地震の可能性に備える

今回の地震はかなり日本各地に平均して分散されてるっぽいです。
あと、雨が降ってるのもそういう効果があると思います。
でもまだ気をつけてたほうがいいと思います。

ゲリーは体調不良でまだ数日あった日本での予定を切り上げて今日帰国したみたいです。
体調不良は本当だったみたいですけど(19日のWSも途中で切り上げたとか?)、以前インドで予約した列車に体調不良で乗れなかった時に、その列車が大事故にあったということもあったらしく、見えない世界からのアメリカへの強制送還が働いた可能性もなきにしもあらずなのかなというかんじもあります。311の時にも地震を予測していたそうなんですけど、3月9日の大きな前震を本震だと思って3月10日に帰国したら311が起こったそうで。本人は今回の地震はそのある意味リベンジとして、日本で震災を体験して他の人の助けになるつもりでいたそうなんですけど。

地震の可能性

ちなみにゲリーの今日の書き込みでは20日、つまり明日の地震の可能性を言ってます。
念のために身辺整理や荷物まとめてみたり、準備物のチェックしてしてみてもいいのかも?

今日のゲリー・ボーネル ノウイングスクール本科8期の講義内での地震に関する話

今日のノウイングスクール本科8期内で地震についてゲリーが言及したときの動画です。

いつ起きてもおかしくないけど、体感的には3日後くらいだそうです。




ポジティブに出来事を変化させていくために、以前紹介した召喚文を唱えてる人は引き続きよろしくお願いします。(下に再度貼っておきます)
高めの声で抑揚なく、はっきりと唱えると良いそうです。

また、もちろんルッドラムなどのヴェーダを唱えたりそれぞれのやり方での働きかけも有効だと思います。

(召喚文)
私は 源 より出でし、自主独立した永遠なる魂なり。私は一なるものの姿の映しであり、一なるもの自身である。
私は歓びをもって召喚する。
バエル(Ba-EL) 、フォエル(Pho-EL )、サエル(Tha-EL)、スロエル(Thro-EL )、サバエル(Thaba-EL)、ソ エル(Tho-EL)、シエル(Thi-EL )、アロエル(Aro-EL) 、アファエル(Afph-EL)、アロウェル (Arouo-EL)、 サミエル(Sami-EL)、アエル( Au-EL )、ウエル(Ou-EL)、オビメル(Obmi-EL) 、サーミエル(Tharimi-EL)、 アケル(Ach-EL)、アラオベル(Araoab-EL)、バク―ル(Bachool )よ。
私に耳を傾けよ。力強い天使たちよ。創造主の名のもとに私はあなた方を召喚する。 ヤオイェッカ(Yao Yecha)の身体である大天使たち、私の声を聴き、私のもとへ来たれ。
アソナース(Athonath)・アソナース・アソナース。 公正の天使ガブリエルを使わせたまえ。 ガブリエルがわが身を混沌と危害から守り、私が心をかける人々や場所を疫病と災害から守護したまう時、彼に 対して我が肉体と精神を呼び覚ませ。ガブリエルは、地球の多くの次元を統括する大天使、天使、セラフィス、 セラフィム、ケルビム、ウォッチャーたちにパワーを与える存在である。
オビウート(Obiute)、ゲルナビウート(Gernabiute)、ゲルナビエール(Gernabiel)、パウィー(Pawee)、フ- レート(Hureet)、エスラース(Ethrahes)、エプソーマ(Epsoma)、ナウヤィスース(Nauyayzus)、クリストス (Christo)、パセィラー(Paesayrah)、パゥヌータ(Pawnoota)、カラエス(Cahrawes)、パソマ(Pasoma)よ、 日本と世界の大小すべての生きとし生けるもののために、大地の活動のバランスを整え完了させる準備がなされるとき、私を導きたまえ。
私は、彼らが力を合わせて生み出したパワーを召喚する。私が優雅に自主独立と覚醒へと開かれていくとき、私 の思考と行動を導いてくれるように。
力強い仲間たちよ。私はあなた方に指令する。私を通し、あなたのパワーが私を通して輝くように。すべての人々との関わりにおいて、私が彼らの安らぎとなるように。私の直感の叡智を開き、私が時間と空間を超えて見ることができるように。私は指令する。セイノイ(Seinoy)、ササノイ(Sasanoy)、セミィルーフ(Semienloof)よ。天使たちのパワーが私を通して輝くように。私は指令する。 私の身体、マインド、スピリットが明晰であるように。セイノイ(Seinoy)、ササノイ(Sasanoy)、セミィルーフ(Semienloof)よ、私の人生の使命が開か れていく時、私と共にあれ。
セイノイ(Seinoy)、ササノイ(Sasanoy)、セミィルーフ(Semienloof)よ、来る一瞬、一瞬ごとに、私が源となって、思考を形へ、結果としての意図を指令するとき、私とともに働き給え。

2015年4月12〜20日に起こる可能性の高い地震についてのゲリー・ボーネル氏からのメッセージ

ニュースサイトからですが、10日のゲリーからのメッセージ(日本語訳付き)です。
当初よりも規模が小さくなったとはいえ、4月12〜20日あたりになんらかの大きめの地震が起きる可能性は高そうですのでどうぞ心づもりや備えをなさってください。
http://www.buzznews.jp/?p=1591600


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





ゲリー・ボーネルです。

地震が起きる期間についてたくさんの情報をお伝えしました。

アカシャの中では30日前から地震情報の日付が消えました。
(※アカシャ=宇宙のデータバンク)

それは「今」起こるということです。

なので地震はいつ起こっても不思議ではありません。

今かもしれないし12日かもしれないし27日かもしれません。

いつでも起こりうる状況にあります。

なので準備することはとても大事です。

お互いにコミュニケーションを取り合うこともとても大事です。

自分のケアもしっかりしてください。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



私の感じでもこれから2年くらいはまた結構激しい動きがあるかもという気がしてます。
5月でしたっけ、当ショップでもまた災害緩和などのための大規模プージャを予定しています。

詳細はまた追ってお知らせいたします。
ご協力いただける方はお願いいたします。
ちなみにショップのFB公開ページです。
https://www.facebook.com/premasaijyoti

とりあえずはこの2週間くらいはちょっと要注意ということで、皆さん少しそのつもりでいたほうがもしことが起こった時に動揺が少なくなって適切な行動が取れていいんじゃないかなと思います。

何もなかったならないでいいですから。



ただ、以前まだわたしが南インドを拠点にしてた時、ある時期(数ヶ月)に南インドで地震が起こると個人セッションでゲリーに言われ、その言われた時期はわたしは日本にいる予定だったのであまり気にしてなかったのですが、実際にその時期に南インドのプッタパルティで地震がありました。
規模は小さかったので被害はなかったと思いますが、そこらへんは岩盤も硬くて地震のないとされる地域で、そこに住んでる人は何十年も地震を体験したことがない人たちばっかりだったのでみんなびっくりしたみたいです。

そういうわけで、外れることである意味有名なゲリーさんの予言ですが、
何十年も地震が起こっていなかった南インドの地域の地震の起こるタイミングを数ヶ月の範囲内で予測していたので、
自分の中ではやはり彼はきちんと情報を取ってるんだなという印象です。

なので外れるのを願いつつ、備えるに越したことはないと思います。


(※さらに、FBに書き込まれたメッセージをももこさんが訳してくれました。)

”ゲリーの書き込み、取り急ぎ訳しました。必要であれば展開いただいて結構です。二個目のメッセージ、特にじーん、としました。by訳者”

I am getting a lot of personal messages concerning the predicted quake. There's a lot about this in the news here in Tokyo. Japan is the most seismic area on the planet - everyone should always be prepared for a quake with water and food, especially in big cities such as Tokyo. The quake intensity I first predicted will be much less now due to the mitigation that has taken place. The people in Japan who have been aware of the high possibility of a large quake have been actively invoking to change the outcome of the quake. Now we will see how effective all our efforts have been. Be safe
以前私が予測した地震に関して、私は個人メッセージをたくさん受け取っています。東京でもこの件に関してたくさんのニュースが流れています。
日本はこの惑星で最も地震の活発な地域です−特に東京のような大都市では、誰でも常に地震のための水と食物の準備をしておくべきです。
私が最初に予測した地震の強さは、緩和が起きて現在ずいぶん弱まりました。大地震の可能性が高いことを認識していた日本の人々は、地震の結果を変えるべく積極的に祈ってきました。
もうじきこの私たちの努力がどれくらい有効であったのかがわかるでしょう。安全にしてください。
I have always been reluctant to predict earthquake events. The reason is simple: if you warn people too much, they stop listening. Regardless of whether or not the quake happens on the 12th or some other day in the very near future, it is so important to have a plan and to stay in communication with each other. The stress of such an event is very hard on the body and not communicating is harmful to the etheric form due to exaggerated worry. Let’s all be safe here in Japan. I am glad to be here to work through this with my students, clients and friends. We will get through this time and help others in their needs. Be safe.
私は地震の予測をすることがいつも嫌です。
理由は簡単です。もしあまりに頻繁に人々に警告をすれば、ひとは聞かなくなります。12日、または近い将来のいつかに地震が起きるかどうかに関わらず、プランを立てて、お互いにコミュニケーションをとっていることが本当に重要です。そのようなことが起きた際の身体にかかるストレスは非常に大きなものであり、コミュニケーションをとらないことは心配を大きくし、エーテル体にも有害です。
ここ日本で安全でいましょう。私はここにいて、自分の生徒、クライアント、友人とともにこれに取組むことができることをうれしく思います。
私たちは今回のこの件を切り抜けて、助けを必要としている他の人々を助けていきましょう。
安全にしてください。



(※より多くの情報があって、心身の安全を確保しやすい私たちは何かの時には他の人たちの助けになりやすいかもしれませんね。)

日本の4月半ばに予測される地震に関するゲリーボーネルさんの投稿

ゲリーが数時間前にFBに投稿した
4月半ばに予想される日本の大地震に関する内容です。
誰にでも情報公開していいみたいなので貼っておこうかな。

スクールのネットワークの人が訳してくれたものを訳者のコメント付きで下につけておきます。

For a long time there has been a prediction of a mega quake to hit the Honshu Island of Japan. I have added to this prediction over the years and more recently since the middle of summer last year. I want to offer the following to my friends, students and clients in Japan:
Right now the middle of April is still the timing of the Earth’s movement in Japan and several other countries that adjoin the Pacific Ring of Fire. This is important - you must be ready for this to happen at any moment. The intensity, location and exact timing (date and time) of the Tokai area quake has been shifting due to the efforts of inter and extra-dimensional beings and entities that have been working for several months now to mitigate this Earth event.

A long time ago – several hundred years – a prophecy was given that The Japans would save the world at a very crucial time. The reality of this prophecy is as follows – to save the Northern hemisphere from man-made nuclear catastrophe, several groups of inter and extra-dimensional beings and entities have joined in a massive effort to mitigate a series of earthquakes that would happen in the Kanto and Koshinetsu, Tokai, Hokuriku and Kinki areas of Honshu. Those beings that are thought to be the gods and goddesses of Japan are orchestrating this effort. This action will save many millions of human lives around the world and save the entire echo system of the Pacific Ocean as well as the west coast of North America.

In all my years of working with astral entities and causal realm beings I have never witnessed so much activity by collaborating through adjacent realities. The Akashic Records indicate that this is the first time this has happened on Earth. I will be offering a series of talks and workshops that will focus on how to effectively interact with the beings that are working within Earth’s dimensions. We humans can make a major contribution to this inter-dimensional and extra-dimensional effort to preserve life in the northern hemisphere. We only need to effectively set aside our self-centered concerns of survival and further empower the efforts being made to save Earth. Our willful intentions directed through the proper use of invocations and selfless prayer will give these celestial helpers the additional power they need. Your efforts of invoking the names of the entities mitigating the intensity of the quakes will add additional layers of energy to balance the outcomes.

We will be posting a series of invocations that further empower the entities and beings that are working to mitigate the intensity and location of the quakes. Please use the following invocation in a prayer like manner just before going to sleep and upon waking:
"I AM sovereign soul eternal of origin; I AM as the ONE in the ONE’s image.
I joyfully invoke the presence of Bah EL, Pho EL, Tha EL, Thro EL, Thaba EL, Tho EL, Thi EL, Aro EL, Afph EL, Arouo EL, Sami EL, Auh EL, Ou EL, Obmi EL, Tharimi EL, Ach EL, Araoab EL, Bachool, listen to me, strong angles, for I invoke you by the Lord of Creation, you archangels of the body of Yao Yecha, that you hearken to me and send to me, Athonath Athonath Athonath, Gabriel, the angel of righteousness that he come to me, awakening my body and mind to his presence as he protects my physical form from chaos and harm; protects those people and places of my concern from pestilence and devastation. That he empower the Archangels, Angels, Seraphs, Seraphim, Cherubim and Watchers who preside over Earth's many realms. Guide Obiute, Gernabiute, Gernabiel Pawee Hureet Ethrahes Epsoma Nauyayzus Christos Paesayrah Pawnoota Cahrawes Pasoma as they make ready the Earth’s movements to be balanced and complete for all living creatures great and small in the Japans and around the world.
I invoke their combined powers to guide my thoughts and actions as I gracefully unfold through sovereignty to enlightenment.

Mighty companions, I command your presence, radiate your power through me in every relationship that I am a comfort to all; open my intuitive knowing that I will see beyond time and space; I command Seinoy, Sasanoy and Semienloof to radiate the power of the angles through me that I command clarity of body, mind and spirit. Stand with me Seinoy, Sasanoy and Semienloof as I unfold my life’s mission. Work with me Seinoy, Sasanoy and Semienloof as I source thought to form, command intention as outcome in each new moment."
This invocation is to be stated in a strong, clear voice. If it is stated in such a manner for thirty-three consecutive days, the individual will command the powers assigned to them through their collaboration with such unlimited beings. This is a contract – do not enter this with simple curiosity or vague sincerity, but instead, enter this with the assurances of all those beings that have gone before you as knowing consciousness.
This will post at different sites - so please fell free to pass this information along to others who might not be a part of our network.

地震に関するGaryの投稿の訳をしました・・・ざざざと訳したので、間違いがあったら指摘お願いします。召喚/祈りの部分は、音なんかも効果に影響すると思いますので、こんな内容なのね、と参考になさる程度で。お祈りは専門家でないとどこに何がかかるかを解釈するのが結構難しく、心で訳しましたです(笑)
お役に立てるようでしたら他の方に展開いただいても私は構いません。
プロの翻訳家ではないのと、推敲は徹底できてないので、そのあたりは予めご了承いただければと思います。
*********************************************************************
長い間、日本の本州で巨大地震がおきるという予測がされてきました。
私は長年にわたって、そしてより最近では、昨年の夏の中頃から、この予測に追加をしてきました。
私は日本における私の友人、生徒、及びクライアントに以下を提供したいと思います。
現在でも、4月中旬が、日本、そして環太平洋火山帯に隣接する他のいくつかの国における地球の変動が起きるタイミングであることは変わりがありません。
重要なことですが、あなた方はこれがいつ起きてもよいように準備をしておかなくてはなりません。
この地球上のイベントを軽減するために数ヶ月に渡って働いてくれてきた次元間、及び次元外の存在の努力により、東海地震の強さ、場所、正確なタイミング(日時)は変化してきています。
ずいぶんと前のこと、 数百年前ですが、日本が非常に重要な時に世界を救うという予言がなされました。
この予言は実際には以下のような形で実現するでしょう。
人間の引き起こした核による大惨事から北半球を救うために、本州の関東、甲信越、東海、北陸、及び近畿地方で起きるはずであった一連の地震を弱めるために、次元間、及び次元外の存在のいくつかのグループが集まり、共に極めて大きな取り組みに参加しています。
日本の神と女神と考えられている存在たちがこの取り組みを組織しています。
この行動は世界中で何百万もの人命を救い、北アメリカの西海岸と太平洋の生態系を救います。
私は長年アストラル界とコーザル界の存在たちと共に働いてきましたが、
いわば隣り合った現実を通して協力する、ここまで活発な活動は見たことがありません。
アカシックレコードによると、これは地球でも初めてのことです。
私は、今後、地球の次元内で働いてくれている存在たちといかに効果的に共に働くかに焦点をあてた講演やワークショップを提供していくつもりです。
私たち人間も、北半球の生命を守るこの次元間や他次元との協力への大きな貢献をすることができます。
私たちは、自己中心的な自らの生き残りへの関心を脇に置いて、地球を救おうとしてすでに行われている努力をさらに力づけるだけでよいのです。
召還の祈りと、無私無欲の祈りを適切に使うことを通して、私たちの意思をこめた意図はこれらの天上のヘルパーたちに、彼らが必要とする力をもっと与えることができます。
地震を軽くする努力をしている存在たちの名前を召還するあなたたちの取り組みは、エネルギーの層をさらに加え、起きてくる結果のバランスを取るのです。
私たちは、今後、地震の強さや場所に働きかけて緩和する存在たちをさらに力づけるいろいろな祈りを掲出していきます。
夜寝る前と、朝起きたときに、次の召喚を祈りのように唱えてください。
(以下は祈りの大まかな訳ですが、訳によって祈りの効果が変わってくると思いますので、意味を参考になさる程度にお願いいたします。)
我は根源から発した永遠なる自主独立した魂。我はOneのイメージにおけるOneそのもの。
我は喜びに満ちて、 パエル、フォエル、サエル、スロエル、サバエル、ソエル、シエル、アロエル、アファエル、アロウェル、サミエル、アエル、ウエル、オビメル、サーミエル、アケル、アラオベル、バクールを召喚する。
聞き入れたまえ、強き天使たちよ、
なぜならば、我は天地創造の神により、そしてヤオイエッカの体を持つ大天使により、あなたがたを召喚する。
聞き入れたまえ、遣わしたまえ、アソナース、アソナース、アソナースよ、
ガブリエル, 正義の天使よ、出現により我のからだと心を呼び覚まし、混沌と危害から我の物理的な体を守りたまえ。
我にとって大切な人々や場所を害悪と荒廃から守りたまえ。
主が、地球の多くの領域に住まう大天使、天使、セラフ、セラフィム、ケルビム、ウォッチャーを力づけられんことを。
日本と、世界中における大なる、そして小なるすべての生き物のために、地球の変動のバランスをとり、完全なものとする
オビウート、ゲルナビウート、ゲルナビエール、パウィー、フーレート、エスラース、エプソーマ、ナウヤィスース、クリストス、パセィラー、パゥヌータ、カラエス、パソマを導きたまえ。
我が自主独立から覚醒まで自身を優雅に広げ行く時、我は我の思いと行動を導くよう、これらの組み合わさった力を召喚する。
力強き仲間よ、我はあなたたちが共にあることを命じ、我が慰めとなるであろうすべての関係性においてあなたがたの力を放射することを指令する。我が時空を超えて観るように我の直観的なノウイングを開きたまえ。
Seinoy、 Sasanoy、Semienloofよ、我がボディ、マインド、スピリットの明晰性を指令する時、我を通し天使の力を放つことを命ずる。
セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ、我が人生のミッションが展開するとき、我と共に立ちたまえ。
セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ、我が新しい瞬間の一つ一つにおいて、想いを形にし、意図を結果とする時、我と共に働きたまえ。
この召喚は力強く、はっきりとした声で唱えるべきものです。
そのようにして、33日間続けて行えば、個々人が無限の存在との協働を通し、それぞれに与えられたパワーを要求することになります。
これは契約です。契約は単なる好奇心やあいまいな誠実さから結ぶものではありません。
そうではなく、ノウイングを持った意識存在としてあなたの前に行ったすべての存在が持っていた確信と共に、この契約を結びなさい。
これはいろいろなサイトに掲出します。
どうぞ自由に私たちのネットワークの外の方たちにも共有してください。

**********************************************************************************
以上です。

※本文中にある、召喚の名の発音は、音源が手に入ったら、ここでも紹介しますね。ゲリーが録音してくれるらしい。興味ある人はどうぞやってみてください。


※GBJの公式サイトでも紹介されてました。リンクしときますね。
http://www.garybonnell.jp/14252912311494

※この召喚の文章は読みあげる時にはモノトーンボイスと呼ばれる、抑揚のない平坦な声で唱える必要があります。

2013年5月、ゲリーボーネルの個人セッション1

2013年5月のゲリーボーネルの個人セッション、最初の3分の1か4分の1だけ書き起こしました。

http://ameblo.jp/premasaibaba/entry-11791413637.html

2013年のゲリースクールも終了。

2013年最後のゲリースクール終わりました。

今は新幹線待ち。

品川駅ビルのカレー屋で野菜カレー食べました。
(サラダとライタとパコラとチャイつき)

しかし、スクールはお金はかかるけど、
私の日本滞在をすごくサポートしてくれてるなと思います。

じゃなかったら、私の日本滞在はものすごい鬱ウツとしてたと思います。

同じような、習いにきてる人たちのグループに入って、
自分がそのままでいても受容されてる感じの場が日本で存在するのがありがたいです。

サイババ関係のなじみ深い素敵な仲間たちもいますけど、


とにかく、スクールに通って、新しい世界のたくさんの新しい人たちとお互いの深いところで関わるようなワークをともにして、
日本での生活やほぼ一般人な人たちと関わる時のいいリハビリになりました!

長野と子供の夢とゲリースクール

昨晩は神奈川の知人の家に泊めてもらい、今日(12月13日)から3日間はゲリーボーネルのノウイングスクールです。

スクールの前には、ファミリーコンスタレーションとかいうんだったかな?

家族や一族の力学を扱うワークショップにも参加しました。




今は品川のホテルに泊まってます。

実は今朝はゲリーさんがまた夢に出てきて濃かったです。

1ヶ月ぶりのスクールの日だし、つながったのかなと思いましたけど。


なんかわたし夢でものすごい色んなとこにつながりやすい気がします。



長野にいるときは連続で子供の夢を見ました。


最初のは、子供が車に轢かれて、見たらうつぶせになって血を流していたので驚いて、駆け寄っていったら
子供は立ち上がってさっさとその場から離れていきました。

私はその現場の近くにいた女性たちに「後で、その時の状況を聞かせてください」と言って、(女性はニヤニヤしてました)

私はものすごいあわてて、去り行く子供を必死で走って追いかけるんですが、

追いついて、抱きとめて、心配するから気をつけろと子供に言うんですが、

子供は左側頭部が一部はがれてて白い脂肪か骨かがあらわになってる状態で少し嬉しそうにニヤニヤしてました。


その後2度寝したらまた夢を見て、
次のは、子供がおいてた頭を床から上げたらそこにしらみなどの虫がいっぱい落ちてて、

まさか、と思って、

子供の頭を調べると、しらみがうじゃうじゃ生息してて、頭からボロボロこぼれ落ちてました。

子供は「かゆいかゆい」と半泣きで、もう、坊主にする、というのですが、

私は「2回シャンプーしたらみんないなくなるから」と、
とりあえずシャンプーをしっかりするのをすすめました。

そんな夢だった。


こんななんか悲惨な子供の夢を連続で見たので、

子供は私がまたどこかへ行ってしまってもう帰ってこないと思って心配して不安になってるんじゃないかと思って、

長野から八王子に行く電車の乗り継ぎのときに待合室から電話しました。


そして見た夢を話して、
調子はどうかと聞くとさっきまで友達と遊んでたと言うので、

電話したから友達が帰ったのかと思って電話を切ろうとしたら電話の前にもう帰ってたと言うので今日はなにがあったかとか、私の今後の予定とか、そういう話をしました。

表面的には特に変わりはなさそうでしたけど、

実は少し前に実家で、3月くらいに長野に行こうと思うと言って、どう思う?と聞いたら、

「うん、まあ、1ヶ月くらいなら」

とかいう発言だったので、
あ、しまった、と思ったんですけど。


これが、下手にかかわって愛着もたせて寂しがらせたらかわいそう、という状態かなと思って。

いろんな人、直接関係ある人もない人も私に実家から出て行け出て行けと言ってて、

ゲリーさんなど「君は昨日でてるべきだった」などという始末で。
(出ようかどうしようかいまさら逡巡するレベルではないという意味らしいです)


私としても自分のインスピレーション的に3月に長野に行くようにと言われてるので、そのように、具体的な当ても予算もないままに動いてるんですけど、


せめて残されたわずかな一緒にいる時間は子供に注目して、たくさん楽しい気持ちになってもらえるように、子供が色んな経験ができるように、と思って力を注いでて、

そしたら当然といえば当然ですけど、子供は私がいるほうが楽しいと思うようになって。


最近は私がいるのを喜ばしく思ってるのはわかってたけど。


でもたぶんここで子供のために、と、情に流されて自分の動きを止めると結局子供を含め、みんなが苦しむことにつながるんだろうな自分の場合、と、経験的にも思います。

なかなかいろんなことの扱いが難しい!


そして今朝も子供の夢を見て、

今朝のは、

観覧車の片側に子供とわたしの母が一緒に乗ってて、すでに動き出してて上へ上っていこうとしてるんだけど、

私はまだ乗ってなかったので動いている観覧車の窓を開けてそこから入ろうとするんだけど、そっちのサイドは母と子供ですでに満席で私の入る余地がなかった。

なので、別のサイドから入ろうとするんだけど、

そこらへんにぺたぺたと不動産の賃貸アパートの案内とかが貼ってあって、

私はそういうのを目にとめて見てる夢。



長野から八王子に移動してるとき、

どうして私は自分が求めていた家族のあたたかい団欒からわざわざはぐれてるんだろうと、凍える寒さも手伝って思いましたけど、

たぶんそれもある種の自分や子供の運命と思います。


そんな状況なもので、うっかりすると心が蝕まれそうなあやうい気持ちになるんですけど、

ヒューレン博士の「わたしの柱」をもってくると、あやうい揺れが止まって正気になる感じ。


ゲリーボーネルの個人セッション終了

ゲリーの個人セッション終了しました。

3度目の正直で過去生のこととかたくさん教えてもらったり
いろいろえぐられるかと楽しみにしてたんですが、

やっぱし基本私は問題ないしカルマもほとんどないし
何をいうことあるのかな的スタンスだったような、、、

なかなか、私が自分で提供する以上のものが私って、もたらされにくいとこがあるようにおもいますよね。

バラティさんも私が異論を唱えるとすぐに自分の意見変えるし、
そこで発見につながるような意見の違いとかを私は欲しがってるんだけど。

それでも、少し、少〜しでも、自分の意識の範疇の外からみたいな情報がもたらされると嬉しいです。

ゲリーさんは、いつも思うんだけど、

影響を受けるのを避けてるような印象が
少しする。

何か完了してないような感じがあるから、

しつこくまた受けるかも。
対面だったらもっとガンガンズバズバいくかと思ったんですが、
やはりなんか流され感がぬぐえないので、

う〜ん、
もっと自分がどんどんリードしたほうがいいのだろうか。

一応私から話をふるんだけど、
そんなに掘り下げる必要を感じてない方向に意識を集中されるから
説明してるうちに時間がすぎて本題にたどり着かない感じ。

というか、私の状況が複雑すぎて、
扱う要素が多すぎて、
誰も全体像が把握できない。

アカシック第一人者のゲリーでさえぜんぜんついてこれてなかった。

なので、時間内では無理そうなので説明もはしょった。

私もあまりの複雑さに途方にくれていたけど、自分でかなりいろいろなことが整理できてきて、

でも、自分だけで考えるんじゃなくて、

別角度からの確認や承認も必要なので、

その役目をになってくれそうな人は貪欲に利用しようと思います。
多次元的にあらゆるレベルを認識しながら把握してもらえないと、
私の場合、特に物事がまるで理解できない状況のままになっちゃうので。

幅がありすぎる多層すぎるかんじなので、
冗談抜きで
覚醒レベル以上のとこで扱う必要があると思う。

今回もまともに対峙するのを避けて半分流された感があったけど、

それでも幾つかの点において、
確信が持てたり、
そっか〜!
と思える点もあったので、
面白かったです。

そのうちのいっこ、

ゲリー式では、魂意識と肉体意識はそれぞれ転生
して行くので、それぞれに過去生があるとされるんですが、
肉体意識は同じ親族に生まれ変わることが多いとのこと。

で、私は自分の肉体意識の過去生は父の泳ぎが得意だったけど海で溺れてしんだ声楽好きのお兄さんかなあ?
と、なんとなく思ってたんですが

そうじゃなくて、
母のおばあちゃんだか、ひいばあさんだからしく、
それって、
長生きしすぎて、「もうええ」とかいって、自分で食べるのをやめて
断食して死んだので、
めでたいということで村が祭りになったという
そのばあさんですかと聞いたら、
そうらしい。

そのばあさんか!

と思って、愉快な気持ちになりました。

私の魂(トライアード)って。。。

先日のゲリーボーネルのスクールは、わたしはてっきりもう、今年はずっと日本人講師だけだと思ってたんですけど、

ゲリーボーネルまだいたので、あれ?まだいた。とか思って、ちょっと得した気分だった。笑


なかなか興味深々な面白い内容をたくさん扱ってたので、わくわくドキドキしながら聞いてました。


転生に関する一般論的なわたしの質問に絡めて、

もし今君が自分の魂を見たら(魂に会ったら)びっくりするよ的なことをゲリーが言い出して、

この場合の「君」って、肉体意識に軸足を置いてる個人性を持った私ということだと思うんですが、


なんか、私の魂意識は7メートルくらいの大きさらしいです。爆

で、なんか母船みたいで〜とか言い出したので、

かつがれてるのかとおもって、

それ、ホントですか?

と思わず聞き返したんですけど、


やだーおもしろい。

と、思った。



私はてっきり魂って個性がなくてみんな共通のものというイメージがあったんですが、

共通の質を持ってるともいえるし、分化してるともいえるみたいですよね。
創造主?みたいなのから分かれて、それぞれ特質や個性があるみたいで面白いなーと思った。

魂意識っていうのが葛藤のない、ホントの個性なんでしょうね。

今の地球に暮らしてるみたいに、肉体と合わさってるというのが本来ありえない、異常なことなのかも???


いろいろ疑問もあって、


宇宙人由来の魂と地球由来の魂の違いとか。


私の場合はある意味ぽっと出の宇宙人由来みたいなんですけど、イエスキリストなんかは地球生まれの魂なので、(人間の肉体意識が魂意識とのコラボで魂レベルになって、魂の質を獲得してさらに、地上に再生して魂として肉体に宿り、さらにそのコラボした肉体も魂レベルに引き上げた)

だからより、地球のあらゆる要素を知り尽くしてるのでめちゃめちゃパワフルみたいです。

ミドリムシみたいなのからすべてのプロセスを通って進化してきてるだけに、地球の構成要素と完全に一体みたい。


なんか地球生まれとか聞いたら、宇宙生まれのほうがスケールが大きくて高級そうな気もしないでもないんですけど、

いろいろ話を聞いてるうちに、そういうものではなくてたぶん、

上にも?下にも、無限の入れ子状の宇宙があるのかもなという気がしてきました。

少なくともそうやって生まれ続けてる感じがした。

いろいろな長年のなぞが解けてくる感じですごく面白かったです。



わたしは今生で肉体を光にして去るのもいいなとか思ってるんですが、

それってゲリー的分類で行くと少なくとも光明以上の状態になってることになるらしく、

4つの段階があって、自己覚知(これが、一般的にスピ系の世界で覚醒や、悟った状態とされてる場合も多いです)、覚醒(後戻りなし)、光明、解放、となってて、

これらの段階というのはあくまで肉体意識の進化や変容の段階で、

トライアードの魂意識はすでに完成されてて何もやらなくても最初から出来上がってるみたいです。


そういう、肉体意識と魂意識の関連性とかもなるほどという感じで面白い。
もやもやしてたことが「ああ、だからか」と思えるというか。

一般にはスピの世界といえども、肉体意識と魂意識が考える上でごっちゃになってるから整合性がないんですよね。

肉体意識と魂意識それぞれに別々の転生のラインがある(別々の過去生とか)というのもすごく納得がいった。

そういう意味では、今生、この魂とこの肉体の転生ラインが重なるこの生涯は一度きりだそうです。




それとこういう4つの段階って、もしかしたらクリアヨガでいわれてる段階の分類なのかなとふと思ったのですが、

なんか、「ババジと18人のシッダ」の本にそんなの出てきたような気が。

あの本も相当興味深い本でしたが、

ゲリーもおばーちゃんの影響かなんかでクリアヨガやってたんですよねたしか。


スクールでもなんか呼吸法ばっかりです。


わたしはサイババに呼吸のことよく言われてやるように促されてたけど(夢や、実際に現れたときに)ぜんぜん興味なくて5分くらいしか生涯でやってなかったので、

今になってやるかーというかんじです。




ババジ、いっぺん会ってみたいなーとミーハー的に思ってるんですけど、(ババジナガラジ)もしかしていつの間にやらクリアヨガの系統にかすって入ってるんだったら

今生でいつかどこかで会えるかな?

マハークンバでもし会ってたとしてもわたし気づけてないし。




以前、この人生を終了して、肉体を離れるかどうかの選択肢があったときに、離れたら次どういう世界にいくかを見てみたんですけど、

個人性はあるんだけどほかの人たちとの境界がなくて、渾然一体な感じでふよふよ気持ちよさ気にただよってる世界、

なんかきもいし嫌だなと思って行くのやめたんですが、
(よく、もったいないといわれる。。。)

あれって、肉体意識が光明もしくは覚醒を得て物理次元から自由になってエレメンタル化していた状態なんだろうか。


なんか、ほかの人と境界なくくっついてる感じが好みじゃなかったんですよね。


まだ自分にはいろいろクリアーになっていない謎がいくつもあるので、

そういうのが解けていくのが楽しみで面白いです。