそうです。

その期間の総計、3ヶ月。

そしてすでに強烈にエネルギーを込められたハーブを調合してから、さらに今まで通り48日間のプージャがブラックインクに対して行われます。

 

なんかすごそうですね。笑

 

香りを嗅いでみましたが非常に瑞々しく感じました。

 

実は最近すでに欧米の人々がごっそり1ダースも買って行ったので、今すぐあるのはLサイズで5個くらいかもです。

 

サイズはS・M・Lの3種類あります。

 

Sが46000円

Mが56000円

Lが90000円

 

です。

MサイズとLサイズは今までと変わりありませんが、

Sサイズは今までになかったサイズで、すごく小さいお試しサイズです。

もっぺん言います。Sはすごく小さいです!

 

そして名称も、これまでの「ブラックインク」から「アガスティア・ハーバルペースト」となります。

 

よろしくお願いいたします。

 

こちらもショップへの商品登録は後回しにしますけど、もし欲しい方がいらっしゃいましたらコメント欄かメールで連絡してください。

メールはいつものホットメールは返事がない場合は届いてないですのでヤフーにお願いします。

(miminohi333✨yahoo.co.jp)

※✨を@に。

 

 

それともう一つ連絡で、今、シュリサイチャクラムの購入依頼を頂いてるんですけど(確か7万)

なかなかお渡しできてない状況です。

と言いますのは、私たちの方での在庫も、製造元にある在庫も状態が良くなかったので、新しく作ってます。

 

シュリサイチャクラムはサティヤサイババが仕上げに手を加えて完成したサイババヤントラと言っていいと思いますが、

サティヤサイババの死後、誰も買う人がいなくなって、それでもう新しく作られてなくて、在庫も底をついていたのです。

 

もちろん製造元への新規の製造依頼もありませんでした。

 

今回お客様から当ショップにご注文をいただいたのを機に、製造元へ9枚くらい新規製造の注文をしました。

1枚だけでは作ってもらえないので。

 

なんか、サイババヤントラ復活って感じで嬉しいですね。

 

でも、もしかしたらショップに出してる写真の雰囲気とか違うかもしれないので、

ご注文頂いてるお客様にできたのを見てもらってから購入を決めていただこうと思ってます。

(まだ待ってくださってればですが)

 

9枚注文しましたので。笑

他にも購入したいサイババファンの方がいらっしゃいましたら予約を受け付けます。

商品ページを貼っておきます。

http://premasai-jyoti.shop-pro.jp/?pid=21031311

ヤントラの仕上がり具合を確認してから最終決定していただいて構いませんので。

 

値段はあまりにも原価が値上がりしてない限り、送料・プージャ代込みで7万円でOKにできると思います。

 

なんかいっぱい情報を出しましたが、よろしくお願いします。

 

明日はアカンダバジャンです。(24時間連続バジャン)

私は24時間連続は絶対歌いませんが、

リードグループの一つ、インターナショナルバジャングループに参加してて、今回はハーモニウム係になってしまったのでちょっと真面目に参加してきます。

出番は24時間のうち30分×3回くらいあるんじゃないかと。

 

明日の午前に15曲くらい連続通しの最後の練習があって、

ちょっとは責任重大なので(みんなの歌い初めの音をハーモニウムのコードで教えるので)

ちょっとは準備しようかな、と。

明日起きてから。笑

 

最近夜は10時くらいには寝てたんですけど今日は長々と書いたら12時近くになりました。

 

寝ます。

 

おやすみなさい❤️

 

 

ちょっと詐欺な、アプリ使用の自撮り写真を載せておきます✨

JUGEMテーマ:ネットショップ

占星術鑑定の翻訳中

今、インド占星術鑑定のバラティレポートの翻訳中ですが、

おもしろい。

やばい。改めて、バラティさんの鑑定は面白いなと思ってしまった。
引き込まれますね。


最近わたしはアカシックレコードのリーディングを私自身でも練習してやるようになってますが、
ストーリーテラーとしてのバラティさんはやっぱ才能あると思います。

チャートに出てないことは言ってないと、元タントラ行者のバラティさんは言いますけれど、
チャートの情報は膨大なので、やはりそこにどのような物語があるのか、
その膨大な情報の海の中から適切な物語をすくい撮るのはやはりプロの直感(霊感)と才能のたまものだと思います。


ちなみに私は山本千春さん曰く、来年の1月くらい?にはバリバリイケてるらしいんですけど、
今は過去生とかのリーディングは断片的だったり曖昧模糊な感じだったリがほとんどです。

私が自分で自分の過去生を情報として自然に得たり、時にはめちゃくちゃはっきりバーチャルに情報の固まりが瞬時にダウンロードされた時もあるんですけど、
そこまで曖昧さのない過去生情報を自らの意思で自在に取り出せるまではまだお気軽価格の体験リーディングを積んで精進します。

それはともかく、Hさん(男性)、お待たせしてますけど今翻訳してますので。。。

わたしはとりあえずHさんともう一人のお申し込みの方(女性)担当してて、

それ以降の占星術鑑定お申し込みの方の対応や翻訳作業はイギリス在住の素敵スタッフ・ヒーラーみどりさんにおまかせしてます。

そちらはまだバラティレポートは来てないと思います。
超超スローペースですみませんがみなさま気長に構えておいてくださいませ。

占星術鑑定のお問い合わせへの返答です。

インド占星術鑑定のお申し込みへのお問い合わせをいただきました。
その返答です。

現在すでに鑑定は停滞してます。

申し込むなら長期戦を十分覚悟してください。


もっと単価を上げた方がいいと言われたりもするのですが、
(確かにそれだと少人数のみのお申し込みをキープできて、鑑定もゆったりできるかも)
とりあえず様子見です。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




Om Sri Sai Ram

こんばんは。

インド占星術鑑定はしてないわけではないのですが、何しろ仕事がやたら遅いので受付人数を制限して仕事の進み具合をコントロールしています。

少なくとも2〜3ヶ月は見ておいていただく、場合によってはそれ以上かかる可能性も大いにありますので、そういう状況に精神的に耐えられる方だけ受け付けさせていただいてます。

なんせインド人ですので!その点は悠久のインドを十分体験していただけると自信を持って言えます。

また、私と組んでいるバラティさんは霊感&直感の部分がけっこう大きい印象があって。
バラティさん本人はチャートに書いてある以外のことは言ってないと言ってますが。

もともと、そういう霊感&直感で、来た人に助言したり浄霊したりしてた人で、物事の起きるタイミングなど、より詳しいアドバイスが出来るように占星術を道具として使い始めたという面があると思います。

そして、占星術を自らされる方は詳しいこと、この星とこの星がどうなってるからこうなんですかとか、その判断はチャートのこの部分からですかとか、そういう知識を得たい意識が先に立ってマニアックな聞き方する方が多いんですが、そういう聞き方は私たちの行っていることは占星術講座ではないのでお断りしてます。

といいますのは、多くの要素を総合的に判断した上での鑑定内容である場合も多く、説明が簡単には終わらないし、占星術家に対する教育的要素が入ってくるからです。

ですからそのように、占星術的にどのような解釈からもたらされた鑑定内容かなどにはいちいちお答えできませんし、そのような占星術の具体的な手法などへの知識欲が優勢の場合にはその希望を満たせないと思います。

あくまで人生の方向性を明確に見出したい方のためのものという位置づけです。

以上の注意点を飲んでいただける場合にはどうぞお申し込みくださいませ。

ありがとうございます!

サイラム
古野サワコ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

インド占星術鑑定

ようやくインド占星術鑑定のレポートがバラティさんから1名分送られてきました。

ざっと見た感じ、思ったより丁寧。


明日、翻訳します。




※今はひとまず新規お申し込みは一時的に休止しています。

人生の総合的な理解

実はいまだに、こうやってバラティさんにインド占星術の鑑定レポートを作成してもらって、それを私や翻訳チームが訳してお客さんに渡す、というやりかたの標準仕様を設定する段階で試行錯誤してるのですが、

私だったら生まれてから死ぬまでの各時期の性質を大雑把にでも知りたいと思うので、

バラティさんに何度もそれを言ってて、バラティさんはそのつど「わかった、書きましょう」といいつつ、今現在とその前後の限定的な時期のことしか書いてこないので

今もまたバラティさんと同じようなやり取りを繰り返してるんですけど、



さっきは、お客さんがそれを望むなら書きましょう、とか書いてきた。

ネガティブなことや死ぬ時期を言いたくないのかな?

たしかにお客さんの中には死ぬ時期を知りたくないという人もいるとは思いますけど。


バラティさんの鑑定って、かなり上げ上げな鑑定で、カンフル打ったみたいに元気になるんですけど、

だから人気なんですけど、

それって占い師として必要不可欠な態度だとは思うんですけど、


難しいとこですよね。

ホントに元気なくしてて、人生混迷を極めてて希望が持てない状態の人がすがる思いで来たときにはバラティさんの上げ上げ鑑定って絶大なサポートになります。


でも、本当に自分の人生を暗黒面まで理解してすべてを統合してそこをさらに超えた境地でありたいと思う人も少なくないんじゃないかなと私は思うんですけど、

と思って、こう書いてみた。


I wants to fix this service(born to die) our standard.

Because most of people wants to know it.
They wants to have wide sight about them life.
Most of Japanese need total understanding of them life.

Not only solute of them problem.


What do you think?


おおざっぱな英作文はさておき、

バラティさんも思い当たるところがあったと思うんですが、こう返事が返ってきた。


sairam;

good idea we understand now actually what they wants.

aum sri sai ram,


現地で通訳頼まれてやったりしてたときも、

バラティさんは、外人はロマンスが好きだから、というので、外人向けサービスと思って、日本人の独身の人たちにもれなく、いついつに素敵な異性と出会って結婚して、みたいなことを言うことが多くて、

白人系の人は確かにそういうのすごく喜ぶみたいなんですけど、

日本人は結構まじめな人が多くて、
自分ひとりでいることに満足して慣れてる人も少なくないので、
そんなことを言われたら、何をいまさら、みたいに逆にとまどったり変なプレッシャーを感じる人も少なくない様子でした。


日本人は真実を知りたい、真実を生きたいと生真面目に思ってる人が本当に多いと思います。


まあ、もうちょっと適当でもいいんじゃあ?と思わないこともないですが、

(そう思って軽い面を好んで付き合ったり結婚した相手は常識離れして軽くて失敗しましたけど)


なに言いたかったんだっけ?


そうそう、ま、そういうこと。笑



でも、ホントなら2パターンの鑑定があってもいいのかもしれないですよね。

とにかく苦しい現状打破と元気付けを望むお客さんと、

人生を俯瞰して自分自身への理解を望むお客さんと。


本当に苦しいときっていうのも、あるからなあ。
そこからボンッと出るにはバラティさんの上げ上げパンチ鑑定がものすごく助かるのも事実。



バラティさんの持ち味としては、うちのおかん同様、魔術的、という面がありますから、

実は鑑定というより、バラティ体験のツールとして鑑定を取り入れてるという面もあるんですよね。。。



それってすごーーーーーく力強いんですけど、
わたし思うにある程度のとこまでしか運んでくれない。

そこから先に、ショップの集合意識としても、もう行ってもいいんじゃないかなと私は思うわけなんですけど。


皆さんどう思われます?

わたし言ってること、意味不明?


占星術鑑定の

インド占星術鑑定、バラティさんの記述と、英語のタイプする人のペアでレポート作成してもらったらどうか、やってもらいました。

それが来たんですけど、

う〜ん、バラティさんの説明をめんどくさがってはしょるとこがよくない形で出てる感じ。


実は今回鑑定してもらった人は、数年前に申し込んでくださってて、私が手がまわらなかったのと気持ちがついていかなかったので、

どうしても鑑定の清書を完成させることができなくて、

2〜3回、たぶん3回、バラティさんに新たに鑑定してもらって、書き留めたんですが、
それを清書できないままになってそのまま。。。

というのを繰り返してた人なんです。(もう一人そういう人がいます。。。)

なので、私が直接鑑定を聞き書きしたらどんな感じかというのがよくわかってるので比較がしやすい。

出来るだけそのクオリティに近づけたいので。


今回のレポートは期待値の65パーセントくらいの出来ですかね。


以前、バラティさんに手書きでレポートを作ってもらったときに、

「ありとあらゆる詳細をすべて書いてるから!!!」

と力いっぱい言われてたのを受け取って、字ばかり大きくて中身がほとんどなくて驚いたのを体験してるから、
予想はしてたけど、軽くがっかり。

バラティ鑑定の感動的ないい部分がごっそり抜けてる感じ。

バラティさんもそうだけど、

わたしの語り部的な部分(もしくはしつこく根掘り葉掘り聞く態度)でこれまでの鑑定が成り立ってた部分もあるなあやっぱりと思った次第。


5の記述で詳しく語っていいとこを結果の1だけで書いてるから省略されすぎてて意味不明。

しかもほとんど、質問に答えるだけで自分で満足して終わりにしてるから、

質問への答えは後にして、まずは一つ前の過去生の生まれてから死ぬまでと、
今生のその人の特色などを一通り述べてもらったほうがよさそう。


さらに記述量を増やすよう依頼して、これをどこまでレポートの質を上げることが出来るか、やってみます。

生まれてから死ぬまでの時期ごとがどういう特色があるかとかトータルに知りたいですよね?

出来たらそれぞれの時期ごとに必要なプージャも大雑把に知らせてもらってたら助かるだろうし。


新しい値段はバラティさんがわへもこれまでの3倍払い、日本語の翻訳も翻訳チームにやってもらって、より分担することになるので1件35000円にしようと思ってるので、その分のクオリティがないと。


今までが私の生命力削ってやりすぎてたのかもしれないけど。

個人の占星術鑑定

さ〜〜〜す〜〜〜〜が〜〜〜〜に〜〜〜〜〜〜


鑑定待ちの方、いらっしゃるんで、再開しないといけないですよね。
(とりあえず予約済みの方のこと。新規は受け付けてないです)

ここ数日、なんとなくまったりしたいい感じだったので、
できるかな、という気分になってきました。


この1年間はあまりにも世界的にも個人的にも怒涛すぎたので、
個人(他人の人生)に気持ちを集中して一定時間固定するのが難しくて。

モードが違う風になりすぎてバランスが取れなかったり。

自分に安定感ないと、他人の鑑定に関わったらあまりよくないような気もして。


でもなんかここ数日でなんかのどかなムードが自分に漂ってきたので、
いけるかなと思ってます。


最近、個人のプージャは実はリピーターでバーススター調べる手間がない人からの依頼とか、

健康上急を要したり、命に関わるような特に深刻な状況、という方々のは時々受け付けてました。

あと、なんとなく受けようかなと思った人のとか。


そういうケースはと、き、ど、き、受けてました。


もちろんバラティさんは実店舗というか、鑑定オフィスがあるので毎日直接足を運んでくる依頼者の鑑定はしてるわけなんですが、

ネットショップも作ってみたらしい。笑

というか、友達がきちっとした完成度の高いやつを作ってくれたらしい。
たぶんそういうサイト何個か持ってるはず。

でもネットで鑑定を受けだすとしょうもない質問だらけでものすごい時間がとられるということに気がついて、全然対応できなくて、パソコン開くのが怖くなったらしいです。爆


今度スリランガムで行う木星のスペシャルプージャもそっちでもお知らせしてみたらしくて、
一日数百のアクセスあるけど申し込みやとい合わせはなぜか一件もないと言っていた。

やっぱ、どういう価値のあるものなのか、すぐには認識できないんだろうと思います。


私は洗練されてなくてする気もないし、馬鹿なので、あとちょっと性質的にマニアックなとこあるので、
そういうのがきっとネットショップにはいい風に作用して、妙な磁場を作り出し、笑

みんな来てくれてるんだろうなと、自己分析。




鑑定とかって、やる気なかったですが、
というのは人の人生なんか基本どうでもいいから。

自分自分の自分大好き人間なので。


人のいざこざに関わる気が知れないというのもあり、
もとだんなが弁護士になろうかなとか言って勉強はじめたのを

「なんでわざわざ人の問題に首突っ込むような仕事するん」
と、止めたという。



それが何の因果か自分が人の人生に首突っ込みまくりのこういうことに関わるようになるとはよくわかりません。

鑑定代行の仕事をはじめてから、
プッタパルティには自称覚醒してる人がいっぱいいるんですが、爆
まあでも何らかの段階の覚醒はしてるに違いないのですが、

そういう人に、私はいいとこいってるのに、そういう仕事をはじめて残念だとか、おしい、、、とか言われたりもしました。


そんなこといわれても、私は私で、
ずっとサイババにネットショップみたいなネットでの仕事やるようにいわれ続けてたんだけど、(直感的に)
状況が整ってなくて、
そのうちに状況が整ったので、やったほうがいいのかな?と思って

ダルシャンのときに心の中でサイババに聞いてみたら超はっきり「やりなさい」といわれた感じを受けたので、

バラティさんにネットで鑑定代行しようと思うんですけど?と言ってみたら、

後でバラティさんが言うには、
バラティさんはバラティさんで、大きな規模で全部お膳立てしてくれる西洋人の協力者がいたそうなんだけど、手紙を書いてバラティ方式でサイババに聞いてみたら「NO」だったのでその申し出を断ったらしく、

断って2日後か何かに私が「ネットショップやろうと思うんですけど」と言ってきてOKで、そのタイミングに神の手を感じたらしいです。


そんなんだったから、
占星術なんかに関わって、じつにもったいない、おしい、とか自称覚醒者に言われたんだけど、

しょーがないじゃん、ババにやれといわれたんだから、選択の余地ないんですよ、と、言わなかったけど思いました。


実際それで助けになる人もいるわけだし、
わたし自身も助けになった経験あったし。

まーでも、いろんな人と関わったらサイババアシュラムの天界モードから失礼ながら下界モードに意識が混ざってっ張られるのは当然で、

そういうことのないように、日本人とかとほとんど関わってなかった私自身も
自分で自分を残念に思わないこともなかった。正直。


でも今はすっかり下界モードが基本なので残念ではないです。爆


きっとそういう時期が神から与えられたので、
それは堕ちたというように見えるかもしれないけど間違いなく次の段階なんだろうと思います。

陰陽が極から極へと転じていき続けるように。



私が個人鑑定に関わるのにむいてるかなと思うことは、
どんな状況を聞いてもあまり驚かないことかも。

実生活で大変な状況だったり、霊的に大変な状況だったり、
逆に一般人離れした豊かな状態だったり

そういうのを、ああそういうこともありますよねと、わりかし平常心でというか普通の事として受け止められるというか聞き流せるかもしれないので、
その点はむいてるというか、そのように準備させられてきたといえなくもないかなと思います。


でもそういう極端な状況の方々があって、
でもみんな幸福を望んでいるという点では同じで、
私もそれは同じで、

鑑定後とかプージャ後に嬉しい変化の報告を聞くと本当に嬉しく思います。

今年はもう受けるのをやめようと思ってた試験を、鑑定で勧められて受けたら今年は受かった。ありがとうございます一生忘れません。とか、

長年の不妊症の方がバラティさんのまじないをまじめに実行したらわりかしすぐに子供が授かったり、

危篤の方が生還したり、


いろいろあります。


できるだけその方の希望に沿ったアドバイスをしてるわけなんですが、
チャートを見ながら、そこに希望の叶う可能性とかいろいろ見ながらなわけで、

みんながみんなそういう望んだ結果を得られるわけでなく、
子供を持ちたい人に関しては不可能ではないけど持つと問題が起こりそうなので神が持つことをとめてるような?ケースとか、

危篤でプージャで容態が一時的に安定したりしても最終的には亡くなったりもします。

でもたぶん結果が出ればそれはああよかったと私たちも思いますが、

たぶん本当はその奥の神の意図のようなものに気づくための占星術鑑定なんだろうと思います。


でもこういう神から与えられた道具があるということは人間にとって助けになるものだとは思います。

いまだに占星術の勉強する気にはなれないんですが、

(だって誰かに読んでもらうほうが簡単)


縁のあるいろんな人にこういう占星術的な世界観に触れてもらうのは楽しいことだなと思います。

インド占星術のチャート、変わったんですか?

もう、ほんとすみません。

個人鑑定はですね、止まってます。(みんなご存知ですね)



で、わたし自身、まあ皆さんもだと思いますが、
この1年ありとあらゆることが一気にやってきて、もう、ぐっちゃぐちゃ。笑


なので、個人鑑定をする安定感にちょっと不足してるというのもアリ。

また、何の因果か日本のプージャや世界のプージャとかずっと行ってきたわけですけど、

そっちに意識をあわせてたら個人に意識をあわせにくくなったというのもあります。


なので、こういうちょっと公共っぽいプージャがおちついたら個人のもどんどんできるんじゃないかと思うんですが、

あ〜〜〜しかし、ほんと大変で〜〜〜。泣泣泣!号泣!!あ〜〜〜ん。



とりあえずガンガンすすんできたわけなんですが、
気温上昇とともに(インドは4〜6月くらいが1年で一番暑い酷暑期です)
脳も爆発傾向で、

この先アティルッドラマハヤグニャとか、やるのかやらないのかやってみないとわからないかんじですが、

爆発しっぱなしの時期が続いてるので、この精神ボロボロ状態を何とかすべく少し内向き加減になっていく必要も感じ、


ひそかにどこかの人にセッション依頼してみたり、アガスティアの葉をこっそり読んでみたり、してるわけなんです。笑

私自身の。

それが内向きになることなのかどうかは謎ですが、
ちょっと自己認識を立て直す必要もあり。


で、バラティさんもたしか占星術師なんで、笑


今日はちょっと鑑定してくださいとか言って、
私自身の鑑定第3回目をお願いしたわけです。

今までの鑑定って大体なに言われたか忘れました。
不思議と記憶に残らないんですよね〜。



で、バラティさんに生年月日とかの生誕情報を告げ、
バラティさんはパソコンでチャートを作成。


で、鑑定をはじめてしばらくなんだかんだ言ってくれてたんですが、

「はあっ!???」


とかバラティさんが言い出して、


生誕情報をもういっぺん確認されたりしました。


わたしら一緒にいっぱいプージャやってますから、
私のホロスコープはバラティさんはほとんど頭の中に入ってるわけなんです。

。。。。。。。が!!



同じ占星術ソフトで同じ情報を基に作成した私のホロスコープが変わっちゃたらしいです。


はぁ〜〜〜〜ん。
まあ、時々私の人生にはそういうことが起こるんですよ。笑

と、私は言いましたが、



バラティさんは納得がいかないから、
昔作成したわたしのホロースコープがパソコンに保存されてるから、
それを調べようと思って、

ファイルを開けたんですが、


それを見て、バラティさんが

「、、、、、、こっちに来てみてみなさい」

というので回りこんで画面を覗いたら、


チャートを作ったらそのソフトでは5枚組みで表が出てくるんですが、
昔のと今のとを照らし合わせるのに必要な最初の2枚分だけがパソコンの中で白紙になっていました。


バラティさんショック受けてました。

「なんというデヴァイン、、、、、!」

と、こんなときにもポジティブワードを使うのを忘れずに。




時々私のチャートって変わるんですよ。

神は何でもできるから。


と、バラティさんに説明しました。



あはは。



(つづく?)

鑑定が。。。

あー、鑑定の清書がなかなか進められてないです。

鑑定を進めていくことで自分もなにかすがすがしく感じたり、変容や浄化を感じたりもするのでどんどんすすめていきたいところですが、

進めていくためにエネルギーを集める作業をしてるうちに時間が過ぎる感じですか。

ちなみに今私は土星ー土星のダブル土星です。

土星は私にはいいらしく、
今のこの時期は人生最高の時期らしいのですが
仕事を進める要領が悪いのはプージャでどうにかならないものか。

ナヴァグラハスペシャルプージャがおおごとなので、他がなかなか手につきにくいというのもありますが。


うまく色々仕事を分担して鑑定に時間を作っていけるように心がけます。




「わ〜、やることいっぱいじゃ〜〜。」
(。。。って、こういうシチュエーションの絵ではないはず。)

鑑定予定。

占星術鑑定がどんどん遅れ気味ですが、

気を取り直して今後鑑定予定の方々のお知らせです。

YKさん(男性、4月生まれ)
DHさん(男性、7月生まれ)
KUさん(女性、12月生まれ)
Kさん(男性、10月生まれ)
AKさん(男性、10月生まれ)

勢いよくどんどんいけることを祈っててください。。。

サイラム